ママ向けハンドメイドアクセサリー「切れないネックレス」の作り方

コメントを見る1
2018/06/06

ハンドメイドのネックレス

ママになると、なかなか思うようなおしゃれができなくなりますよね。アクセサリーはその最たるもの。出産してから結婚指輪以外着けていないというママ、多いんじゃないでしょうか。

中でもネックレスは「子どもが引っ張るとちぎれちゃいそう」「着け外しが面倒」という理由で、お子さんが産まれてからはかなり縁遠くなると思います。

そんな悩みは、ハンドメイドで解決しちゃいましょう!おしゃれを楽しめるだけでなく、じっくりとものづくりをする時間は気分転換になって癒されるものですよ♪

  • 最低限の材料で
  • テクニック不要で簡単な
  • 子どもが引っ張ってもちぎれない

以上の条件を全て満たすネックレスの作り方をご紹介します!

切れないネックレスの秘密は「マグネットクラスプ」!

通常、ネックレスの留め具は「カニカン」や「引き輪」などの、小さなツマミに爪を引っ掛けて開閉するタイプのものが多く使われています。

対してマグネットクラスプというのは、写真のような磁石で留めるタイプの留め具。

マグネットクラスプなら、留める時はネックレスの両端を近づけるだけでくっついてくれるのでとっても簡単!外す時も留め具付近を持って左右に引っ張るだけで外れるので手間いらずです。

そしてその外しやすさのおかげで、子どもが引っ張ってもネックレスがちぎれる前に留め具が外れてくれるので、ネックレスが壊れることがない!というわけなのです。

切れないネックレスを手作りで!作り方レシピ

初心者さんも不器用さんも大丈夫!なるべく少ない材料とテクニックで作れるレシピをご紹介します。

材料

  • チェーン…お好きな長さ(目安は40cm)
  • お好きなチャーム…1個
  • 大きめの丸カン…3個
  • マグネットクラスプ…1組

チャームは、ゴールドのフレームの中にジルコニアが入ったデザインのものを選びました。

こういった材料は、アクセサリーパーツショップや手芸店で販売されています。丸カンやチェーンなど基本的なパーツに関しては100円ショップでも取り扱いがあります。

筆者は全て「貴和製作所」で購入しました。材料費はおよそ650円。市販のネックレスを買うよりかなりお安い!

丸カンを選ぶポイント
丸カンとはパーツとパーツを繋ぐための丸い金属のことです。大きいほど丈夫で、たくさんのパーツを通すことができます。ですが、目立ってしまい見た目が気になることも。

小さい丸カンだと悪目立ちはしないのですが、強度が下がるのと、小さい分たくさんはパーツを繋げられません。

このレシピでは、揃える材料をなるべく少なくするために大きめの丸カンを使用して、強度を出しつつマグネットクラスプなどの大きなパーツも楽々通せるようにしています。

ですが、多少材料増えてもいいよ!という方は、チャーム用に小さめの丸カン・留め具用に小さめのCカン(強度のある接続金具)を揃えてもいいと思います。

マグネットクラスプを選ぶポイント
マグネットクラスプにも様々な種類がありますが、なるべく安価でシンプルな仕様のものをおすすめします。

というのは、高価なものは引っ張っても外れにくい仕様になっているからです。これでは子どもが引っ張った時にネックレスがちぎれてしまいます。

使用する工具

  • 平ヤットコ
  • 丸ヤットコ
  • ニッパー(チェーンを切らなくていい場合は不要)

えっ、こんなに必要なの?と思われるかもしれませんが、すべて100円ショップに売られています。この3つがあれば様々なアクセサリーがハンドメイドできるので、揃えておいて損はありません!

ちなみにこのレシピだと平ヤットコ2本でも良いのですが、丸ヤットコもアクセサリー作りにおいて出番の多い工具なので、この際1本ずつ揃えておきましょう。

作り方

まず、ニッパーを使ってチェーンをお好きな長さに切ります。筆者は40cmにしました。

初めから適度な長さに切って売られているチェーンもあるので、その場合はこの作業は不要です。

次に、チェーンの端に丸カンを通します。丸カンは閉じた状態で売られているので、まずはそれを開くところから。ここでちょっとコツが必要です。

切れ目部分のギリギリをヤットコで挟んで持ちます。

そして写真のように、片方の手を手前に、もう片方の手を奥に倒して、輪を前後に開きます。

この時、決して輪を左右に開かないように!強度が落ちてしまいます。

正しく開いた丸カンを上から見るとこんな感じです。

丸カンをチェーンの端に通し、

マグネットクラスプも通します。

丸カンを閉じます。開く時と同様、切れ目ギリギリを持って前後に倒し、隙間が無いように閉じます。

このような感じになりました。

チェーンのもう片側にも同様に、丸カンとマグネットクラスプを通します。

最後にチャームを付けます。丸カンを開いてチャームとチェーンを通し、閉じます。

完成です!

色々説明しましたが、要はチェーンの端にマグネットクラスプをつけて、チャームを通すだけ!とっても簡単です。

こちらは同じデザインで、接続金具を小さな丸カン・Cカンに変えたもの。金具だけの違いですが、華奢なイメージになりますよね。

チェーンの色やチャームを変えるだけで、表情の違うネックレスが作れます。こちらはシルバーのチェーンに、京都オパールというパールを直接通したもの。

写真のように目の細かいチェーンを使う際は、「目打ち」という道具でチェーンの目を広げてから丸カンを通してくださいね。丸カンも細いものでないと通らないので、ハンドメイドが初めてで心配な場合は目の粗いチェーンを選びましょう。

分からないことは、パーツショップや手芸店の店員さんに質問すれば教えてもらえますよ!

便利で楽しくて安い!いいことずくめのハンドメイド

ハンドメイドアクセサリーのいいところは、着ける楽しみだけでなく、作る楽しみも味わえるところ。更に市販のものを買うより格安で作れてしまうので、一石二鳥どころか一石三鳥です!

子育て中は毎日が目まぐるしく、なかなか何かに集中して取り組むことがないですよね。子どもが寝た後にひっそりとアクセサリーを作ると、久々に自分の時間を過ごせたような気分になり、意外とリフレッシュできます。

簡単だけど、デザインは無限大!ぜひアクセサリーを楽しむと同時に、ハンドメイドをママの新しい趣味にしてみてください!

みんなのコメント
  • degierjordyさん

    名前, thanks! And thanks for sharing your great posts every week!

あなたの一言もどうぞ


マーチについて

MARCH(マーチ)では、妊娠や子育ての先輩たちが、ためになる情報を毎日配信しています!新米ママ&パパはぜひご覧ください♪