なす嫌いな子供も喜ぶレシピ5つを紹介!食感とえぐみ対策で苦手克服

コメントを見る0
2018/10/26

秋の美味しい味覚のなす!調理法次第で和洋中にどれも合う優秀な野菜です。

アレンジの幅が広くママには使い勝手の良い野菜なのですが、子供はなすを嫌って食べてくれない…。

なすの独特な食感やえぐみを嫌う子供は意外と多いです。でも好き嫌いを出来るだけ無くして美味しく食べて欲しいですよね。

なすの原型がわからないように細かく刻んで料理に混ぜても、後から苦手な食材を食べさせられたと子供が知ると、余計に毛嫌いしてしまうこともあるようです。

どのように嫌いな食材を克服させれば良いのか、ママとしては悩みどころ。子供がなすが嫌う理由となす嫌いを克服する方法、子供が喜ぶ美味しいレシピを紹介します。

[toc]

なすを子供が嫌う理由は味、食感、見た目!?

なすは、子供が嫌う代表的な野菜の一つ。和洋中色んな料理にアレンジが出来てとても美味しいのですが、子供には嫌われがち。

子供は一体なすのどこに苦手意識を感じているのでしょうか?以下、子供がなすを嫌う代表的な理由です。

アクのえぐみが嫌い
大人の舌では、なすに強いアクはあまり感じないのですが、子供の敏感な舌だとアク抜きが充分でないなすを口にすると、渋い独特のえぐみや苦みを感じるようです。

このえぐみや苦みを子供の舌はおいしいと感じないのです。

ぐにょっとした食感が苦手
なすが油を吸って柔らかくなると、味がしみ込んでとても美味しいのですがなす嫌いの子供は果肉のぐにょっとした食感が苦手なようです。

皮の固い食感や、油を吸う前のスポンジのような食感を嫌う場合も多いようです。

見た目が気持ち悪い
なすの濃い色味が食べ物として受け付けない。いわゆる『食わず嫌い』です。子供からすると毒々しい色味に見え口に入れる事を拒否したくなるようです。

経験の浅い子供が見た目で口に入れない判断をするのは、ある意味生きていく上で大切な事なのかもしれませんね!

なす嫌いを克服させる5つのコツ

様々な工夫を凝らしてなす嫌いの子供と奮闘!それでも、嫌いな食べ物に対して敏感な子供は何をしても食べてくれない…。

無理に食べさせるとますますその食べ物に対して嫌悪感を抱き、食べてくれなくなってしまいますし、可哀想ですよね。なす嫌いを克服する方法を紹介します。

無理やり食べさせるのはNG!少しでも食べれたら褒めて自信をつけてあげて!

嫌いな食べ物を無理やり食べさせようと、食べたら遊んで良いよ!など交換条件を出したり、一つだけ食べて!と言っておきながら全部食べさせようとしたりするのはNG!子供の心を深く傷つけてしまいます。

経験の浅い子供が食べ物を拒否することは、苦みなどを毒物と認識するという本能が働いているという説もあります。経験を重ね、大人は食べ物の苦みなどを美味しいと感じるようになるのです。

少しでも食べてくれたらしっかり褒めて自信を持たせることが大切です。

食べられたという自信をつけるには、料理に隠してだますのもNG!

ホットケーキやカレーに野菜を刻んで入れるというように、苦手な食材を子供にわからないようして食べさせることはNG!

苦手食材を食べられたという自信をつけてもらう為に、味や食感がわからないように調理する場合、ちゃんと子供に苦手食材が入っていることを伝えましょう。

子供は自分が嫌いな食べ物に対してとても敏感なのでこっそり入れてもわかってしまうことも多いですし、繰り返し隠して食べさせようとするとママの料理を疑うようになってしまいます。

絵本や栽培など、なすに接触する機会を増やす!

なす嫌いを克服するためには、なすに接触する機会を増やしてみることです。料理を通してだけではなく、野菜の絵本を読み聞かせたり野菜収穫の体験を実際にしてみたり。

ちょっとしたコツは必要ですが、なすはプランターでも育てることが出来ますので、子供と一緒になすを育ててみるのもいいかもしれませんね。

ふとしたことがきっかけで『嫌いななす』が『大好き』に変わることもあります。

嫌いななすを家族が美味しそうに食べてみる!

子供にとって嫌いな存在でも、大好きなパパママが美味しそうになすを食べている姿を見るうちに、そんなに美味しいなら食べてみようかな?と興味がそそられるかもしれません。

特になすは見た目で毛嫌いされやすい野菜なので、食べてみたら美味しかった!なんてこともあります。

実際に、なすが好きなお友達と一緒に食べてみたら克服出来たというママの声もありますよ!

どうしても食べられない場合は、無理強いせず長い目で見守ろう

小さい頃の偏食や好き嫌いはあって当たり前。最初に味覚として美味しいと感じるのは『甘み』『旨味』で、これらは子供が好きな味です。

『苦み』や『酸っぱさ』が美味しいと認識できるようになるのはまだ先です。

経験を重ねて、成長とともに色んな味に触れることで味覚は形成されていくので、どうしても食べられない場合は、ゆっくり見守っていくことも必要です。

なす嫌いな子も喜ぶレシピ5選!

なすの見た目や食感を工夫したり、子供が好む食材と組み合わせることでなす嫌いな子供もこれなら食べてくれるかも?というレシピを紹介します。

子供が嫌う食材をママも楽しみながら工夫出来るといいですね!

オムライスにかけるだけ!あまーいなすのケチャップソース

材料(1人分)

  • なす 25g
  • 玉ねぎ 15g
  • にんにく 少々
  • サラダ油 小さじ1
  • ケチャップ 50g
  • 砂糖 小さじ1
  • チキンブイヨン 小さじ1/2
  • 酒 大さじ1
  • 水 大さじ1
  • 塩コショウ 少々
  1. なすを1㎝角くらいの角切りにし、アク抜きのために水に浸しておく。
  2. 玉ねぎはみじん切りにする。
  3. 器にケチャップ、砂糖、水、酒、チキンブイヨンを入れて混ぜておく。
  4. 油を入れて熱したフライパンに玉ねぎとにんにくを入れて炒める。玉ねぎが透明になったらなすがしんなりするまで炒める。
  5. 4に3のケチャップソースを加えて混ぜ、弱火で軽く煮込む。塩コショウで味を調え火を止める。
  6. オムライスにソースをたっぷりかけて出来上がり。

【ポイント】
煮込んでいて、水分が飛んでしまったら水を足してください。オムライスはとろとろ半熟にするとソースとよく絡んで美味しいですよ!

皮と果肉の食感をお肉のジューシーさで包む!なすの豚バラ巻き

材料(1人分)

  • 豚薄切り肉 50g
  • なす    1/2本
  • 長ネギ   3㎝
  • 片栗粉   適量
  • 塩コショウ 少々
  • 【たれ】

  • 味噌、醤油、酒 各大さじ1/2
  • 砂糖、みりん  各大さじ1
  1. たれはすべて混ぜ合わせておく。
  2. なすは十字に切り、大きければ更に縦に切り分け、水にさらしてアク抜きをしておく。
  3. 2に豚肉を巻き付けて、塩コショウをしたら片栗粉をまぶす。
  4. 油を入れて熱したフライパンに3を並べ焼き色がつくまで中火で2~3分焼き、ひっくり返して弱火で3~4分蒸し焼きにする。
  5. 4に1を入れとろみが出たら完成!

【ポイント】
お好みで仕上げに白ごまや大人用では一味などをかけてもおいしいですよ!たれが甘すぎると感じた場合は砂糖やみりんの量を調節してください。

チーズとろーりで子供も嬉しい!なすとかぼちゃのチーズ焼き

材料(1人分)

  • なす 1/2本
  • かぼちゃスライス 4枚
  • スライスチーズ 1枚
  • マヨネーズ 適量
  • バター 少量
  • パセリ お好みで
  1. なすは斜めにかぼちゃは薄切りにします。水にさらしてアク抜きをします。
  2. スライスチーズは8等分に切ります。
  3. バターを塗った耐熱容器になす→チーズ→かぼちゃ→チーズの順に重ねて並べます。
  4. 並べたらラップをして500Wで2分~3分レンジでチンします。
  5. 材料が柔らかくなったら上からマヨネーズをかけてトースターで7分程、焼き色がつくまで焼きます。
  6. 焼けたらお好みでパセリをかけて出来上がり!

【ポイント】
かぼちゃの皮となすの皮は子供が嫌がるようなら取り除いてください。マヨネーズの上に更にチーズをプラスしても美味しいですよ!写真のようにスキレットで火にかけても作ることが出来ます。

見た目が嫌なら衣で包め!なすのはさみ揚げ

材料(1人分)

  • なす 1本
  • 豚ひき肉60g
  • 長ネギ5㎝
  • おろししょうが小さじ1
  • しょうゆ(下味)
  • 【揚げ衣】

  • 小麦粉 大さじ1.5
  • 水または牛乳大さじ1.5
  • パン粉 適量
  • 揚げ油
  1. ひき肉に長ネギ、しょうがしょう油を入れ、よくこねます。
  2. なすは7~8mmの輪切りにし、水にさらしてアク抜きをします。
  3. 1のひき肉を2枚のなすで挟み、押しながら形を整えます。
  4. 小麦粉、牛乳または水を合わせよく混ぜたら、なすにつける。
  5. 5をパン粉につけ170度の油でゆっくり揚げます。

【ポイント】
皮の食感を無くしたい場合は全て取り除いてください。写真はノンフライで揚げているので、色味があまりついていませんが、油で揚げる場合はきつね色になるまでじっくり揚げてください。

子供も食べやすい!麻婆豆腐なす

材料(2人分)

  • 豚ミンチ 80g
  • 玉ねぎ  半分(80g)
  • 豆腐   120g
  • なす   1本
  • 長ネギ  1/2本分
  • 砂糖   小さじ1/2
  • みりん  小さじ1
  • 醤油   小さじ2
  1. 豆腐を水切りしておく。なすを角切りにして水にさらし、玉ねぎはみじん切りにする。
  2. フライパンに多めの油を熱し豚ミンチを色が変わるまで炒め玉ねぎ、なすを加えて炒め合わせる。
  3. 調味料を加え、味が馴染んだところに豆腐を加える。全体に炒めたらねぎを入れてざっと混ぜて出来上がり。

【ポイント】
鶏ひき肉で作ってもOK!少ない材料で中華の味を再現出来るのが嬉しいですね!ごはんの上にかけて丼にしても食べやすくておいしいですよ!

ごはんを食べる事に喜びを感じてもらおう!

好き嫌いなく何でも食べてくれるのは、理想ですが子供にとって嫌いな食べ物はあって当たり前。食べられないことも『成長の証』と考えましょう。

食卓をみんなで囲みコミュニケーションをとりながら楽しいご飯の時間を作っていくと,いつの間にか子供がなす嫌いを克服してしまうかもしれません。

少しでもなすを食べられたら沢山褒めて子供に自信をつけさせてあげましょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ