妊娠したい夫婦は知っておこう!「妊娠しやすい体作り」について

妊活をしようと思っている夫婦

『いつかは妊娠したい』と思っていても、妊娠は決めたらすぐに出来るものではありません。また、女性は年齢が上がると共に妊娠しにくい体に変化してしまいます。

子供を持ちたいと思った時に、妊娠しやすい体でいるためにも、普段から妊娠しやすい体質作りを心がけておくことが大切です。

妊娠の可能性を下げる原因を知って対策を!

妊娠はしやすい人とそうでない人がいます。妊活を始めてから子供を授かるまでに1年~2年かかるという場合も稀ではありません。

25~30歳代の妊娠の確率は約25~30%といわれていますので、妊娠することは奇跡とも言えますね。

また、1人目を産んで2人目が欲しいなーという方も、『二人目不妊』という問題が起こる可能性もあります。

▼二人目不妊についてはコチラも参考にしてみて!

では妊娠の可能性を下げる原因は一体何なのでしょうか。

冷え・冷え性

妊娠には冷えが大敵と言われています。また、妊娠後は自律神経が乱れるなどで、それまで冷えていない人も冷え始めたり、逆に多汗になったりします。

体温の管理はとても難しいのです。

薄着ファッションや無理なダイエットなどで体の冷えが続くと、体の血液のめぐりが悪くなり、全身に栄養や酵素などが上手くいきわたらなくなっていきます。

また、働く女性が増えてきた中、長時間のデスクワークや長時間のハイヒール着用が筋肉をこわばらせ、冷えや血行不良を招いてしまっています。

半身浴や足湯を取り入れて、骨盤内を温める効果を期待しましょう。

▼冷えと妊娠との関係についてはコチラも参考にしてみて!

▼妊活に効果ありの漢方についてはコチラも参考にしてみて!

運動不足

デスクワークで一日あまり動かなかったり、摂取カロリーに対しての適度な運動を取り入れていないと筋肉不足になり、体温が上がらない(冷える)原因となります。

毎日続けられる適度な運動が効果的です。

散歩したり、体の筋を伸ばすなど、日常生活の中で簡単にできることがおすすめです。

筋肉の70%は下半身についているので、下半身の血行をよくしてあげることが冷えの解消につながっていきます。

また、適度な運動を行うことで自律神経が整うので、体の温度調整機能も整っていきます。

それによりホルモンバランスも整っていくので、未然に冷えを防ぐことができるんです。

▼妊活中におすすめの運動についてはコチラも参考にしてみて!

睡眠不足・睡眠の質が悪い

また昼夜が逆転していたり睡眠時間が短かったり生活が不規則になると、疲労がどんどん蓄積され、それに伴いストレスの増加・ホルモンバランスの乱れが起きる可能性があります。

自律神経が乱れると体の冷えにつながることを先に紹介しましたが、それを整えるために、生活にメリハリをつけ、睡眠の質をよくすることが大切です。

質のよい睡眠は、神経の緊張をほぐし、自律神経のバランスを整えます。これにより生殖機能のリズムも整っていきます。

▼妊活中に質のいい睡眠が必要な理由についてはコチラも参考にしてみて!

ダイエットや偏食などの食生活の乱れ

3食きちんと食べなかったり、スナック菓子やインスタント食品等栄養の偏ったものばかり食べていると、生理不順や冷え性、卵巣の働きの低下など妊娠を妨げる原因を引き起こす可能性もあるんです。

無理なダイエットをせず、よく食べ、よく寝て、よく運動すれば健康な体型は整っていきますよ。

体にとってできるだけ自然なもの、消化に負担がかからないものを積極的に摂取することで、生理や月経前症候群、腰痛などの体の不調が改善していきますよ。

また、最近やけにイライラするな、と思うことがあったらタンパク質やカルシウムが足りているか、食生活を振り返ってみるといいかもしれませんね。

▼妊活中のダイエットについてはコチラも参考にしてみて!

▼妊活中におすすめの食生活についてはコチラも参考にしてみて!

▼妊活中にNGの食生活についてはコチラも参考にしてみて!

鉄分不足で貧血気味…

妊娠が進むと、今まで貧血ではなかったのに貧血を感じる方も多いです。

赤ちゃんがお腹にいることで、血液量自体が増える中、赤血球自体がそれほど増えないことで起こると言われます。

もともと貧血気味の体質の方は、妊娠前に改善しておく方が得策でしょう。

▼妊活と鉄分との関係についてはコチラも参考にしてみて!

骨盤のゆがみ

妊娠しやすくなるためには赤ちゃんが宿るお腹周りの環境を整えるのも大切なこと。足を組んで座るのが癖だという方はいませんか?

足を組んで座るのは骨盤の歪みの原因になってしまい子宮や血流に影響が出てしまいます。

姿勢の悪さが気になるようならば、正しい姿勢でのウォーキングや骨盤ストレッチで歪みを解消するといいでしょう。

生理不順

冷えは、女性特有の卵巣機能、黄体ホルモン分泌などの生殖機能の低下を招く恐れが出ます。

生理が遅れたり、生理不順でタイミングがバラバラだったりすると、妊娠の可能性を下げてしまいます。

また、長期間生理が来ないという事は、子宮が収縮してしまい、妊娠しにくい体質になってしまうのです。

現代の女性は、生理が来ないことがあっても普通に感じられてしまうほど、月経不順が日常化しています。

「そういう時もあるさ」ではなく、しっかり改善していくことが大切です。

▼生理不順と不妊の関係についてはコチラも参考にしてみて!

ストレスがある…

ストレス社会といわれる現代では誰しもが一つ二つストレスを抱えているものですが、妊娠は意外にメンタルに左右されるのでストレスはなるべく溜めないように、上手に付き合っていけるといいでしょう。

仕事や人間関係でのストレス、不安や心配事は交感神経を興奮させ、血管を収縮させるため、これが冷えへとつながりホルモンへ影響を与えます。

ストレスは、副交感神経がを活性化させ、血流障害・冷えを促します。

また、不正出血などを引き起こしてしまう場合も。

また、妊活中の女性が一番ストレスを感じるのが実は「赤ちゃんが欲しいのに授からない」という部分です。

妊娠の確率はとても低いという事を理解し、「赤ちゃんは授かりものだから」ぐらいの気持ちで妊活を楽しみましょう。

▼ホルモンバランスの乱れについてはコチラも参考にしてみて!

▼妊娠できない…というストレスについてはコチラも参考にしてみて!

高齢に伴い卵子の質が低下…

女性は生まれたときに卵子の数が決まっているといわれていますので、年齢が進むにつれて確実に卵子の老化は進んでいきます。

妊娠しやすい年齢は、20歳代でそれ以降はどんどん下降線をたどっていくといわれています。

▼高齢出産と妊活についてはコチラも参考にしてみて!

喫煙

煙草は、妊活を意識したらすぐにやめましょう。卵子を老化させ数を減らしてしまうため、自然妊娠の確率を下げてしまいます。

更に妊娠してからも、煙草が及ぼす影響としては、流産や早産、低体重児やSIDSの発症リスクが高くなる、不妊治療における体外受精の成功率を低下させてしまうということが分かっています。

受動喫煙でも影響がありますので、パパママ共に対策をしていきましょう。

▼妊活と煙草の関係についてはコチラも参考にしてみて!

持病がある

持病を抱えている人も要注意です。病気の治療中は様々な薬を服用している事もあり、妊娠しにくくなってしまうのです。

またなかなか妊娠できないという場合は、多嚢胞性卵巣症候群などの卵巣機能に関わる病気であったり、低血糖症からの排卵障害が起こっている可能性もあります。

子宮筋腫や子宮内膜症が不妊の原因になっていることも。

持病を抱えている人は早めの完治を目指し、治療しながら妊娠を考えている人は主治医に相談し、妊娠の計画を立てていくようにしましょう。

▼多嚢胞性卵巣症候群についてはコチラも参考にしてみて!

▼卵管閉塞についてはコチラも参考にしてみて!

▼子宮内膜症と不妊との関係についてはコチラも参考にしてみて!

パパ側の妊活が出来ていない!

妊活はママのみならずパパにも必要です。パパの妊活はズバリ健康な体を維持して健康な精子を作ること。

精子はその都度作られるので、お疲れ気味の日に作られた精子はお疲れ気味になってしまいます。

また疲れていると、夫婦生活自体がない…という可能性も。

妊活中の男性におススメの栄養素が「亜鉛」。最近少し疲れているなという方は積極的に摂ることをおススメします。

妊活は女性だけ、男性だけが頑張るものではありません。2人の愛の形を授かるために、一緒に励まし合いながら頑張っていきたいものですね。

努力をしてもなかなか妊娠できない…という場合は、パパ側に問題があるかもしれないので、検査も同時に受けておくことをおすすめします。

▼パパ活についてはコチラも参考にしてみて!

▼男性の検査についてはコチラも参考にしてみて!

排卵日を知らない…タイミングが分かっていない!

妊娠確率を上げるためには、排卵日を知ることがとても大切です。基礎体温をしっかりと記録したり、排卵検査薬などでタイミングをはかりましょう。

基礎体温の正しい測り方や見方もしっかりと知っておく必要があります。

より精密に測りたい、知りたいという方は病院で調べてもらいましょう。

▼排卵検査薬についてはコチラも参考にしてみて!

▼基礎体温の測り方についてはコチラも参考にしてみて!

▼婦人科検査についてはコチラも参考にしてみて!

妊活中に特に必要な栄養素は「葉酸」

妊娠の予定のある人や望んでいる人には、妊娠の前からの意欲的な摂取が必要です。子供の脳や神経系が妊娠3ヶ月頃までの間に発達する中で、「葉酸」を必要とするからです。

不足すると、先天性異常や障害のリスクが高まるとさえ言われているのです。

ただし、食べる物からのみの摂取は難しいため、サプリメントで摂るのが一般的になっており、薬局はもちろんスーパー等でも購入することができます。

ラムネタブレットのもの、錠剤のもの、色々出ていますのでご自分のお気に入りを見つけてみませんか?

また、葉酸はカテキンに弱いという研究結果もあるようなので、葉酸を意識的に摂る時期には、緑茶などは避けたほうが良いです。

▼妊活中から葉酸を摂取したい理由についてはコチラも参考にしてみて!

予防接種や歯の健診も忘れずに!

妊娠する前に婦人科検査と共に受けておきたいのが、予防接種や歯の健診です。

妊娠中にかかると子供に障害が残ってしまう感染症もあるので、妊娠前に自身に抗体があるかどうかを調べておく必要があります。

また、妊娠から出産にかけてカルシウム不足になりがちなので歯にも影響がでたり、歯周病が早産を引き起こす原因となっているので必ず受診して悪い部分を治療しておきましょう。

▼妊活前からの検診・予防接種の必要性についてはコチラも参考にしてみて!

まずはストレスなく気軽に「健康的な体作り」を初めてみませんか?

いつか妊娠したいと思った時に、過去の人生を後悔することがないよう、今から健康的な生活の基盤を作っておくことが大切です。

健康な体づくりは妊娠・出産だけにしか役立たないということはありません。

体の健康は、心も健康にします。赤ちゃんをきっかけに自分の健康を見なおしてみましょう。

妊娠しやすい体になるために是非、今からできる、そしてストレスなくできる『毎日の生活スタイルの見直し』をしてみてはいかがでしょうか。

▼妊活にアロマを取り入れる方法についてはコチラも参考にしてみて!

赤ちゃんを授かるための妊活においては、ただ排卵日やタイミングを気にするだけでなく、妊娠しやすい体を整えておくことが大切です。 生活の見直しやお手頃な市販サプリメントの使用から、本格的な医療機関での不妊治療まで、妊活には様々な方法がありますね。 しかし...

続きを読む

「赤ちゃんが欲しい!」結婚して数年、知識も自分の体への関心も薄かった私は、「若いし子供は望めば比較的すぐできるだろう」と浅はかな考えを持っていました。 思うように妊娠できず、とりあえず基礎体温を計り始めてみることにした私は、理想形との違いに驚き、初めてそこで「...

続きを読む

幸せな結婚式から新婚生活へと進み、幸せな毎日を満喫していると「もうそろそろ家族が増えてもいいかな?」と赤ちゃんのお迎えに前向きに考えるご夫婦もいらっしゃるのではないでしょうか。 赤ちゃんは授かりものですが「夫婦で仲良くしていればそのうち授かるよね」なんて気長に...

続きを読む

PCOSは内分泌異常であると考えられていますが、原因やメカニズムは未だ不明なところも多く、根本的な治療法・治療薬はありません。 また、PCOSは自然治癒の可能性もある極めて不安定な病です。婦人科での治療の他に、漢方などを用いることもありますが、特に治療をせ...

続きを読む

不妊の原因となるものは様々ですが、妊娠しにくい症状として「多嚢胞性卵巣症候群」と呼ばれるものがあります。 あまり知られていない病名ですが、実は気が付いていない人もかなり多いようです。 どんな病気なのか?どんな人がなりやすいのかなどを見ていきましょう。 ...

続きを読む

本当に妊娠できるのか不安を抱えながらも、生理不順を放置していませんか?忙しいと優先順位が下がってしまい、理不順を放置している状態が続くこともあります。 生理不順=妊娠できないというわけではなく、基礎体温をつけ、排卵日にタイミングを合わすことが出来れば妊娠す...

続きを読む

生理不順(月経異常)の状態では妊娠しにくいと言われているため、生理不順であることに悩み、不安を抱えている女性は多いです。 そして不安に思いながらも、日々の生活に追われて生理不順を放置したままという方もいらっしゃるのでは? 将来的に妊娠を望んでいるのであれ...

続きを読む

ヨガは呼吸をしながら体を動かす有酸素運動で、血行を良くしたり、インナーマッスルを鍛えたりできるので、妊活にピッタリな運動です。 ヨガは難しく、柔軟性のある人がやるものと思っている方もいますが、簡単なポーズや体の硬い部分をサポートしながら実施する方法もあります。...

続きを読む

妊活にはタンポポ茶が良いと聞きますが、一方で、漢方の世界では「タンポポは体を冷やす」とも言われます。 不妊を改善するカギは、タンポポの葉から抽出される「タンポポT-1」という成分にあります。「タンポポT-1」は女性のホルモンバランスを整え、生理不順や卵巣・子宮...

続きを読む

ダイエットや健康のために取り入れられることが多いヨガですが、これから妊娠・出産を望む人にとっても、嬉しい効果が期待できます。 体が硬いからヨガができないと思っている方も、簡単なポーズと呼吸法を取り入れるところから、ヨガを始めてみませんか? ヨガをすること...

続きを読む