初めての一時保育でママが悩む内容は?決める前に参考に!

コメントを見る0
2018/01/11

子供の一時保育の様子

育児期間、冠婚葬祭や下の子が生まれるなどの理由で、一時保育を利用する方もいらっしゃると思います。

ですが、実際に子供を預けることが決まると、親も子も不安になってしまうことが多いのではないでしょうか。特に、人に預けたことがない場合は不安ですよね。

ここでは、実際に一時保育を数か所で利用していた筆者の経験を踏まえて、Q&Aをご紹介。

人間は「未知のもの」に対して強く不安を感じます。知らない点をクリアにすることで、不安はきっと軽減されるはず!

ずっと泣いているのでは?の不安解消には「慣らし保育」がおすすめ

質問例:人見知りの我が子。一時保育に預けたら、ずっと泣いているのではないかと不安。慣れない場所・知らない人に預けられて泣いている子供を想像すると、不安になってしまいます。

人見知りのお子さんなら、短期の一時保育でも、まずは短い時間の「慣らし」で預けられるように相談してみることをオススメします。

どこに預けるのかによっても異なりますが、最初は2~3時間程度からトライしていけば、様子が分かるのではないでしょうか。

「ずっと泣いている子」は意外なほど少なく、別れるときは泣いてしまっても、保育士のフォローで楽しく過ごせる場合が多いです。

食事はどんなものを食べる?という疑問…預け先によって様々

質問例:一時保育って食事は出ますか?お弁当ですか?偏食が多い場合、給食が出ても食べるかどうか不安です。

お弁当を持たせる場合、給食が出る場合など、預ける場所によって様々です。

我が家が利用した認可保育所の一時保育では、栄養バランスの整った給食が出るケースが多く、親としては安心できる環境でした。なお、アレルギー対応もされていました。

また、一時保育では子供もよく動いてお腹がすくのか、社会性を発揮するのか、偏食でも「保育園では食べる」という子が多かったです(あくまでも体験談ですが)。

ただ、どんな食事かは預ける場所によって違いが大きく、一度見学した託児所のお昼はカップラーメンだった、なんてことも。事前に確認を。

何をして過ごしている?場所によるが遊びが中心!

質問例:はじめての一時保育ですが、日中、子供は何をして過ごしているのでしょうか?

多くの一時保育では、保育者の主導で歌を歌ったり、手遊びをしたり、工作をしたり、自由遊びをしたりという過ごし方をすることが多いようです。

園庭がある場所では外遊びがありますし、場所によっては、近くの公園まで遊びに行くこともあります。

一時保育の場所によっては、アニメがずっと流れているところも。毎日預ける場所と考えれば親としては複雑ですが、一日限りの事なら、好きなキャラクターを見てかえって落ち着く場合もあるかも。

どれくらいの頻度で利用するのか、子供のタイプはどうかなどを考えた上で、一時保育を利用する場所を決めることがオススメです。

先生はちゃんとしている?心配なら事前に先生についてチェックを!

質問例:一時保育でも、きちんと見てもらえるのか不安です。先生はちゃんとした方なのでしょうか?子供の危機管理などに関する意識は高いですか?

短い期間だけお願いするにしても、大切な我が子を預けるなら、やはり経験のある先生にしっかり見てほしい、と思ってしまうのは当然のこと。登録などの際はあらかじめ足を運び、保育者に会っておくことをオススメします。

一般的には、「一時保育だから」といって、保育者が適当に見る、なんてことはありません。

ただ、不安なら有資格者数がどれくらいか、いつも常駐しているのか、などはチェックしておくと安心かも。たとえば認可保育所なら一定の割合で有資格者を置くことが決まっていますが、無認可の場所によっては、全員が無資格者ということもありえます。

一概に一時保育はこう!とは言えない…通う可能性がある場所を自分の目で見て決めて!

以上、代表的な疑問点に関して、いくつか回答をご紹介してみました。いかがでしたか?

すべての質問にいえるのは「預ける場所によって異なる」部分が多いということ。一時保育の場所によって、遊び方も、給食の有無も、先生の雰囲気も異なります。

そのため、なんとなく不安に思うなら、一時的な預かりとはいえ、納得いくまで質問することがオススメ。

同時に、預ける場所の雰囲気はどうか、清潔感はあるか、先生はどんな人か、事前に足を運んでチェックしてみましょう。

育児をしていく中では、リフレッシュが必要になることも、急な用事ができることもあるでしょう。そんな時、一時保育は強い味方になります。

親子ともに不安なく利用できる場所が見つかれば、嬉しいですよね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ