出産・産後

命を胎内で育て、生み出す「出産」。出産は、女性にしか経験できないとても神秘的な大事業です。

だからこそ、不安や疑問はつきものですよね。妊娠中どんな生活をすれば安産できるのかな?陣痛って痛いのかしら、という悩みを抱えるママはたくさんいます。

出産は、1日で乗り越えられるものではありません。ママはお産の前後1週間近く身動きが取れない状態になりますし、その後も産じょく期に入ります。

パパをはじめ、家族や産院・行政・サービスなど、さまざまなサポートがあってこそ、乗り越えられることもたくさんあるのです。

特に2番目・3番目の子の出産の場合は、上の子のお世話という問題もありますよね。出産は、心と体・環境の準備をしっかり整えてから迎えたいものです。

というと「大丈夫かしら、乗り越えられるかな?」と不安に思うかもしれません。大丈夫です。そんなお悩みのアドバイスになる記事を特集しました。

経験者の体験談をはじめ、疑問・不安に答えてくれる、役立つ記事をピックアップしました。出産に悩んだ時、チェックしてみてくださいね。

妊娠前のブラはバストラインをキレイに見せることが主な目的でした。 ですが、出産後、授乳するようになると授乳しやすくて、大きくなった胸をしっかりホールドしてくれる頼もしいブラが必要になります。 一口に授乳ブラといっても種類もデザインもたくさんあるので、初め...

続きを読む

気持ちの落ち込み、やる気の減退、睡眠障害などはうつ病の代表的な症状ですが、産後のママがこのような状態に陥ることを産後うつと言います。 産後うつは医学的にうつ病の1カテゴリーと考えられています。どうして出産の後女性はうつ状態になってしまうのでしょうか。 赤...

続きを読む

赤ちゃんの名づけに、個性的な名前をつけるのも相変わらず話題になっていますが、近年では和風の名前をつけるのが人気上昇中だとか。 日本人らしく風格を備えた柔らかい雰囲気の和風な名前は、響きも良くどこか落ち着いたイメージに。 そんな、親から子供へ贈る名前は「元...

続きを読む

掃除、洗濯、料理に買い物、上の子のお世話などママの仕事は休む暇もなく大忙し!そんなママの強い味方なのが自転車。 幼稚園や保育園の送迎、買い物にと大活躍ですが産後すぐに乗るには心配なことがたくさんあります。妊娠・出産を終えたばかりのママの体は思った以上にダメージ...

続きを読む

子供の名前をつける時、夏や春の季節だと結構思いつきやすいけど、冬って意外と難しいと思いませんか? 春や夏、秋の方が植物や果物も沢山実るし、美しい花々が咲き誇るイメージです。冬は厳しい寒さから植物は枯れ果て、果物も既に収穫が終わっている時期。 でも、もっと...

続きを読む

授乳中の風邪は体力も削がれるうえ、赤ちゃんに風邪が移らないか心配ですよね。早く治したいけれど、むやみに薬に頼れないというのも辛いところです。 そんな時、身近にある食材などで、症状を和らげてみてはいかがでしょう? 薬を飲むのは最終手段として、赤ちゃんにも優...

続きを読む

産後の尾てい骨痛を知っていますか?痛くて立てない、トイレに時間がかかる、眠れない…など。 出産時は、尾てい骨や股関節、恥骨にかけて強い圧迫があり、過度の負担がかかってしまいます。最大に開いた骨盤は時間をかけてゆっくり徐々に元の位置に戻っていきます。 しか...

続きを読む

産後に足がパンパンに腫れてびっくりした経験はありませんか? 妊娠中は赤ちゃんが成長するためにママの血液量が増え、出産すると多くの水分が体外へ流れていきます。 そのため、身体が水分を溜めこもうとバランスが崩れてしまい「むくみ」を起こしやすくなります。出産を...

続きを読む

陣痛の間隔が狭くなってくると強いいきみを感じ、自然にいきみたくなります。しかし、子宮口が全開大になる前にいきんでしまうと、赤ちゃんや母体に影響があるためいきみ逃しをして回避します。 初めての出産だと、いきみ逃しの方法やいきみ方が分かりにくいですよね。妊娠中から...

続きを読む

出産後、大きくなった子宮が元の形に戻るため「子宮収縮」が起こりまります。この子宮収縮によって生理痛のような痛みを感じることがありますが、産後2~3日で治まっていきます。 しかし、痛みの程度は初産婦さんより経産婦さんのほうが強い傾向があり、長引く場合は違う病気が...

続きを読む