男の子に贈りたい出産祝い。ママも喜ぶお勧めのプレゼント

コメントを見る0
2018/02/15

男の子用の出産祝いのおすすめ品

男の子の出産祝。せっかく贈るなら喜ばれるプレゼントを贈りたいですよね。男の子ママにはどのようなものが喜ばれるのでしょうか。

男の子向けの出産祝いに悩む方は、意外と多いよう。でも大丈夫!今どき色んなボーイズ向けの、素敵な商品があります。

贈り物に迷った時の参考に!実際にもらって嬉しかった出産祝いをリサーチしてみました。先輩ママたちの声から選んだ、男の子ママに喜ばれそうな贈り物を紹介します。

MARLMARLのネクタイ付きスタイや重ね着風エプロン

スタイは、手ごろで人気のある贈り物です。

デザイン性のあるスタイであれば、汚れを防ぐだけでなく、つけるだけで持っているベビー服がオシャレに見えるのでとっても役に立ちます。

今時のスタイは、男の子用だっておしゃれなデザインがたくさん!実用性とデザイン性を兼ね備えたスタイを選ぶと、更に喜ばれるでしょう。

「MARLMARL」のスタイは、可愛くてカッコイイ!お洒落なデザインが注目されています。

少し大きくなってきたら、子供と一緒にお出かけをするのが楽しみになりそうなデザインや「早く使ってみたい!」と思うような個性的でおしゃれなスタイエプロンなども揃っています。

中でも蝶ネクタイ付きのスタイや、お食事の時に使える重ね着風エプロンは、お洒落で男の子ならではのデザイン。もらったママもきっと喜んでくれるでしょう。

男の子ママに喜ばれるブランドの定番。ラルフローレン

ラルフローレンのベビー服は、男の子のママに人気のブランド。

ラルフローレンの質の良い生地は何度洗っても伸びにくく、長く使えるのもママにとっては嬉しいポイントです。

誰もが知っているブランドで、品がありオシャレ。シンプルなデザインも使いやすく、外出着にはぴったりです。

多くのママが愛用しており、もらって嬉しいブランドの一つです。

喜ばれるベビー服は、80㎝以上のサイズがおすすめ

ベビー服をプレゼントする場合、サイズや季節を考慮して選ぶ事が大切です。

新生児の服のサイズは50㎝~60㎝ですが、このサイズはすぐに使えなくなってしまいますので、生後半年から一歳半くらいまで着られる、80㎝以上をプレゼントすると良いでしょう。

「生まれてすぐは、ほとんど外出はしません。なのでお出かけを楽しめる、半年頃から着られるベビー服が嬉しいです。」というママたちの声もあります。

スタイや靴下などの小物なども販売しているので、予算に合わせてお出かけ用の服をコーディネートして、プレゼントをしても喜ばれるでしょう。

長く使えて便利!お出かけ用「こまもりリュック」

お出かけをするのが楽しみになる、リュックもおススメです。生後半年~5歳くらいまで使用できる小さなリュック。

歩くようになれば、自分で背負う事もできます。外出をする時には自分のオムツをリュックに入れて、ママと手をつないでお出かけをするのが楽しみになりそうなプレゼントですね。

1歳のお誕生日のお祝いの儀式には、一升のおもちをリュックに入れて背負う事ができるのもおススメの理由です。

名入れをして、世界に一つだけの贈り物にできる

「こまもりリュック」は、オーダーで赤ちゃんの名前プレートを付ける事ができるので、ギフトとしても喜ばれます。

名入れも、防犯を考えて透明プレートにレーザーで刻印してくれるので、見知らぬ人に外出先で名前を知られにくいという安心感があります。

リュックは、生まれたばかりの赤ちゃんにとってまだは早い贈り物ですが、「こまもりリュック」のようなシンプルで飽きこないデザインであれば、少し大きくなってからでも長く使う事ができます。

1つあると便利!そんな声が聞こえてきそうなプレゼントです。

赤ちゃんが安心して眠ってしまう!?「スランバーベアー」

一見ただのくまのぬいぐるみに見えますが、「スランバーベアー」は、赤ちゃんが子宮の中にいた時に聴いていた音をながしてくれるぬいぐるみです。

赤ちゃんがむずがり泣きをしてしまった時に、この音を聴くと安心して眠ってくれるそうです。

よく泣く赤ちゃんの場合、ママが寝不足になってしまったり、疲れ切ってしまう事も。個人差はありますが「スランバーベアー」は、そんなママの強い味方になってくれそうなアイテムです。

私が赤ちゃんを産んで間もない頃は、抱っこをやめるとすぐに泣かれてしまい、家事をするのが大変な時期がありました。

今更ながら、「もしも「スランバーベアー」をもっていたら随分楽だったのかもしれない…。」と思ってしまいます。

1つあると、お役立ちアイテムになりそうな一品。出産直後のママの場合、持っていない方も多いのではないでしょうか。

「スランバーベアー」は、実用的でかわいく、見た目にも癒されそうなユニークな贈り物です。

米国でベストベビートイにも選ばれた「キリンのソフィー」

フランスで生まれた、キリン型おもちゃのソフィー。フランス人は、ソフィーと育つと言われているほど、長年にわたって世界中で愛され続けているキリンの人形です。

天然素材なので、赤ちゃんがお口に入れても安心!歯が生えてくるころには、歯がためとしても使用することができます。

サイズや触り心地にも工夫があり、押すと音が鳴ったりと、赤ちゃんの5感を刺激する秘密が色々と隠されています。

そのため赤ちゃんがとっても気にいる事が多いとか。アメリカだけでなく、世界中で様々な賞を受賞している人形です。

人形一体一体の表情が微妙に違う手作り感。世界に一つだけのソフィーを赤ちゃんにプレゼントするのも素敵ですね。

1枚あると便利!赤ちゃん用バスローブ

赤ちゃんの入浴は、ママにとって大忙しの時間です。

まだ首が座っていない赤ちゃんと一緒にお風呂に入るようになると、ママが一人で赤ちゃんを洗って、体を拭いてお着替えをさせるところまでやる事もあります。 

季節が冬になると、赤ちゃんに風邪をひかせないためにお風呂からでてすぐに体を拭いて、洋服を着せてあげなくてはなりません。

そんな時に赤ちゃん用のバスローブがあれば、とっても便利!

赤ちゃんをお風呂から出したら、とりあえずバスローブを着せることで、体温が下がる事を防ぐことができるからです。

ママ用もセットで贈ると更に便利

ママ用のバスローブがあれば、ママはお風呂から出てすぐに羽織る事ができるので、とても便利です。

赤ちゃんは、お風呂から出たら体を拭いて着替えるだけでなく、お耳の掃除やおむつを付けたり、授乳をしたりと手間がかかります

その間ママの体が濡れていては、風邪をひいてしまいます。

もしもバスローブがあれば、お着換えの時間を短縮でき、赤ちゃんのお世話をすぐにする事ができるので、とても助かります。

バスローブは、ママにとってあったらいいな!と思うギフトの一つです。ママと赤ちゃんでお揃い!というのも、気の利いたおしゃれな贈り物になりそうですね。

ワンランク上の離乳食用食器。ルクルーゼベビー

赤ちゃんの離乳食が始まってから使えるベビー食器も、贈り物として喜ばれます。ただ食器類は特に好みがあるので、ママが好みそうなものを選ぶと良いでしょう。

ルクルーゼベビーは、女性の間で人気の調理器ブランドのルクルーゼがベビー版として売り出した商品です。

くまさんの形をした器なども人気があり、色もブルー・ピンク・デューンから選べます。質感も見た目もルクルーゼならではの優しい風合いになっています。

見た目もかわいいので、「かわいい離乳食を作ってあげたいな。」とママの創作意欲がわいてきそうな器です。

使えて便利!見た目も華やか。おむつケーキ

おむつケーキは、「憧れのプレゼント!」というママもいるくらい、ほとんど出産祝いでしかもらう事ができない贈り物です。

おむつの束をケーキ型に形成したもので、見た目も華やかです。

おむつケーキは発売された当初よりずっと進化していて、名前が入れられるタオルや、赤ちゃんのおもちゃ付き!という嬉しい商品もたくさん見つける事ができます。

せっかくの贈り物。「おむつのみの消耗品だと寂しい…。」という方には、小物付きのおむつケーキは嬉しいですね。

ママの中には、おむつのメーカーを決めている方も多くいます。

おむつのメーカーを選べる商品もあるので、ママが使っているメーカーを聞けそうであれば、ぜひ確認しておくと良いでしょう。

▼おむつケーキの作り方や人気商品についてはコチラも参考にしてみて!

定番のタオルも、名入れで特別感アップ!

赤ちゃんの名前が決まっていたら、名入れグッズのプレゼントもおススメです。プレゼントに名前が刻まれているだけで、オーダーメード感や特別感が増します。

中でも、名入れプレゼントの定番は、やっぱタオル!

タオルは子育ての必須アイテムなので、喜ばれる贈り物に常にランクインしています。

特に大判のタオルは、おくるみのかわりやお昼寝の時の布団にもなるので、重宝され喜ばれます。

自分の子供の名前が入ったタオルを贈られたらきっと、オリジナル感のあるギフトにママも喜んでくれるでしょう。

「タオルの美術館」など、サービスでお名前の刺繍を入れてくれるお店もあるので、探してみると良いでしょう。

名前の情報が分からない場合は、名入れカタログギフトがおすすめ

もしも名前の情報が分からない場合は、名入れタオル用のカタログギフトがおすすめ。

「ココロコの名前入り今治タオル」は、後日ママが好きなデザインを選んで注文できるので、名前が分からなくても安心して贈る事ができます。

生年月日や出生体重を入れて注文することもできるので、赤ちゃんに特別なプレゼントを…と考えている場合は、オススメの贈り物です。

タオル以外にも続々!ママが喜ぶ実用品への名入れギフト

ネーム入りギフトには、タオル以外にもユニークな物やあったらいいな!という商品が色々あります。

ネーム入り人気ギフト

  • ネーム入りおもちゃ
  • ファーストスプーンや食器
  • サーモス赤ちゃん用マグ
  • ネーム入りフォトアルバム

ネーム入りおもちゃやファーストスプーン・サーモスの赤ちゃん用水筒などにも、名入れができる贈り物があります。

おもちゃやスプーンなど、いつも使うものに名前が入っていると特別感を感じますし、持ち運びができるものであれば、名前が入っていると紛失防止にもなります。

またストロー付きの「ベビーストローマグ」のような、赤ちゃんが直接飲める魔法瓶タイプの水筒は、あまり売られていないのでもらった人もありがたいと感じるでしょう。

お白湯など、絶妙な温度の飲み物を持ち歩く時には、大活躍しそうですね。

いつものグッズに名前が入るだけで、オンリーワンな贈り物に!こんなものに?という実用的な物への名入れギフトは増えています。

▼名前入りの出産祝いについてはコチラも参考にしてみて!

▼おすすめストローマグについてはコチラも参考にしてみて!

思い出に残せるも贈り物。ネーム入りアルバム

私の経験では、ネーム入りフォトアルバムも嬉しかったです。

大容量入るアルバムはとても重宝しました。特に第一子はやたらと写真をとる機会があるので、撮った写真をすぐに保存できるアルバムをいただけたのは、とても助かりました。

アルバムを開く度にいただいた方の事や、いただいた時の記憶が思い出せるのもうれしい理由です。

名前が入っていると、もらったママも「自分の子供のためにわざわざお手間をかけてくれたのね。」と、特別感を感じて嬉しく感じるものです。

出産祝いは「実用品」や「あったらいいな!」が喜ばれる

出産祝いで「現金」や「商品券」などは、もらって嬉しかった贈り物の上位に入っており、失敗がないと言われています。

とは言っても関係性によっては、現金よりもモノを贈りたいケースもあるかと思います。

先輩ママたちがもらって嬉しかったプレゼントには、どのような物があるのでしょうか。

<もらって嬉しかった物>

  • ベビー服
  • スタイ
  • ブラウンケット
  • 大判タオル
  • おむつ
  • おもちゃ
  • ベビー用食器セット

やはり赤ちゃんに使える実用的な物は、もらって嬉しいと感じるママは多いようです。

高級すぎないプチブランド品など、「自分ではなかなか買わないけど、あったら嬉しい!」という物も喜ばれる傾向にあるようです。

▼ベビー服の選び方についてはコチラも参考にしてみて!

▼出産祝いにもらって嬉しい・喜ばれる物についてはコチラも参考にしてみて!

もらって困るものは、趣味が合わないもの

逆にママたちがもらって困ってしまった贈り物には、どのような物があるのでしょうか。ママたちの「これは困った…。」という声をまとめてみました。

<もらって困った物>

  • 趣味の合わないベビー服
  • サイズの合わない服や靴
  • 季節的に使えないもの
  • 使っていないメーカーのオムツ
  • 使い勝手の悪いベビーグッズ
  • 相談なしに贈られる大きすぎる物(ベビーカーやベッド)

ママたちの声を調べたところ、せっかくの嬉しいプレゼントもサイズが合わなかったり、デザインの趣味が合わないと、使う機会がなく困ってしまうようです。

また実用的なものでも、オムツのようなすぐに無くなってしまう消耗品は、「たくさん必要なのでありがたい。」という声もある一方、「せっかく友人からの出産祝いなのに、消えてなくなってしまうのが寂しい。」という意見もありました。

喜ばれるプレゼント選びは、プレゼントする相手との関係性や、ママの好みや考え方によっても選び方が変わってきそうですね。

ママが一緒に出掛けたくなる。ママ好みのギフトを選ぼう!

出産祝いの贈り物は、赤ちゃんへの贈り物でもあり、ママやパパへの贈り物でもあります。

もらったママが気に入ったギフトであれば、きっと使いたくなって自然と活躍する回数も増えるでしょう。

喜んでもらえるプレゼント選びは、ママの趣味に合わせる事も重要なポイント。

ママがいつもどのようなデザインや柄・スタイルを好んでいるのかを参考に、ギフト選びをするのがコツです。

何が欲しいかわからないときは、いくつか候補を挙げて聞いてみるのもアリだと思います。実際にママが欲しいと感じているものであれば、失敗はないですしね!

相手の喜ぶ笑顔を思い浮かべながら、ぜひ素敵なプレゼントを見つけてくださいね。

▼出産祝いに向けの言葉集についてはコチラも参考にしてみて!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ