出産・産後

命を胎内で育て、生み出す「出産」。出産は、女性にしか経験できないとても神秘的な大事業です。

だからこそ、不安や疑問はつきものですよね。妊娠中どんな生活をすれば安産できるのかな?陣痛って痛いのかしら、という悩みを抱えるママはたくさんいます。

出産は、1日で乗り越えられるものではありません。ママはお産の前後1週間近く身動きが取れない状態になりますし、その後も産じょく期に入ります。

パパをはじめ、家族や産院・行政・サービスなど、さまざまなサポートがあってこそ、乗り越えられることもたくさんあるのです。

特に2番目・3番目の子の出産の場合は、上の子のお世話という問題もありますよね。出産は、心と体・環境の準備をしっかり整えてから迎えたいものです。

というと「大丈夫かしら、乗り越えられるかな?」と不安に思うかもしれません。大丈夫です。そんなお悩みのアドバイスになる記事を特集しました。

経験者の体験談をはじめ、疑問・不安に答えてくれる、役立つ記事をピックアップしました。出産に悩んだ時、チェックしてみてくださいね。

赤ちゃんが産まれてから7日目に行う「お七夜」。 なんとなく知っているけれど、どんな行事かはっきりとはわからないという人もいるのでは? お宮参りなんかに比べるとちょっと地味な行事ですが、赤ちゃんにとって初めての行事「お七夜」について、少し知っておきましょう...

続きを読む

出産に対して周囲は「若いから大丈夫よ。」「何の心配もない。」と口をそろえて言いました。母親学級でも特に何の注意もされていなかった…と思います。 そんな反応に流されるように抱くのは、「出産って、簡単なものなんだ。」という冷めた感情でした。 切迫流産を医師か...

続きを読む

女性に人気のダイエット方法として、酵素ドリンクを使ったダイエットが話題となっています。 「飲むだけで痩せられる!」「食事と置き換えることで効果が出る!」などなど、様々な謳い文句がありますが、本当に飲むだけで痩せられるのか疑問に思う方もいるでしょう。 また...

続きを読む

一人でも名前を考えるのは大変なのに、双子でしかも男の子x女の子の組み合わせだととっても難しいですよね。 そんなときは、男女ともに使われる漢字で繋がりを意識したり、同じ音を使うなどして赤ちゃんたちの名前を考えてみましょう! 素敵な名前がプレゼントできるよう...

続きを読む

双子で男の子x男の子の組み合わせの場合、どのような名前が候補にあがっていますか。パパとママは一生懸命、名づけの本とにらめっこしているかもしれません。 かっこいい名前、一生大事にできる名前を考えてあげたいですね。ただ、二人分考えなければいけないところが双子の大変...

続きを読む

母子手帳が2冊なら、出生届も2枚。双子の名づけは考えるのが2倍になって大変ですね。女の子x女の子の双子の場合、どんな名前の候補があがっているでしょうか。 せっかくですから大切な双子の赤ちゃんたちに、つながりのある可愛らしい名前をつけたいと思っているパパママもい...

続きを読む

座産とは、文字通り座ってお産に臨む出産方法です。かつては日本でも出産時の姿勢として一般的なものでした。 昔の座産は床に腰掛けて、天井からつるした布などにつかまって、産婆さんの介助を受けながらいきむ。これが普通でした。 その後欧米からの医療知識が広まるにつ...

続きを読む

リーブ法という出産の方法を聞いたことはありますか? これは、日本で開発された陣痛緩和方法の事です。気功式出産とも呼ばれます。 出産するに当たって、母体の負担になる陣痛の苦しみを和らげること目的としています。その要なのが「気功呼吸法」。 この出産...

続きを読む

『フリースタイル分娩』は、ママが出産の主役になるものでアクティブバースとも呼ばれています。 アクティブバースでは分娩台に仰向けで寝て出産するのではなく、妊婦さんが好きな姿勢で赤ちゃんを産むことが出来ます。 分娩台に寝ていてもいいのですが、楽な姿勢を探すた...

続きを読む

水中出産は、文字通り水の中で赤ちゃんを産むという出産方法です。日本ではモデルや芸能人の方が実践されて、注目されるようになりましたが国内での認知度はまだまだ。 それに比べるとフランスやイギリスなど、ヨーロッパでは人気のあるお産の仕方です。 水中出産とは具体...

続きを読む