妊婦の便秘対策にプルーン。妊娠中に安心して食物繊維・鉄分補給!

コメントを見る0
2018/05/10

妊娠していなくても、いつも便秘薬を頼りにしていたら良くない、と思う気持ちはよくわかります。

実は私も子供の頃から便秘とは切っても切れない関係で、昔は週に一度や二度、一番出なくて10日間ということもありました。

大人になってからはもう少しましになってきましたが、それでも妊娠中は特に意識して便秘対策をしていたことを思い出します。

大人になってからはドラッグストアで売られている便秘薬から、妊娠中に処方してもらった便秘薬、インターネットなどで手に入る便秘対策のお茶などを試しましたが、最近は「プルーンとカフェインレスのコーヒー」を実践して満足しています。

特にプルーンは妊娠中でも気にしないで食べられるので、私としてはかなりお勧めです。

プルーンは妊娠中でも安心!手軽に便秘解消を試みよう

ではプルーンの魅力はなんでしょうか。私がプルーンを知って「これはいい」と思った点は2つです。

食物繊維が豊富

よく「便秘にはさつまいもがいい」とか「ゴボウなどの根菜類がお勧め」と言われますが、そういったものを気にしていても、正直便秘体質を改善するまでいきませんでした。

料理にしてもそうたくさんの量を食べることが出来ないため、便秘改善にならなかったのかもしれません。

でもプルーンならば、プルーンだけ欲しい量を口にすることが出来ます。

私は市販されている商品をそのまま朝食時に食べていますが、甘さがあるのでおやつの代用としても美味しくいただけます。

食べる量を自分でチョイスできる!

プルーンの魅力の中には、自分で食べる量を調整することが出来るという点もあります。

袋詰めにされた商品を手にしたら、どのくらい毎日食べるかを自分で決めることが出来ますよ。

「このくらい食べたらお腹がゆるくなる」「これだと全然便通に影響が出ない」ということを、あくまで自分の体で試しながら口にするようになります。

指定された量を食べてゆるくなるから嫌だという方にも、自分で調整出来るのならば試しやすくなりますよね。

排便を促す作用がありそう!我が子の話

ちょっとしたスーパーならばドライフルーツ売り場にプルーンが並んでいます。こういった手に入りやすい点もメリットのひとつではないでしょうか。

そして1袋の値段もそう高くありません。

我が家は私と同じく便秘まっただ中の一番上の子と、食べたいと言い出した真ん中の子と私で味わって食べていますが、5日程度で1袋消費となります。私自身は正直便秘を改善したとは実感出来ないのですが、上の子は効果が出始めていると思います。

具体的にはトイレに籠る時間が短縮されたことです。今までより早くトイレから出ていますので、排便を促すお手伝いをしてくれているのかもしれませんね。

鉄分まで補えるのはホント?

※clickで拡大
名称未設定-8

何より妊婦さんにとっては薬に頼らずに安心して口に出来るもの、というのは魅力だと思います。

しかもプルーンは鉄分も含まれているので、貧血気味の妊婦さんにとっては多少鉄分の効果を感じられるというので一石二鳥でしょう。

ただし量はそう多くないので、プルーンだけで補おうと思わないようにして下さい。

プルーンはあくまでも食品です。食品はサプリや薬と違い、栄養分がぐっと凝縮しているのとは異なりますので、きちんとバランス良く食事を摂ることにプラスしてという考えが大切になります。

6.パインアップル・いちご・りんご・牛乳・ヨーグルト・プルーン・梅干など有機酸を多く含む食品を積極的に摂りましょう。

おすすめ!プルーンまるごともっちりパン

バターや油脂を使わず、便秘に効果があるとされるプルーンを代わりに使用します。プルーンピューレを作る手間も省きました。

手間がかかる一次発酵まではホームベーカリーを使用してください。

材料を準備し、発酵が終わったらあとは楽しく形成してオーブンで焼き上げるだけで、とても簡単に美味しい焼きたてパンが味わえます。

「プルーンまるごと!もっちりパン」

  • 強力粉…300g
  • 水…180cc
  • きび砂糖…6g
  • 塩…3g
  • 種なしプルーン…90gぐらい
  • ドライイースト…6g

 

  1. 上記の材料を、お手持ちのホームベーカリーの説明書に従ってパンケースに投入し、一次発酵まで終わらせます。
  2. できあがったら、お好きな形に形成をし、190度に予熱したオーブンで12分焼きます。

見た目は全粒粉パンのように茶色く、プルーンの果肉が見え隠れしています。

もっちりとしていてそのままでももちろん美味しいですが、とろけるチーズをのせてトースターで焼くと絶品!カルシウムも一緒に摂れます。

チーズの塩分を気にされる場合は、一緒にグレープフルーツジュースを飲むのがおすすめです。塩分を排出する働きがありますし、便秘解消の効果も期待できます。

その際に注意したいのが、表記の違いです。同じ100%でも、「濃縮還元」は加糖しておりますので、「ストレート果汁」100%の物を選ぶようにしましょう。

産後にもプルーンを。便秘だけでなく美容効果も期待!

アンチエイジングにとってもプルーンは有効だと言われています。

日々老化してしまうのは仕方のないことですが、少しでも元気で健康でいられるようにするためには、抗酸化対策は必要です。

食べ過ぎに気をつけながら、ご自分の適量を見つけたプルーンライフを目指しましょう。産後も安心して続けられるプルーンですので、健康のため、便秘のためにプルーンを食べてみるのはいかがでしょうか。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ