スキンシップは赤ちゃんに不可欠!成長との関係と実践方法

コメントを見る0
2017/11/08

赤ちゃんを抱っこして、肌と肌の触れ合いを体験させることは大きな意味を持っています。抱っこだけでなく、マッサージもスキンシップの一環です。

中には、赤ちゃんとどうやってスキンシップを取ったらいいのか、迷っているママも居るでしょう。

言葉のしゃべれない赤ちゃんとスキンシップを取る時のコツとは、どのようなものでしょうか。具体的に解説しましょう。

赤ちゃんの成長を促すスキンシップ

肌と肌の触れ合い、つまり、ママや家族の体温の感じられる子育ては、赤ちゃんの健康な成長のために不可欠とされます。

かつては、「抱き癖がついて泣き止まなくなるから」と、赤ちゃんをなるべく抱っこしないように育てていました。

最近ではこの考え方はあまりよいとされません。むしろ、泣いたらちゃんと抱っこをして、肌の温かさを感じさせてあげることが重要と考えられています。

成長ホルモンの分泌が盛んになる

スキンシップが成長を促す理由として、副交感神経の働きを活発にさせるから、という説が一般的です。

赤ちゃんを抱っこしてあやしたり、マッサージをして手のぬくもりを感じさせてあげることによって、赤ちゃんの副交感神経が働いてリラックスできます。

このリラックスした状態では、赤ちゃんの脳から成長ホルモンの分泌が促されるのです。成長ホルモンは体を作ったり、抵抗力をつけたりする重要なホルモンです。

なので、スキンシップをしっかり取った赤ちゃんは体が丈夫になり、成長も早く、健康に育つ例が多いのです。

▼ベビーマッサージについてはコチラも参考にしてみて!

スキンシップが無い事で起こった弊害

20世紀初頭に、孤児の赤ちゃんを使って、スキンシップや愛情表現を全く与えないという実験が行われました。

その結果、被験者にされた赤ちゃんの大半が死んでしまうか、成人後も障害が残ったりしたのです。

その原因は、肌の触れ合いを経験出来なかったことから、成長ホルモンが正常に分泌されず、免疫が低下したことと考えらえています。

あまりにも痛ましい結果から、現在ではこのような非人道的な実験は行われません。しかし、スキンシップの重要性を伝える目的から今でも語られているのです。

生後すぐからできるスキンシップの方法

スキンシップの基本は、先ず抱っこをする事。と言うより、生まれたばかりの赤ちゃんはほぼ抱っこしてあげる事しか出来ません。

ミルクやお乳の時間も大事なスキンシップです。でも、それ以上にどんな風に触れ合ったらいいのか、生後すぐは特に悩んでしまいますよね。

そこで、赤ちゃんがうまれてすぐから実践できる、スキンシップの取り方を紹介します。赤ちゃんと楽しい時間を過ごしましょう。

ふれあい遊びを実践!

一日中寝転んだままの赤ちゃんでも、一緒に遊ぶことが出来ます。言葉掛けをして、遊びの時間を取ることも、子供の成長によい影響を与えます。

おすすめなのが「ふれあい遊び」。ママや家族が赤ちゃんの体にたくさん触れることで、一緒に遊びます。

やり方
赤ちゃんの手、足、頭、目、口など、身体の各パーツにふれながら、「○○ちゃんのおてて」「ここがおつむ」「かわいいおくち」など声掛けする。

この遊びを通して、赤ちゃんは自分の身体の具体的なイメージを獲得して行きます。その結果、動作が活発になり、様々なことに興味を持つようになります。

発展形もあります。

  • ママの各パーツと赤ちゃんのそれを交互に触って、「ママのお鼻」「○○ちゃんのかわいいお鼻」と声をかける
  • 2本指で赤ちゃんの上をとことこと歩くしぐさをしながら、「次はお腹にいくよ」などと話しかける

触れる事と、声をかけることを同時に行うことに意味があります。その際は、出来るだけ目を合わせて、赤ちゃんのことをしっかり見ていると分からせてあげましょう。

首が座ってきたら「運動遊び」

生後3ヶ月ごろから赤ちゃんの首が座って来ます。そうなると、よりダイナミックなスキンシップも可能になります。

同時に、赤ちゃんの身体を鍛える事にもつながります。

  • 足を持って伸ばしたり屈伸したりする
  • 手を持ってぶらぶら揺らしたり、万歳をする
  • 赤ちゃんの背中に手を入れて、胸を軽く反らせる
これらの遊びは、赤ちゃんの筋肉を刺激して、発達を促します。運動遊びを繰り返すことによって寝がりやハイハイの予行演習も出来ます。

歌を歌ったりして、リズムに合わせながら行うとより効果的です。テンポのいい動きが身に付くからです。

ただ、まだ身体は成長の途中ですから、あまり強く刺激する事には注意が必要ですよ。あくまで優しく、丁寧に、が基本です。

メリットたくさん!ベビーマッサージ

スキンシップを取る方法は、遊ぶだけではありません。赤ちゃんをリラックスさせる手段として、ベビーマッサージもおすすめです。

ベビーマッサージには様々なやり方があります。首をしっかり守りながら行えば、生後1ヶ月から実践可能です。

お風呂の前などに、赤ちゃんを裸、あるいはおむつだけにして両手にマッサージ用のココナッツオイルやオリーブオイルなどをつけ、お腹や足をさすります。

この時、力を入れ過ぎないように、強く押したりしないように気を付けましょう。内臓を圧迫してしまう危険があります。

ベビーマッサージをすると、赤ちゃんの眠りが深くなったり、夜泣きが無くなったり、情緒が安定するなどメリットがたくさんあります。

専門家による出張ベビーマッサージや、教室、自治体主催の講習会などマッサージを覚える機会もさまざまです。

是非、講習会などに参加して家庭でマッサージを習慣化できるようにしましょう。もちろん成長ホルモンを分泌させて、成長を促す効果も期待できます。

▼ベビーマッサージのオイル選びについてはコチラも参考にしてみて!

成長と健康のために欠かせません!積極的なスキンシップを

赤ちゃんとスキンシップをとることは、健康に大きくなるために不可欠な行為です。スキンシップをもらえなかった赤ちゃんの例で明らかでしょう。

体に直接触れると言うことに意味があります。だっこ、ふれあい遊び、マッサージ等を通してママの温かさを赤ちゃんに伝えましょう。

スキンシップをもらった子供は、情緒が落ち着いて優しい子に育ちます。集団生活で必要になる力です。生まれた頃から育んであげられるといいですね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ