お昼寝しない赤ちゃんは寝不足になる?赤ちゃんがお昼寝しない原因

コメントを見る0
2018/02/08

なかなかお昼寝をしない赤ちゃん

赤ちゃんはほどんど眠っていると聞いていたのに、うちの子供は他の子に比べて、お昼寝をしないと感じているママもいますよね。

お昼寝をしないと発育に影響が出るのではという思いや、他の子供のようにお昼寝をしてくれたら、自分の時間ができるのにという気持ちになることもあります。

なぜお昼寝をしないのか?赤ちゃんがお昼寝をしない原因についてお話しします。

睡眠には個人差がある!お昼寝を必要としない赤ちゃんも

○ケ月のお昼寝は何時間くらい、一日〇回と育児書には書いているのに、自分の赤ちゃんは新生児を過ぎたあたりから、時々ウトウトする程度でまとまって寝てくれない。

友達の赤ちゃんは同じ月齢なのに、2~3時間お昼寝をして夜もしっかり寝てくれているのに、うちの子は大丈夫なのかと心配されているママもいます。

  • 育児書に書かれている睡眠時間は目安
  • 睡眠には個人差がある

お昼寝をしなくても機嫌が良ければ、殆どの場合は気にしなくても大丈夫です。

機嫌が良ければ寝不足はなくお昼寝しなくても問題ない

赤ちゃんは大人と違って、眠いのに我慢して起きていることはないので、下記の様な状態であれば、寝不足については特に心配する必要はありません。

  • 朝の目覚めが良い
  • 日中ぐずったりふらついたりしていない
  • 夜の寝つきは良く夜泣きもない
  • 発育に問題もない

育児書や他の子と比べてしまうと、不安になって余計なストレスをためてしまうこともあるので、個性と考えて赤ちゃんに合わせて行動した方が良いです。

一時的にお昼寝しなくなっても、環境が変わったり、動く範囲が増えてくると、お昼寝が必要になる子供もいます。

うちの子も新生児期を過ぎるとお昼寝は10分程度ウトウトするくらいでしたが、2歳あたりから公園で遊ばせるなどすると、午後は2時間くらいお昼寝するようになりました。

但し、活動しっぱなしという状況では、赤ちゃんがイライラし機嫌が悪くなってしまうこともあります。昼寝をしなくても日中布団の上で休む時間は必要です。

機嫌が悪い場合は赤ちゃんがお昼寝をし損ねていることも

一番、困るのは機嫌は悪いし昼寝はしない、夜の寝つきも悪いという状態ですよね。ママも赤ちゃんのお世話でくたくたになってしまいます。

その場合は、疲れているのにお昼寝をし損ねているということも考えられます。

生活リズムの乱れから赤ちゃんが眠れない

幼稚園も保育園にも行っていない赤ちゃんだと、午前中なるべく寝かせておいた方が楽ということもあり、ついつい遅起きになってしまうこともあります。

朝、赤ちゃんが眠ってくれているとママも楽ですが、太陽の光を浴びることで脳が覚醒し、日中活動することで心地よい眠りにつくことが出来ます。

お昼寝をさせたい場合は、午前中の早いうちに赤ちゃんを起こすようにすることが大切です。

  • 朝、太陽の光を部屋に入れて目を覚ましたら「おはよう」と声を掛ける
  • 顔を拭いてあげたり服を着替えさせる
  • リビングに移動する
  • 授乳したり離乳食を食べさせたりする
  • 短い時間でも散歩に出かける
生活リズムを整えることで、赤ちゃんがお昼寝する時間が決まってくることもあります。発育に問題がなく機嫌が良ければ、お昼寝の長さは問題ありません。

▼赤ちゃんのお昼寝時間や期間についてはコチラも参考にしてみて!

眠たいのに上手く眠れない赤ちゃんもいる

眠たいのに上手く眠れない赤ちゃんもいます。

  • 周りの音が気になっている
  • 眠い時間にお出かけをしていて眠り損ねる
  • お腹が空いていて眠れない
  • オムツが濡れていて眠れない
  • 体調が悪い
寝グズリがひどい場合は、体調が悪くて寝付かれなことも考えられます。発熱や咳、鼻詰まりなど異変はないか確認しましょう。

赤ちゃんの眠いしぐさを見逃さずお昼寝をさせる

赤ちゃんの不快感を取り除いた後、あくびをしたり、目をこすったり、眠そうなしぐさをしていたらお昼寝をさせてあげましょう。

  • ママも一緒に眠る
  • 抱っこ、またはゆりかごを利用する
  • トントンとやさしくお腹にふれる

赤ちゃんの入眠にも個性があるため、ママの負担の少ないやり方で赤ちゃんを寝かせてあげて下さいね。

ママが寝かせようと躍起になっていると、イライラが伝わって逆に寝ないこともあります。一緒に少し眠る気持ちでいると安心して眠ってくれることもあります。

▼赤ちゃんのお昼寝グッズについてはコチラも参考にしてみて!

赤ちゃんの個性を知り、上手に睡眠に導こう

お昼寝しない・短い赤ちゃんで悩んでいるママは意外と多いです。

機嫌も発育も良い
  • あまり疲れていない
  • 個性…睡眠が短くても大丈夫な赤ちゃん
機嫌が悪い場合は眠たいことも
  • お昼寝が必要だけど寝損ねている
  • 体調が悪い

日中眠いのに眠れず機嫌が悪くなる赤ちゃんは、お昼寝が必要と考えられるので、眠れる環境を整えてあげることが大切です。

習慣づけによって思うように眠ってくれるようになることもありますが、どんなにがんばっても眠ってくれないこともあります。

いろいろ対策しても眠ってくれない場合、特に赤ちゃんの様子に異変がなければ、個性と割り切ってつきあったほうがママも楽になります。

寝てくれないと大変な部分もありますが、他の赤ちゃんや育児書と比べて不安になる必要はありません。

長く感じても赤ちゃんの時期はあっという間に過ぎてしまいます。元気に成長していく子供の姿に目を向けて、赤ちゃんの時期を楽しんでくださいね。
みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ