子供の行動が気になる…チックの定義について知っておこう

精神医学的には、チックは子供の1割から2割に見られると言われている精神疾患とされています。

詳しくは、DSM-5という、米国精神医学会編纂の「精神障害の統計マニュアル」(第5版)によると以下に定義されています。

チック症の精神医学的な定義

定義ではチックの症状はどのように分類されているのでしょうか。詳しく見て行きましょう。

暫定的的チック症

この症状のチックは1種類の運動チックや音声チックが現れる状態です瞬き、鼻啜り、奇声などを繰り返すものです。

この暫定的チック症の特徴は、発症してから1年以内で症状が治まると言われていることにあります。

発症年齢は18歳未満の子供で、DSMの定義するところによると、化学物質の生理作用や、医学的疾患を原因とするものではないようです。

発症から短期間のうちに症状が収束するので、重症化する例が少ないのが特徴と言えるでしょう。

持続性運動、音声チック症

1種類以上の運動性チック、または音声チックが同時に現れるチック症の症例です。現れる症状は複数ですが、音声チックと運動チックが併発することはありません。

トゥレット障害

複数の多彩な運動チックと、1種類の音声チックが同時に見られる症状を指して言います。この場合音声チックは2種類以上は出ません。

この症状になった場合、チックの回数は多くなったり少なくなったりすることはあるものの、初めにチックが見られるようになってから1年以上は症状が持続します。

発症年齢は18歳以前であり、他症例と同様に化学物質やその他の医学的疾患、例を挙げるとウイルス性脳炎などによるものではないとされています。

チック症の症状は精神医学の世界ではこの様に定義されています。この症例のどれにも当てはまらないものがあれば。その他のチック症、という分け方をされています。

最近子供に変な癖が着いてしまった、と気になっているママはいませんか?注意しても治らない場合、それはチックかもしれません。 チック症を発症すると、子供はどのような行動をとるようになるのでしょうか。自分の子供の行動は、果たしてチックなのか。 そこでどのような...

続きを読む

チックとは、子供の1~2割に発生する精神疾患の一種だと言われています。多くが3、4歳のうちに発症し、18歳までには自然に寛解して行きます。 このチックの原因とはどのようなものがあるのでしょうか。症状が現れている時、ママは、どうしてこんな癖が出てしまったんだろう...

続きを読む

チック症という病気ついて知っていますか?言葉は聞いたことがあるけれど、具体的な症状については良くわからない。 あるいは、子どもにおかしなクセが着いてしまったな、と思っていたらチックを指摘されたという場合もあるでしょう。 チック症とはどのような病気なの...

続きを読む

一般的にチックは癖とは違います。それは、癖は自力で意識することによって止められますがチックはそうではないからです。 本人の意識しない処で起こってしまう症状なので、治そうとすると工夫が必要です。 チックの治療にはどのような方法があるのでしょうか。また、効果...

続きを読む

気になる子供の癖もたまになら気に留めませんが、頻繁に爪をかんでいたり、チック症状、吃音が出ていたりすると、「どこか悪いのかしら?」と心配になります。 親が焦ってしまい、つい注意ばかりしてしまうと悪化させる可能性もあります。子供の癖は放っておいてもいいのか、それ...

続きを読む