簡単な折り紙の猫!できたが嬉しい、小さいお子さんでも作れる折り方

コメントを見る0
2018/10/05


とっても簡単に折れちゃうねこちゃんを、折り紙で折ってみませんか?

折り紙2枚で作る体付きのねこちゃん。

小さなお子さんでも一人で簡単に折ることができる折り方なので、「できた!を実感できる折り方です。」

一人で折れるようになったら、きっとお友達にも自慢したくなっちゃうはず!ママが覚えてお子さんに教えてあげてくださいね。

では早速、ねこちゃんを折ってみましょう!

【動画】簡単!折り紙で折る猫ちゃんの折り方

動画で一連の流れを見ていきましょう。顔の部分と胴体の部分を折っている様子です。

【画像+説明】愛らしい猫ちゃんの顔の折り方手順をチェック!

静止画像と各手順を詳しく見ていきましょう。

<用意するもの>

  • 折り紙2枚
  • のり
  • サインペン

ねこちゃんの顔の折り方

1.まず三角に折ります。

2.三角形の左右の端を、頂点に持ってくるように折ります。

3.先ほど左右の端を合わせた頂点(ピラピラしている部分)を下に持ってきましょう。

4.下に向けた、左右の先端をそれぞれ斜め上に折り、猫ちゃんの耳を作ります。

ポイント:顔の形がこの耳の位置や大きさでほぼ決まるので、「可愛いな!」と思う位置に折りましょう。

5.耳と耳の間を少し下へ折ります。

6. 裏返して、お顔面(表)を出します。下の2枚折り紙が重なっている部分(ねこの顔の部分)の1枚をつかみ、上に折り上げます。

7.更に、先端を少しだけ下へ折り返し、猫の鼻をつくります。

8.できたら、折り紙を裏返し、下の部分を写真のように上へ折り上げ、折り目を付けます。

9. できたら、先ほど折った部分を反対に折り直し、内側へ入れ込み見えないようにします。

ポイント:先ほど折った表面の下の部分がはみ出さないように、同じ位置で折り込むと完成度が上がります。

10. 裏返してサインペンで目を描けば、ねこちゃんのお顔の完成です。

ねこちゃんの体の作り方

1.折り紙を三角に折り、折り目をつけます。

2.折り紙を広げます。写真のように、先ほど付けた折り線にそって頂点をずらして折ります。

3.中心の折り線で半分におります。

4.折り紙を裏返し、写真の線の部分を折り、頂点が少し外側に出るように整えます。

ポイント:これがしっぽの部分になります。可愛く見えるように、胴体から出して整えてくださいね。

5.裏返したら、胴体の完成です。

6.先ほど作った顔の部分を挟むようにのりで貼りつけたら「体付きねこちゃん」の完成です。

模様をつけて、いろんな種類の猫ちゃんを作ってみよう!

いかがでしたか?とっても簡単なねこちゃんの折り方なので、お子さんでも簡単に一人で作ることができます。

ネコが折れるようになったら、図鑑やインターネットで調べて模様を描いて、親子でいろいろな種類の猫ちゃんを作っても楽しいと思います。

「三毛猫ちゃんは、こんな模様なんだね!」
「黒猫ちゃんは真っ黒だね!でも、目はどんな色かな?」
「シャムネコは、こんな色なんだね~」

など親子で猫について色や模様を観察しながら、コミュニケーションをとるのも、子供に好奇心を与えるでしょう。

時には、「こんな猫ちゃんがいたらいいな~」と、お子さんオリジナルの色や柄の猫ちゃんを作ってみるのも楽しいと思いますよ!

ぜひ、親子で猫ちゃんづくりを楽しんでみてくださいね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ