待望の我が子の顔は、まさに天使ですよね。しかし、とっても可愛く思えても、「ここがこうならもっといいなぁ…」そういう本音をお持ちのママもおられるでしょう。 その代表例が、赤ちゃんの目元です。「我が子をパッチリ二重にしたい」そう感じているママは多いようです。 ...

続きを読む

赤ちゃんのお顔に不自然な赤いあざ。ある日突然気が付き、心配になるパパやママもいると思います。まさに私もそんなママの一人でした。お風呂に入っている時に、娘の額に不自然な赤いあざを見つけました。 お風呂から出ると消えるのですが、泣いたり入浴のたびに額に現れるので、...

続きを読む

赤ちゃんが生まれ、喜びもひとしお!でもぐずってばかりで全然寝てくれない…と悲鳴をあげるママは多くいます。 生まれたばかりだけでなく、ぐずりがずっと続くことも…。 辛いことには、大抵いつまでという期限がありますが、赤ちゃんのぐずりには終わりが見えないため、...

続きを読む

赤ちゃんのつかまり立ちが始まるのは、平均して8ヶ月頃だと言われています。これは平均なので、もっと早い子や遅い子もいて、それが自然です。 中にはかなり早い時期から立ちたがる赤ちゃんもあるようです。これって正常な発達なの?大丈夫?と不安になるママもいることでしょう...

続きを読む

子供の歩き方、立ち方がどこか変。走り方が内股っぽい。何にもないところでよく転ぶ。気になることがある場合、もしかしたら内股の可能性があります。 内股にはO脚やX脚などの種類があります。先天性の病気だったり、炎症や骨折などの可能性もあります。 子供は...

続きを読む

3歳児神話という言葉を聞いたことがありますか?様々な定義がありますが、子どもは3歳までは母親が育てるべき、としたものです。 なぜ3歳までに母親との時間を取らなくてはならないのか、そうでなければどんな影響があるのでしょうか。 3歳児神話には肯定論と否定論が...

続きを読む

赤ちゃんの青あざに気が付き、びっくりしたママもいるかもしれません。 お尻にできることで知られている蒙古斑。しかしお尻以外にも蒙古斑はできます。また、蒙古斑だと思っていた青あざが、治療が必要な他のあざという可能性もあります。 蒙古斑とはいったいどのようなも...

続きを読む

神経系の成長は12歳ごろまでに遂げると言われており、親がたくさんかかわれる幼児期は運動神経を良くする絶好のチャンスです。 運動をすると脳に血液が流れ集中力が高まり、勉強にもいい影響を与えるといわれています。 「うちの子供は運動神経が悪いから…」と決め...

続きを読む

運動神経が悪いと子供が幼稚園や保育園で苦労するのではないか、そんな心配をするパパママも多いと思います。 「足が遅い」「体力がない」など気になるところがあると思いますが、まだまだ骨や筋肉は成長している途中です。 運動神経が悪い原因を探ってみましょう。原因を...

続きを読む

「運動が苦手」というパパママの骨格が子供に遺伝しても、子供の運動の機会を多くすることで動けるようになります。 健診でも言われることですが、子供の健康の基本は早寝早起き朝ごはんです。睡眠時に多く分泌される成長ホルモンは筋肉や骨をつくってくれます。 完璧にで...

続きを読む