胎盤剥離の明確な原因は未だ不明…どんな時に起こりやすいかチェック

コメントを見る0
2017/08/25

妊婦さんが悩んでいる様子

胎盤はママと赤ちゃんを繋いでいる、命綱のような組織です。それが剥がれてしまうと、母子ともに非常に危険!特に赤ちゃんは生死に関わります。

原因はなんなのでしょうか。胎盤剥離が進行している時、ママのお腹の中ではどんなことが起きているのでしょうか。

胎盤剥離の原因となる病気や、生活習慣、胎児の症状などについてまとめました。

胎盤剥離のはっきりした原因は分かっていません

常位胎盤早期剥離の原因は、まだはっきり分かっていません。仮説はいくつか立てられているのですが、確実なものではありません。

いつ、どんなときに起こるのか、予測するのが難しい病気です。そのため、妊娠が分かったら自分にも胎盤剥離のリスクがあることを忘れないでください。

ちなみに、妊娠初期に、形成不全な胎盤が剥がれて胎児が子宮外に流出してしまうことは、流産というカテゴリーに分けられます。

胎盤剥離と診断されるのは、妊娠の中期から後期に起こるケース。発症率は全妊娠中の0.5%程度と低めです。

しかし対処はとても困難です。原因が特定されていないため、それまで経過から発症を予測できまないのです。健康だった妊婦さんが突然胎盤剥離を起こすこともあります。

逆に、妊娠前から何かの持病があっても胎盤剥離が起こらずに無事出産を迎えられるケースもあります。

妊娠とは人によって本当に多様です。胎盤が作られる過程や、赤ちゃんの育ち方は一人一人違います。胎盤剥離の原因も、人によってちがうのです。だから原因の特定が難しいのです。

原因がはっきりしないと、妊娠中のプレママは不安ですよね。そこで、「これが原因では」と今考えれている理由をまとめました。

▼常位胎盤早期剥離の徴候についてはコチラも参考にしてみて!

原因として有力なのは、「妊娠初期の胎盤の形成不全」

胎盤剥離はなぜ起こるのか。それは卵子が着床した後、胎盤の形成がうまく行っていないからです。では、なぜ胎盤が形成不全を起こすのか、その理由もまだよく分かっていません。

子宮壁へ胎盤が作られ始めると、母体から赤ちゃんにたくさんの酸素を送届けるため、壁に密着する血管は太く丈夫なものが作られます。

一度、お母さんの子宮の血管を壊し、もう一度作り直します。この働きを通して、母体は子宮と胎盤の接着面を大きくしていると考えられています。

この作り直し作業が上手くいかない時は、太くて丈夫な血管が出来ません。子宮の壁との癒着が不安定になってしまいます。

形成不全になった胎盤は、お母さんの身体と密着する力が弱いのです。そのため剥がれ落ちやすくなってしまいます。

胎盤が剥がれてしまう原因の調査は進んでいますが、最も有力な説が、妊娠初期の形成不全なのです。

胎盤剥離の原因、その他の仮説5つ

断言はできませんが、胎盤剥離の原因は他にもいくつか考えられています。今後の研究が待たれるところですね。

どういった状態、症状が現れた時に胎盤剥離が起こりやすいのでしょうか。そのことをしっかり頭に入れておきましょう。

妊娠高血圧症

なぜ妊娠高血圧症候群になると、胎盤剥離のリスクが高まるのかというと、先程述べた「胎盤の形成不全」と関係します。

赤ちゃんの体にたくさんの酸素と血液を届けるために、胎盤と子宮を繋ぐ血管は太いものが理想です。

太い血管が胎盤と子宮をしっかり繋いでいれば、それだけ胎児が大きく健康に成長して行きます。

しかし、妊娠高血圧症候群のお母さんは、胎盤の形成不全によって、接着面が不安定になっています。そのため血液が赤ちゃんに送られにくいのです。

母体の血圧が高くなってしまうことで、血管の内壁は傷つきやすくなります。傷ついた箇所を修復するために血管は収縮を始めます。

胎盤の血管も収縮してしまい細くなります。そうすると、子宮の壁にくっついていることが出来なくなり、剥がれ落ちる可能性が出てきます。

喫煙

ニコチンは、筋肉を緊張させる作用を持っています。

タバコを吸うとニコチンの作用で筋肉が緊張し、堅くなった血管は細く縮んでしまいます。

また、タバコの煙の中に含まれる一酸化酸素は、血中のヘモグロビンとくっつきやすく血液をどろどろにしてしまうのです。

結果として胎盤の血管が詰まりやすくなり、組織が壊死してしまい、そこから胎盤剥離が起こります。

ニコチンを摂取することによって、血管そのものもぼろぼろに…。細い胎盤の血管は、更に影響を受けて損傷しやすくなります。

そして、血管の損傷した箇所から血が溢れて、血腫を作り胎盤が剥がれ落ちる原因となります。

腹部への衝撃

ボールのような軽いものがぶつかっただけでも、剥がれ落ちる可能性が。

胎児と子宮を繋いでいるのは、胎盤分葉などの細かな塊で出来ている非常に不安定で柔らかい組織。いずれは剥がれ落ちるものなので、子宮の壁とぴったり癒着しているわけではありません。

逆に胎盤が子宮と癒着してしまうと、産後に上手く剥がれず、子宮全摘出になることも。

ちょっとした衝撃でも壁から剥がれてしまうというメカニズムです。

子宮筋腫

子宮筋腫は良性の腫瘍なので、通常は自然放置します。

自然放置できず問題になるのは、筋肉の内側にめりこむようにある腫瘍。筋肉の内部に腫瘍が出来てしまうので、子宮が変形してしまいます。

その変形部分が胎盤の出来る位置にあたると、腫瘍のでっぱりのせいで胎盤が上手く子宮と密着できません。

そのため、胎盤と子宮の壁の間に隙間が出来てしまい、胎盤剥離が起こりやすくなるのです。

胎児の先天性奇形

胎児の先天性奇形は、内臓の異常、神経の異常、分泌系の異常、手足や顔、耳などの異常など様々。なぜ先天性奇形が起こってしまうのか、よく分かっていません。
赤ちゃんに奇形が生じている場合、胎盤の形成が上手くできていない確率が高いのです。

子宮の壁にしっかりと接地出来ていないので、ちょっとした衝撃でも剝がれやすくなっています。

▼胎盤剥離が起こったときの母子のリスクについてはコチラも参考にしてみて!

はっきりした原因は不明…まずは考えられる要因に注意を!

はっきりとした原因が分かっていませんが、妊娠した時の妊娠したときの胎盤形成不全が最も有力は説なので、ここについて対策しておくことが重要です。

特に、喫煙とお腹の衝撃。この2点が、妊婦さんの日常でもっとも起こりやすい胎盤剥離の原因と言えます。

原因がわからないのだから何も出来ない、ということはありません!妊婦さんが気を付けることで胎盤剥離を防ぐことも出来るのです。

これが原因、という仮説をよく覚えてくださいね。それを避けるように妊娠生活を送ることで、胎盤剥離を予防することにきっと繋がります。

▼胎盤剥離の予防についてはコチラも参考にしてみて!

▼胎盤剥離が起きた時の対処方法についてはコチラも参考にしてみて!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ