赤ちゃんの誕生を心待ちにする一方で、産婦さんを不安にさせるもの…それは、出産の痛みです。 「鼻からスイカ」に代表される、出産の痛みの例え。小さな穴に大きなものを無理やり通す、そのイメージはできても、そこに一体どんな痛みが伴うのか、具体的には想像できませんよね。 ...

続きを読む

携帯アプリには食事管理から運動、体重管理などダイエットに役立つアプリがいっぱいあります。 無料アプリで管理をしながら記録を残すことで楽しくダイエットができ、モチベーションも上がりやすくなります。 アプリを上手に使いながら、産後ダイエットを楽しく進めていき...

続きを読む

産後は赤ちゃんのお世話に時間を取られたり、ママの体が回復していなかったりして家事をこなすのが大変ですね。 中でも『買い物』が悩みの種ではないでしょうか。消耗品や生鮮食品は定期的に買いに行かなくてはいけませんが、生まれて間もない赤ちゃんと一緒では大変。 出...

続きを読む

日本のお産は安全と言われ、特に母体が命の危険に陥る確率はきわめて低いです。それでも出産の時に予期せぬトラブルは起こります。 お産に時間が掛かりすぎたり、トラブルが発生した難産の場合は、医師の介入による処置も必要となります。 出産には赤ちゃんの誕生...

続きを読む

オリンピック女子柔道金メダリストの谷亮子さんは、初産で分娩室に入ってから約1時間での安産だったそうです。 やはり、アスリートや普段からしっかり運動している人は、分娩時間も短く安産になりやすいのでしょうか? お産が長引きすぎても、短すぎても...

続きを読む

日本人は、他の人種と比べて多胎妊娠が少なく、双子が生まれる確率は1%程と言われています。それでも最近は、不妊治療の影響などで、双子が生まれる確率が年々増えています。 双子の妊娠出産は、母子ともにリスクも大きいので、帝王切開を選択する病院も多いですが、条件を...

続きを読む

お腹の赤ちゃんが大きくなってくると「どんな名前がいいと思う?」なんて夫婦で話し合う機会も増えてくると思います。 名前は一生使うものであり、パパとママからの産まれて初めてのプレゼントです。 その子を表す一つの要素として、産まれる季節にちなんだ名前を...

続きを読む

出産祝いを贈る時、のしについて迷うことはないですか? 水引はどれを選ぶ?表書きは何?連名で贈りたいけどどうやって書く?などさまざまな点で迷ってしまうことがありますよね。 今回は、出産祝いを贈る際ののしや水引の選び方から、表書きの書き方をレクチャーします!...

続きを読む

約30年ほど前から広まりだした立ち会い出産。今では約半数の夫婦が実際に立ち会いによって我が子の誕生に臨んでいます。 本来であれば夫婦の絆を深める立ち会い出産ですが、実はこの機会をきっかけに夫婦仲が険悪になったり離婚に至るケースは珍しくありません。 なぜ立...

続きを読む

赤ちゃんが生まれて慌ただしい生活の中、頻繁な授乳や慣れないお世話でママはくたくた。 この時期、ほんの少しでいいから横になって眠りたい…という気持ちとは裏腹に、なぜか目が冴えて眠れなくなってしまうママがいます。 睡眠不足が積み重なるとイライラしたり神経過敏...

続きを読む