イクメンの心を動かす漫画はコレ!パパにもママにもおすすめ6選

コメントを見る0
2018/04/14

ストレスなく育児ができているパパ

育児をテーマにした漫画の人気は高く、本屋さんへ行くとさまざまな育児コミックが並んでいるのを目にします。

さらに最近は男性目線で子育てを描く漫画が数多く登場しています。

たかが漫画とあなどることなかれ。それらを読むことによって男性にも女性にも新しい発見があったり、夫婦がお互いの育児に対する理解を深める上で役立ったりと、多くのメリットがあるのです。

そして何より面白い!育児真っ最中の人々にとってこれほど共感しやすい漫画は他にありません。

今回はイクメンにも読みやすくおすすめの漫画を紹介します。

男性でも読みやすい!おすすめの育児漫画6つ

数ある育児漫画の中から、特に男性におすすめのものを厳選しました。

  • 作者が男性でその心理が良く描かれているもの
  • イクメンとして家事・育児をこなす日々のパパの様子を描写しているもの
  • 「可愛いらしさ」や「美しさ」を求めるよりも、男の人が馴染みやすそうな画風、キャラクター設定であること

上記の条件を意識して選んでいます。

『ヨチヨチ父 とまどう日々』心の中で静かにとまどうパパの本音

絵本作家としても人気のあるヨシタケシンスケさんの育児漫画です。

育児に直面した新米パパが、淡々と日常の一コマを切り取っているようなエッセイ漫画。しかしそのどれもが鋭く、正直で、普段スルーしている自分の気持ちに改めて気付かされたり、深く考えるきっかけになるような本です。

まさに育児をするパパたちにおすすめします。「自分にとって、子育てとはどういうものなのだろう?」という漠然とした気持ちに、変化を与えてくれるかもしれません。

ママが読んでももちろん楽しめます。普段知ることのない正直なパパの気持ちに気付かされるかもしれませんよ。

「ヨチヨチ父 とまどう日々」
作:ヨシタケシンスケ
出版社:赤ちゃんとママ社

『ヒゲ母ちゃんと娘さん』独特の世界観が癖になる

癖のあるギャグマンガ風の画風。お母さんはヒゲ面でパンツ一丁&筋骨隆々、お父さんはモヒカン…と一見「何?この謎の設定!?」という感じですが、実は内容はとてもほのぼのした育児漫画です。

個性的な外見にはすぐに慣れるどころか癖になります。

さらに大変さ、辛さが強調されるとネガティブな表現になりがちな育児漫画ですが、「お母さんの外見がおっさんである」というだけでどんな苦労やハプニングも読者がすんなり受け入れられるのがスゴイところ。

少女漫画っぽい絵や可愛らしいキャラクターはちょっと苦手…と感じている男性には入りやすいかもしれません。もちろん女性でも嫌味なく楽しめますよ。

「ヒゲ母ちゃんと娘さん」 既刊3巻
作:ヤマモト喜怒
出版社:集英社

きみといつまでも 泣き虫おとうちゃんの子育て500日』切なくなるほど深いパパの愛

会社員でもあり漫画家でもある、あおむろひろゆきさんがTwitterで連載し、人気の出た漫画です。

どこか抜けた感じのある昭和を思わせる絵がなんとも味わい深く、描かれるお父さんのふんわり優しい深い愛は、読んでいて切なくなることも…。

「こんな愛情を持って子どもたちに接していけたらな」と感じさせる、笑いと涙のエピソード満載です。世のイクメンパパたちも参考になることがたくさんあるかもしれません。

「きみといつまでも 泣き虫お父ちゃんの子育て500日」 既刊1巻
作:あおむろひろゆき
出版社:宝島社

『まんが親』ひと味違うシュールな育児漫画

漫画家、吉田戦車さんが自身の育児の様子を描いたエッセイ漫画。

吉田さんの他の漫画を知っている方は、シュールかつナンセンスな作風のはずなのに育児漫画?と驚くかもしれません。しかしこの「まんが親」は父親目線で描かれた愛のあるまっとうな育児漫画です。

しかも独特の空気感、観察の鋭さはやはり吉田ワールドならでは。他とはひと味違う育児漫画を楽しみたい方におすすめです。夫婦そろってクスクス楽しむことができますよ。

「まんが親」 全5巻
作:吉田戦車
出版社:小学館

『そだてば 子育ての現場を実況中継。』他人のお宅の育児を赤裸々に中継

絵本作家としても活躍されている鈴木のりたけさんが描いた育児エッセイ漫画です。

題にもある通り、漫画といえども実況中継としての冷静かつ理論的な説明が特徴。育児にありがちなとんでもないハプニングの様子を淡々と説明されると逆に笑いがこみ上げてきます。

考えてみれば、他人の家の本当の育児の様子を見ることってなかなかないですよね。この本の中ではさまざまなお宅の子育てを事細かに紹介しています。

親の対応の仕方や子どもたちの個性が皆違って当たり前ということに改めて気付かされます。

「こんな大変でひどい状況うちだけ?」と不安になりがちな育児ですが、これを読めばみんな同じ(もしくはそれ以上?)ということが分かって安心できるかもしれません。

「そだてば 子育ての現場を実況中継。」 全1巻
作:鈴木のりたけ
出版社:朝日新聞出版

『おにぎり通信~ダメママ日記~』イクメンのかたちは人それぞれ

「のだめカンタービレ」の作者として知られる二ノ宮知子さんが描いた育児漫画です。

二ノ宮さんは漫画家としてご自宅でお仕事をされています。そしてお酒が大好き。子育てに限らず家のほとんどのことをパパであるご主人に任せているのです。

副題にもあるようにいわゆる「ダメママ」としての日々を送っている中、そのご主人が育児に家事に奮闘する様子が面白おかしく描かれています。

二ノ宮家のような状況は世間では少数派かもしれません。しかしイクメンとして育児に携わっている多くのパパは、二ノ宮家のパパの言動に少なからず共感を覚えるのではないでしょうか。

逆に育児を頑張っているママから見ると、漫画の中のダメママに対して「それじゃダメだろ!」と突っ込みたくなることもしばしば。しかしあくまでも漫画の世界です。育児の息抜きに軽い気持ちで読んで楽しむのがコツですね。

「おにぎり通信~ダメママ日記~」 全3巻
作:二ノ宮知子
出版社:集英社

パパもママも育児漫画で上手に息抜きを!

育児に積極的な男性が増えた今、男性目線の育児漫画、男性でも読みやすい漫画が圧倒的に増えました。

そんな漫画を読んでみると、女性側から見ただけでは分からなかった男性のもののとらえ方、考え方を知ることが出来ます。

また普段なかなか知ることのできない、他人の育児生活を垣間見ることもできます。

子育ての仕方は十人十色。漫画を読んで驚いたり共感することによって、息抜きしつつ学ぶことが出来るのが育児コミックの人気の理由かもしれません。

中にはブログなどで閲覧できるものもあるので、ちょっと空いた時間にスマホで読む方法などもありますね。

忙しい子育てライフに、たまには育児漫画を取り入れてみるのも良いのではないでしょうか。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ