エルゴの抱っこ紐は種類豊富で迷う。自分に合ったものを選ぶポイント

コメントを見る0
2017/12/19

エルゴの抱っこ紐を使っているママ

抱っこと紐といえばエルゴ!という程、たくさんのママから支持を得ている『エルゴシリーズ』。

種類が豊富なのは嬉しいけど、何を基準にどう選んだらわからないな、と悩むママも少なくありません。

自分に合ったエルゴに出会いたい方に、タイプ別に選ぶ際のポイントを紹介します。

【機能姓重視ママ向け】360(スリーシックスティ)

デザインよりも使いやすさが優先!そんなママにお勧めです。360度どの位置でも赤ちゃんに最適な座り姿勢を支えることができます。

前向き抱っこができる唯一のエルゴ

視界が開けるので、赤ちゃんは大喜び。メッシュ素材ならば暑い日でも快適です。

対面抱き、おんぶ、腰抱きも可能です。新生児に使うにはインファントインサートが必要です。
特徴
  1. カラー:ピュアブラック、ダスティーブルー、グリーン等。
  2. ウエストバンドが着脱テープとバックルでしっかり固定され、より腰への負担が軽減。
  3. バックパネル:新生児期には立てて使用し頭部のサポートが可能。スリーピングフードの収納も。
  4. バケットシートがどの抱き方でも赤ちゃんの自然な座り姿勢を確保できる調節機能付き
  5. インファントインサートが合わせやすい
口コミ
  • 子供も快適そうで、何よりすごく嬉しそうに抱っこされてる
  • エルゴ360はそんなに見かけないので人とかぶるのが嫌な方にもオススメ
  • オーガニックのバックルが右側なのに対して360は左側なので最初は使い辛かった
  • ボタンが固くて止め外ししにくい
  • 腰への負担がかなり少ない
  • 着脱テープのマジックテープを外す時の音が大きい

更に機能充実なクールエアー

バックパネルがメッシュになっているクールエアーは更に機能性がアップしています。

特徴
  1. カラー:アイスミント、カーボングレー
  2. バックパネル→メッシュ
  3. スリーピングフード→UPF+50
  4. 着脱テープ+バックル→腰サポート付バックル式ウエストベルト
口コミ
  • 頑丈な分、生地が固く息子が嫌がりました。開封時、匂いがきつい。
  • 乗り物も前向き抱っこしたまま、座りやすくてとても大活躍!
  • ウエストベルトもマジックテープではないし、寝かし付けにもオススメです。
  • 従来の360にくらべ全体的にかなり軽くて柔らかく感じます。

インサート不要のOMNI360が仲間入り

2017年11月半ば頃に発売予定のOMNI360。あのインファントインサートが不要です。アダプトと360の良いところ採りですね。

特徴
  1. カラー:パールグレー、ブラック、ミッドナイトブルー、カーキ
  2. 新生児から使え、成長に合わせてサイズ調整可能
  3. 抱っこ紐に取り付け可能な専用ポーチ付き
360シリーズは3歳(体重15kg)まで使用可能です。他のエルゴシリーズは4歳(体重20kg)まで。何歳頃まで使いたいのか、よく考えて選びましょう。

【オシャレ感重視ママ向け】オリジナルとデザイナー

エルゴと言えばこのオリジナルが定番中の定番。バリエーションが多く、最も選ばれているシリーズです。

特徴
  1. カラー:ムーンストーン、ヴィンテージブルー、ブラックツイル、セーラー他
  2. エルゴノミックポジション:赤ちゃんにとって自然な開脚M字姿勢
  3. 外布・内布・中綿:綿100%
  4. 肉厚クッション付き肩紐、幅広ウエストベルトで肩・腰の負担軽減

ブランド限定のデザインもあってママ友と差を付けれられるかも!

販売店限定のモデルやブランド限定のデザインもあります。パパと一緒に探すのもまた楽しいですよね。

アカチャンホンポ
クールネイビー・クールグレーの2色。フード・内生地に汗を素早く吸収する生地を使用。
ミキハウス
MIKIHOUSEネイビー・MIKIHOUSEマルチカラーの2色。本体色はどちらも濃紺でスリーピングフードがネイビーとマルチカラー。
ベビザらス
世界初のディズニーベビーバージョン。本体色のブラックとポップな配色で満開の花にミッキーが潜んでいる内生地の組み合わせが特徴的。
Lee
ジェルトデニムとヒッコリーストライプデニムの2色。本場の岡山県産デニム生地を使用。ジェルトデニムは独特の色落ちを楽しめるのが人気。

【素材にこだわりたいママ向け】オーガニック

有機栽培で育てられた上質なコットンを使用。発色も美しく、柔らかい生地が優しく包みます。

肌触りがとても良く肌の弱い赤ちゃんも快適!

特徴
  1. カラー:ネイビーミッドナイト、ダークココア、ダンデライオン
  2. オーガニックコットン使用
  3. 機能的にはオリジナルと同様
  4. 着用時の摩擦により色移りする場合あり
口コミ
  • 手触り、肌触りがとにかく良い!
  • 肌の弱い赤ちゃんにも安心
  • 付け心地が普通のエルゴより良い
  • 男性でも違和感なく使えるし、服装を選ばない
  • オーガニックコットン独特のにおいが強い

【アクティブママ向け】パフォーマンス ヴェントス

夏場やアウトドアなどに抱っこ紐は「暑い」とためらいがち。そんな時は赤ちゃんの背中からお尻までを柔らかい3Dメッシュで包むヴェントスを。

2本目として、パパ用として等、シーンに合わせて使い分けもできますね。

通気性に優れ、軽くて丈夫!アクティブシーンに大活躍

特徴
  1. 高機能ポリエステル製メッシュ採用
  2. とにかく軽く、通気性抜群
  3. 洗濯しても乾きやすい
  4. スリーピングフードはUPF50+
口コミ
  • オリジナルよりも軽く、持ち運びも便利
  • 他のエルゴシリーズと比べて肩紐のパッドが幅狭く、薄いので長時間の抱っこは不利
  • 汚れも目立たなそう
  • 背中部分のポケットがない
  • 使用感はオーガニックより硬くちょっと使いづらい
  • 軽くて涼しそう

【小柄ママ向け】アダプト

インサート不要で新生児から使えるシリーズ。肩紐を背中でクロス装着でき、しっかりフィットさせられます。

全部で12種類!メッシュ・限定モデルも豊富です

特徴
  1. クールエアー(メッシュ):グレー、ディープブルー、ブラック、ローデンの4色
  2. 限定モデル:ミッキーマウスペイズリー、キースヘリング2種
  3. 通常モデル:パールグレー、ブラック、アズールブルー、他2色

▼エルゴアダプトの魅力についてはコチラも参考にしてみて!

Q&Aであなたにぴったりのエルゴをチェック

なかなか決められないあなた!Q&Aをお試しください。ぴったりのエルゴが見つかりますよ。

Q.新生児から使いたい?
A.
Yes:アダプト or OMNI360
No:オリジナル(含オーガニック、デザイナー、ヴェントス) or 360
Q.前向き抱っこしたい?
A.
Yes:OMNI360 or 360
No:アダプト or オリジナル
Q.素材にこだわる?
A.
メッシュ:ヴェントス、アダプトクールエアー、360クールエアー
オーガニックコットン:オリジナルオーガニック

新商品は高性能。費用対効果も考えて決めましょう

エルゴの抱っこ紐はオリジナルから始まり、360、ヴェントス、アダプト、OMNI360と新機能が加わるにつれ、本体価格は高くなっています。

オリジナル/ムーンストーン税込18,360円に対し、OMNI360/カーキ税込28,080円です。約1万円の差ですね。

本体の他にもインサートやよだれパッド、ビブや収納グッズを買い揃えると良いお値段します。

買ったけれど使わずにお蔵入り、とならないように、ご自身の使い方に合ったエルゴをしっかりチェックしましょう。

▼抱っこ紐の収納グッズについてはコチラも参考にしてみて!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ