折り紙でプチ紙袋を作ろう!本物みたいでクオリティーがすごい!

コメントを見る0
2018/08/02

ミニチュアのような紙袋を作ってみませんか?男の子も、女の子も、この完成度には感激してきっと喜んでくれるでしょう。

小さな紙袋が出来上がったら、お子さんのごっこ遊びに使っても楽しいですし、小さなギフトを入れても見た目がおしゃれ!またお家に飾るのも良いでしょう。

完成度のクオリティーが高いので、使い道は色々あります。

大人の手助けが必要な部分もありますが、見た目より簡単にできるのでおすすめです。

では早速、かわいいプチ紙袋を折ってみましょう!

かわいいプチ紙袋の折り方

<用意するもの>

  • 折り紙1枚(袋部分)
  • 折り紙を3センチ幅にカットしたものを1枚(持ち手部分)
  • のり

1. まず折り紙を三角に折り、折り跡をつけます。

2. 先ほど付けた折り跡に合わせるように、両端を中心に折ります。

3. さらに広げて、先ほど付けた折り跡のところに先端を合わせるように折ります。できたら、また折り紙を広げて反対側も同じように折り、折り跡をつけましょう。

4. 折り紙を広げて、白い内側の部分が外にくるように三角に折ります。

5. 下の部分1㎝ほどの幅をとって折ります。

6. 折り紙を裏返して、外から2番目の線に合わせて折ります。

7. 折り紙を広げます。三角の折り跡の部分に頂点を合わせて折ります。できたら、反対側も同じように折りましょう。

8. 半分に折ります。次に、両側を折り線に合わせて折り、折り跡をつけます。

9. 8で折った部分を広げて、てっぺんの部分が下にくるように折ります。

10.  8.9で折った部分のみ折り紙を広げて、7の状態に戻します。写真のように描かれた線の部分を、改めて立てるように谷折りにして跡をしっかりと付けます。

11. 小さく三角に折った部分が横に来るように置きます。写真の●の部分を★の中心線に持ってくるように折ります。

ポイント:この時に〇の部分にのりをつけると、しっかりと固定されます。

12. 更に、三角の部分を内側に折り込みます。

13. できたら、同じように反対側も折りましょう。これで、袋の部分は完成です。

14. 次に、手持ち部分を作ります。折り紙を1枚用意します。3㎝幅をとって、縦に切り落とします。

15. 半分に折り広げます。次に中心の線に向かって両端を折ります。

16. のりを付けて、さらに半分に折ります。そして、中心で2本に切り分けます。

17. 袋のサイズに合わせて、持ち手部分をつくります。

18. 袋本体に持ち手部分をのりで貼りつけたら完成です。

持ち手をひもにして、本格的な雰囲気を出す

麻ひもや、レザー風カラーコードを使うと更に紙袋らしく丈夫になります。ひもを使う場合は、きりを使いますので、大人が穴をあけるようにしましょう。

<紐のつけ方>

  1. 袋本体4か所に、きりでバランスよく穴をあけます。
  2. ひもを2本用意します。(少し長めにしておくと結びやすいです。)
  3. 用意した紐を通して、袋の中で結び穴から抜けないようにします。

小物を入れてプチギフトにもおすすめ

いかがでしたか?小さくてとてもかわいい紙袋です。完成したら、中に何かを入れたくなりますね!

お友達のプレゼントに、お金をかけなくてもアメやお手紙を入れて渡すだけで、手作り感のある、気持ちのこもった贈り物が出来上がります。

お家にスターバックスの紙袋や、伊勢丹の包装紙などがあれば、折り紙サイズに切って作る事で、更にリアルなミニチュアサイズの紙袋が出来上がります。

お子さんだけでなく、大人も盛り上がること間違いなし!です。

たくさん作って、並べてもインテリアとしておしゃれな飾りになりそうですね。

男の子も女の子も、大人まで完成すると楽しい紙袋!ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ