折り紙・お守りで気持ちを伝えよう!世界で一つのオリジナルお守り

コメントを見る0
2019/01/31

身近な人にエールを送りたいときや、大切な人の身を案じるときに、欠かせないのが「御守り」です。日本人らしい細やかな心遣いを伝えられる、素敵なアイテムですよね。

神社やお寺でもらってくるのも良いですが、手作りお守りで、もっともっと気持ちを込めてみませんか?

お子さんの幼稚園受験や、発表会、運動会など緊張を和らげてあげるのにもお役立ち!ですよ。中にメッセージを込めて折ってあげてみていはいかがでしょうか。

自宅で手軽に制作できる、折り紙お守りの作り方を紹介します。

「お守り」の作り方は意外と簡単!さっそくチャレンジ

用意するもの

  • 折り紙(好きな色・柄) 1/2枚
  • マジックペン

折り紙でお守りを折る折り方の手順画像

折り紙で作るお守りの材料は、非常にシンプルです。誰のためのお守りなのかを意識して、折り紙を選ぶとより一層心がこもった作品になりますよ。

では早速、折り紙を折っていきましょう。制作時間は、約3分です。手軽に挑戦してみてください。

1.折り紙を広げます。

折り紙でお守りを折る折り方の手順画像

2.折り紙の端を1センチ~1.5センチ程度折ります。

折り紙でお守りを折る折り方の手順画像

3.折り紙の中央に、折り目を入れます。ただしこのとき、目印を入れるのは、折り紙の両端だけにしておいてください。

折り紙でお守りを折る折り方の手順画像

中央に線が入ると、出来上がったお守りの中央に折り目が入ってしまいます。美しく仕上げるためにも、目印となる折り目をつけるのは「端っこのみ」を意識しましょう。

4.折っていない方の角を、中心の折り目に向かって三角形に折ります。

折り紙でお守りを折る折り方の手順画像

5.上下を中心の折り目に向かって、折ります。

折り紙でお守りを折る折り方の手順画像

6.三角形の方を少し折ります。

折り紙でお守りを折る折り方の手順画像

7.両方の端を合わせて、中心で折ります。

折り紙でお守りを折る折り方の手順画像

8.上の左右の隅を反対側に折り曲げます。

折り紙でお守りを折る折り方の手順画像

10.中央の折り曲げた部分を、折り紙の内側へと挟み込みます。

折り紙でお守りを折る折り方の手順画像

折り紙でお守りを折る折り方の手順画像

11.形を整え、表に文字を書いたら完成です。

折り紙でお守りを折る折り方の手順画像

折り紙でお守りを折る折り方の手順画像

より本格的なお守りに近付けたいときには、お守りらしいフォントの文字を印刷し、貼り付けるのがオススメです。誰でも手軽に、好みのお守りを作ることができますよ。

中にメッセージを入れて、世界で一つだけのお守りに!

せっかくの手作りのお守りですから、ちょっとした工夫で「世界に一つだけ」のスペシャルな作品にしてみましょう。

オススメは、「お守りの内部にオリジナルメッセージを入れる」という方法です。

折り紙でお守りを折る折り方の手順画像

小さめの紙に入れて、お守りの中にそっと忍ばせておきましょう。

折り紙の中にメッセージを仕込むときには、手順5のタイミングがオススメです。

折り紙でお守りを折る折り方の手順画像

メッセージを置いて、上下を中心へと折ることで、しっかりと包むことができますよ。メッセージの内容は、応援したい内容によってアレンジしてみてくださいね。

色・柄アレンジで魅力的なお守りいろいろ

一枚の折り紙でシンプルに作れるお守りだからこそ、色や柄を工夫することで、いろいろなバージョンのお守りを作れますよ。

シックな和柄の折り紙で、リアルなデザインのお守りになります。

折り紙でお守りを折る折り方の手順画像

桜があしらわれた折り紙を使えば、「サクラサク」で合格祈願にピッタリです。

折り紙でお守りを折る折り方の手順画像

キュートな柄の折り紙では、恋愛祈願の可愛いお守りを作ってみては?

折り紙でお守りを折る折り方の手順画像

緊張しがちな音楽発表会は、楽譜柄のお守りで成功を祈願してみましょう!

折り紙でお守りを折る折り方の手順画像

可愛らしいデザインに気持ちを込めて、ぜひ大切な人に渡してみてください。「ガンバレ!」の気持ちが、ダイレクトに届くのではないでしょうか。

紐やリボンでより本格的な仕上がりにしよう!

そのままでも可愛い折り紙お守りですが、紐やリボンをつけることで、より本格的な仕上がりになります。

まずは穴あけパンチで、お守り上部に穴を開けます。

折り紙でお守りを折る折り方の手順画像

そこに好みのリボンや紐を結んだらOKです。

折り紙でお守りを折る折り方の手順画像

目に付きやすいところに飾ってみたり、バッグにつけてみたりと、紐・リボンを取り付けることで、さらにお守りらしく楽しめるでしょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ