ポーセリンを子どもと一緒に!記念になる世界で一つの食器づくり

コメントを見る0
2018/07/13

陶器に転写シートを貼り付けて、自分が好きなようにデザインをした後に800度の高温で焼き付けを行うポーセリンは、今人気急上昇のアート作品の一つです。

アートというと敷居が高そうですが、ハサミが使えるくらいの子どもなら、大人が少しお手伝いをしてあげれば作品はができます。親子で楽しめるアートです。

選んで貼るだけ。簡単にできるポーセリンの魅力

ポーセリンは陶器に自由にデザインをして楽しめるアート作品ですが、初心者でも簡単にできることで人気を集めています。

転写シートという、すでに絵が描かれているシートを切り抜き、自分が好きなところに張り付けていくだけで、完成度が高いオリジナル作品が作れます。

800度の高温で焼き付ける必要がありますが、教室やサロンで焼き付けだけお願いできれば、自宅でも気軽にポーセリンアートを楽しめます。

白磁器と転写シートさえあればOKという手軽さ

教室やサロンに行けばベースとなる陶器や転写シートが数多く揃っていますが、自宅でもインターネット通販などを利用すれば、ポーセリン用の白磁器や転写シートは購入できます。

高温での焼き付けが必要なので、ポーセリン用の白磁は専用の物を選ぶようにします。

白磁だけではなく、ガラスや色付きの陶器などでも、ポーセリン用のものであれば焼き付け時に壊れる心配はありません。

最初はどのように転写シートを使えばよいのか。貼り方はどうしたらいいのか。といったポイントを知るために、インストラクターに教えてもらうことをおすすめします。

転写シート以外にも、セラミックマーカーや上絵の具も使える

あらかじめイラストなどがデザインされている転写シート以外にも、チャイナペイントのように絵をかいてみたい。子どもに絵を描かせるということもできます。

セラミックマーカーや上絵の具など、陶器に描ける道具を使えば、オリジナルのイラストも描けます。

子どもの手形を残したいというような時には、上絵の具を子供の手に塗って、磁器にぺったんと手形を押せばOKです。

失敗したら洗い流せばまたやり直しも可能です。子どもの手形はなかなか上手に押せないことも多いので、やり直しができるのは嬉しいですよね。

記念写真をそのまま陶器に写せる教室もある

教室やサロンによっては、あらかじめ写真のデータを送っておくと、写真を転写シートにしておいてくれるところもあります。記念プレートを作るときには便利です。

子どもが紙に書いたイラストを、データ化して送っておけば、子どもが描いたイラストの転写シートができるため、よりオリジナリティが高い作品を作ることも可能です。

インターネット上にも、写真やイラストを転写シートに加工してくれるショップがあります。完成までには時間がかかりますので、余裕をもって依頼しましょう。

焼き付けるから色落ちしない、褪せない、残せる作品

ポーセリンで手形や写真、イラストなどを焼き付けることにはいくつかのメリットがあります。

普通のインクや写真にくらべ、焼き付けるために色落ちすることがありません。色褪せもありません。

陶器やガラスなので、取り扱いには注意が必要ですが、紙のように簡単に切れてしまったり、破れてしまうこともありません。

子供の成長の記録や、長い期間にわたって残しておきたいという気持ちごと、ポーセリンで焼き付けてしまうのもおすすめです。

毎年子どもの写真や手形を陶器に焼き付け、我が家オリジナルのイヤープレートをつくるのも楽しいですね。

名前入りなら愛着も沸く。プレゼントにしても喜ばれる

陶器は落とせば割れますし、乱暴に扱えば壊れてしまうため、子どもに使わせることをためらう親御さんも多いですよね。

ですが、名前入りの陶器は子どもにとっても愛着が持て、大切に取り扱うことも多くなります。

お友達の子どもが生まれた時や、お誕生日プレゼントなどにも、名前入りの食器は喜ばれますよね。お誕生日や産まれた時の体重なども入れられます。

ポーセリンなら気軽に名前入りのオリジナルの食器を作れるため、自分のためだけの食器、世界で一つだけのプレゼントを贈ることができます。

子供と一緒ならプレートやタイルがおすすめ

丸みがあるお茶わんやコップ、湯飲みなどは、転写シートが張り付けにくいため、子どもと一緒にポーセリンを楽しむのであれば、プレートやタイルなど、平面が多いものを選ぶようにします。

スクエアタイプのお皿であれば、平面も多く大きな転写シートも張り付けやすくなります。

自分がデザインしたお皿にお料理を載せてあげれば、普段食が細い子どもでも食事を楽しくもりもりと食べるようになる可能性もありますよ。

気軽にポーセリン体験ができる施設

実際にポーセリンを体験してみたいと思っても、どこでできるか分からない方に、おすすめの施設をご紹介します。

自然の中でポーセリン体験

栃木県のリゾート地としても知られる那須高原にあるコミュニティガーデン那須倶楽部では、1,500円から気軽にポーセリン体験ができます。

ベースになる白磁の種類も多く、子どもに人気がある動物柄の転写シートも豊富です。家族そろってリゾートを満喫しながら、ポーセリンを楽しんでみてはどうでしょうか。

施設内にはカフェもあり、オリジナルピザやケーキなども食べられます。冬季を除けばキャンプも楽しめます。

【施設詳細】
施設名:コミュニティーガーデン那須倶楽部
住所:栃木県那須郡那須町大字高久丙1224
営業時間:平日12:00~17:00/土日祝日10:30~17:00
定休日:火曜日

2歳からできる伊豆高原の体験工房

静岡県の伊豆高原にある伊豆高原体験工房ふわりは、2歳からポーセリンを体験できる施設です。白磁だけではなく、ガラスのポーセリンも体験できます。

お子様は王様というスタンスの体験工房で、ベビーカーも使える子ども連れには嬉しい体験工房です。

体験後約1週間ほどで自宅に宅配便で届けてもらえます。(繁忙期は約3週間)

【施設詳細】
施設名:伊豆高原体験工房ふわり
住所:静岡県伊東市富戸1317-2414
営業時間:10:00〜16:00
定休日:木曜日

子ども連れ歓迎のポーセリン、ポーセラ-ツの教室を選ぼう

ポーセリンは白磁にデザインをしていくため、教室には陶器が沢山あるケースが多く、子どもが触ってしまって割ってしまうというトラブルもあります。

教室選びの際には、子ども連れ歓迎の教室を選ぶようにすると安心です。

最近ではショッピングセンターなどのイベントとしてポーセリン体験などを実施していることもあります。また、観光地でもポーセリン体験ができるところも増えています。

まずはこのような体験を試してみることもいいですね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ


マーチについて

MARCH(マーチ)では、妊娠や子育ての先輩たちが、ためになる情報を毎日配信しています!新米ママ&パパはぜひご覧ください♪