子育て中のママはお金がいくらあっても足りない!と感じているかと思います。子供の成長とともに出費は増えていく一方だけれども、給料は限られている… そんなママにおすすめしたいのが無理なく小さなことからコツコツと節約することです。最初から頑張りすぎると、続かなくなっ...

続きを読む

手の反射区をマッサージすることで、心身にアプローチするリラクゼーション法が「ハンドリフレクソロジー」です。 リフレクソロジーといえば足裏が一般的ですが、、手であれば比較的いつでもどこでも手軽に行うことができますよね。 子どもにしてあげることで親子のスキン...

続きを読む

保育園に行きたくないと朝から大泣きしてしまう「登園しぶり」だけではなく、パパやママがお迎えに行った時に「おうちに帰りたくない」と大泣きして嫌がる「降園しぶり」は珍しいことではありません。 おうちに帰りたくないと言われ、ショックを受けたり、早く帰らないとという焦...

続きを読む

子供の夜泣きについては、たくさんの育児書があるように多くのママの悩みです。実際に育児を始めると夜なかなか寝てくれない赤ちゃんに、疲れ切ってしまうママは少なくありません。 「もう少し早く寝てくれるだけでとても助かるのに…。」「朝までゆっくり寝かせてほしい。」出産...

続きを読む

日本では出産後にへその緒(臍帯:さいたい)を記念として保管する風習があります。これは世界的に見ても珍しく、日本以外ではアジアの一部の地域にしか見られない習慣だと言われています。 へその緒を保存する理由は諸説ありますが、特別に有力な意味を持つものはありません...

続きを読む

夏休みやクリスマスには子供会のイベントがよく開かれますね。その際に欠かせないのが全員が参加できるゲームです。 ビンゴやダーツなどのゲームをする場合には、景品を用意しなくてはいけません。せっかくなので、もらった子が喜んでくれるものを贈りましょう。 子供達に...

続きを読む

子供会や夏祭りなど子供が集まるイベントの時は、ゲームをすると盛り上がります。 でも毎年同じゲームをしていると飽きて子供が言うことを聞かないことも。 スペースが限られているところや、少人数でも楽しめるゲームはどんなものがあるでしょうか。 新聞紙や風船...

続きを読む

地域ごとや学校の学年会など、子供会で集まってレクリエーションを行う機会はたくさんあります。 学校単位なら親子での参加が必須なところがあったり、地域単位なら公民館などで開かれることが多いのではないでしょうか。 役員になってしまったパパママはどんな企画を考え...

続きを読む

子供会の役員は毎年各家庭が持ち回りで担当します。会長さんなどは何年か兼任することもあるようです。仕事をしながらだと大変です。 でも、子供がいる限り数年に1回の割合で何かの役をしなくてはいけません。しかも、子供会役員はボランティアなので報酬は出ません。 そ...

続きを読む

子供会は、近隣の子供たちの交流と健全な遊びを見守るために組織されているものです。特徴は、異年齢の子供が横のつながりを作れることですね。 しかし、異なる年齢の子供たちが集まっているので、春になると卒業して行く子がいたり、新しく入ってくる小さな子を迎えてあげなくて...

続きを読む