女の子のベビーフォーマルはこだわって選ぼう!可愛い思い出作り

コメントを見る0
2018/02/18

女の子の赤ちゃんがベビーフォーマルを身に着けている様子

小さな女の子がフワフワのドレスや可愛らしいワンピースを着ているととってもキュート!ですよね。

「うちの子にも小さいお姫様みたいにドレスを着せてあげたい!」と思っているママも多いでしょう。

女の子ベビーのおめかしはこの時期の特権です。大人になってからのおしゃれとは違う可愛らしさがそこにはあります。

そんな特権を駆使できるのがベビーフォーマルを着るイベント事。この日はここぞとばかりに素敵に着飾っている女の子をよく見かけます。

幼い時だけのとびきりキュートな思い出を作るために、女の子のベビーフォーマルの選び方を紹介します。

おめかし姿でもベビーが快適に過ごせますように!3つのポイント

お宮参りに初節句、きょうだいの七五三や発表会、入園、入学、そして結婚式のお呼ばれなど、赤ちゃんでも何かとフォーマル服を着る機会は多いもの。

男の子はかっちりカッコよくスーツやタキシード風のスタイルできめることがほとんど。それに対し女の子のベビーフォーマルはワンピースやドレスを着用します。

あまりにも奇抜だったり、場にそぐわないものでなければデザインに大きな制約はありません。好きなファッションを楽しんでOKです。

結婚式では避けるべき白色の洋服も、ベビーの場合はそれほど気にしなくて良いとされています。

ただしベビーフォーマルを選ぶ際は大人のフォーマルにはない注意点があります。デリケートな赤ちゃんが長いイベントの間を快適に過ごすためのポイントです。

  • 赤ちゃんの負担になる装飾はないか
  • 通気性の良い素材が使われているか
  • オムツ交換やトイレに行きやすいか

ひとつずつ見ていきましょう。

赤ちゃんの負担になる装飾はないか

さまざまなデザインがある女の子のベビーフォーマル。可愛らしく着飾りたい気持ちは分かるのですが、中には赤ちゃんの負担になるような装飾が施されているものも。

以下のようなことが考えられるので注意してみましょう。

  • 顔の周辺にかかるようなフリルやレースはないか
  • ヘッドアクセサリーが重すぎたり、取れやすくないか
  • 赤ちゃんが触りやすいところに気になる装飾がないか
  • ドレスにボリュームがありすぎないか

顔にかかる飾りは肌への刺激になり、赤ちゃんのストレスになります。かゆみや発疹の原因になることも。

また女の子はカチュームやリボン、飾られたヘアピンなどを付けることも多いですよね。しかし中にはデザイン優先で赤ちゃんの頭には重かったり、薄く柔らかい髪の毛を引っ張ってしまうようなものもあります。

手の届く場所に飾りがあると引きちぎってしまうこともありますし、フワフワボリューミーなドレスは可愛いですが椅子に座りにくかったり歩きづらかったりします。

デザインだけでなく機能性も兼ね備えているかどうかを気にしながら洋服を選ぶことが大切です。

通気性の良い素材が使われているか

赤ちゃんのお肌の負担になりにくい素材と言えば綿です。フォーマルウェアと言っても、ベビー用は綿素材が使われているものがおすすめです。

飾りや表面の部分は仕方ないですが、直接お肌に触れるところは通気性の良い素材かどうかを確認しましょう。

また歩けるようになる前の赤ちゃんにはベビードレス、もしくはロンパースやカバーオールに装飾をしたベビー用フォーマルが便利です。

素材や作りも赤ちゃんのことを意識して作られていますし、着心地も普段着ているものと同じ。お昼寝しても邪魔な飾りはなく、ストレスになりません。でもちゃんとフリルやリボン使いのキュートなものが売っています。

オムツ交換やトイレに行きやすいか

フォーマルなイベントの最中でも必ずすることになるオムツ替え、またはトイレ。股下が開く作りになっているものや、着脱のしやすい洋服かどうかを必ず確認しましょう。

特に女の子のフォーマルはトイレに行った時にスカートが邪魔になったり、汚してしまいやすい特徴があります。また長いリボンなどの飾りが便器の中に入ってしまって大失敗!なんていうことも。

イベントの日はいつもと違って精神的にも疲れやすい日。せめてオムツ交換やトイレはスムーズに終えられると嬉しいですね。

どちらのベビーフォーマルが好み?ゴージャス系orシンプル系

女の子のベビーフォーマルのタイプは大きく二つに分けられます。お姫様のように華やかに着飾るタイプと、清楚ですっきりしているタイプ。それぞれの特徴を見ていきましょう。

お姫様になりたい!という願いをかなえましょう。ゴージャス系

「お姫様になりたい!」という子どもの希望や、「小さいお姫様にしてあげたい!」という大人の望みを叶えるゴージャス系。フリルやレース、リボンを効果的に使ってその名の通り華やかに仕上げたドレスを着ます。

オーガンジーを使ってスカートにボリュームを持たせたり、スパンコールやビジューでキラキラのアクセサリーを付けているような装飾が施されていたり。完成度の高いドレスがたくさんあり、まるで本物のお姫様みたいです。

すぐに大きくなるからと大きめの洋服を購入しがちの赤ちゃんですが、ゴージャスなドレスに関しては特に丁度良いサイズを選ぶことが大切です。

ブカブカしているとドレスに着られているような姿になり美しく見えないばかりか、装飾の重みで脱げやすくなることもあるので気を付けましょう。

ゴージャス系のドレスを着る時は、それに合わせてヘアアクセサリーも付けましょう。バランスが取れ、華やかさが断然アップします。

ドレスと素材を合わせたモチーフが付いているカチュームや、クリップやピンで留めるタイプのコサージュなどがおすすめです。

ゴージャス系を着るのがおすすめのイベント

  • 結婚式への出席
  • 本人が主役の誕生日
  • 七五三の写真撮影(洋装の場合)

シンプル系は清楚で品のある少女を演出

シンプル系のワンピースは落ち着きがあり、清潔感や知的さを感じさせることのできるスタイルです。

大人っぽい印象ですが、逆にベビーが着ているとギャップが可愛らしいという声が高いです。

ボリュームの少ない装飾を選んであるので赤ちゃんが動きやすく、また他のアイテムとも合わせやすいという利点があります。

さらに主張し過ぎないので、普段のお出かけできちんとしたい時なども活用しやすいでしょう。

シンプルとは言っても光沢のある素材やリボンが使われたり、異素材の組み合わせ方や布の色などが工夫されており、フォーマルとしての華やかさは十分にあります。

また、もう少しだけ着飾りたいな…という時に便利に使える「ボレロ」を合わせることもおすすめ。

ボレロはワンピースなどの上に羽織る丈の短い上着です。フォーマル用のボレロはフェイクファーやベルベット、レースなどを使った美しく見栄えのするものがあります。

季節に合わせて夏は半袖のレース素材、冬はモコモコした暖かい作りのものなど使い分けることもできます。

ワンピースの上に羽織ると簡単に雰囲気を変えることができますし、肌寒い時の防寒としても使えます。

シンプル系を着るのがおすすめのイベント

  • 兄弟の入園、入学式や発表会
  • 七五三のお参り(洋装の場合)
  • 結婚式への出席
  • 誕生会への出席

コーディネートがワンランクアップするおすすめ小物3つ

必須アイテムではなくても、コーディネートに取り入れるとフォーマルスタイルが更にセンスアップするおすすめのアイテムを紹介します。

チラリと見えるお尻がキュート!オーバーパンツ

赤ちゃんがハイハイやヨチヨチ歩きをしていると、オムツが見えてしまうことってありますよね。特にフォーマルを着ている時はスカートなので余計に見えやすいのです。

タイツやレギンスを履くような季節なら大丈夫ですが、素足に靴下を履いていることもあります。

せっかく可愛いドレスやワンピースを着ていても、オムツで雰囲気が…という時に使えるのがオーバーパンツです。

オーバーパンツはオムツを上からカバーするように履きます。レースやフリルで飾られていたり、色や柄も豊富。チラリと見える赤ちゃんのお尻がとってもキュートに変身しますよ。

チュールスカートがあれば寝ている赤ちゃんも一瞬で華やかに!

チュールスカートはウエストがゴムでできているスカートです。透け感のある薄い素材が幾重にも重ねられ、ボリューミーに作られています。

ちょうどバレリーナが身につけているチュチュのようなイメージです。

着るのにおすすめなのは、ロンパースやカバーオール型のフォーマルウェアを着ている赤ちゃんです。服の上からサッとチュールスカートを重ねてあげるだけでドレッシーな雰囲気に早変わり。

ゴムのスカートなので着脱も簡単。オムツ替えの時も一瞬で脱ぐことができますよ。

フォーマル用スタイなら正装の雰囲気を壊さない

せっかくドレスを可愛くコーディネートしていても、普段使いのスタイをつけてしまっては魅力が半減!

よだれが多くてスタイが必需品の赤ちゃんなら、ぜひフォーマル用を準備しましょう。

フォーマル用スタイなら正装の印象を崩さないばかりか、より可愛らしい印象を残すこともできます。レースやリボンがあしらわれていたり、ワンピースの襟のような形をしているものなどさまざま。

服装に合うフォーマルスタイをゲットしておしゃれに変身しましょう。

ベビーフォーマルを着る行事は可愛らしい思い出を残すチャンス!

赤ちゃん自身が主役の行事はもちろん、きょうだいなど他の人が主役でも、イベントでは写真が残ります。時には動画を残すこともあるでしょう。

結婚式や七五三ではプロのカメラマンが撮影したりもします。可愛らしいドレス姿の思い出を残す絶好のチャンスという訳です。

後々写真や動画を眺めて幸せな気持ちになれるように、素敵なフォーマル服を選んでイベントを楽しみましょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ