内閣府の発表によると、平成27年度の日本の子供の相対的貧困率は、13.9%です。(「平成27年国民生活基礎調査の概況」参照) 「相対的貧困率」とはあまり聞き慣れない言葉ですが、日本国内での人々の所得格差を表す指標です。 平成27年度の調査によ...

続きを読む

産後に洋服の趣味が変わった!という方は多いのではないでしょうか。筆者もそのうちの一人。子どもが産まれる前と後で、タンスの中はガラッと総入れ替えになりました。 かと言って捨てられない、産前の洋服たち。「高かったんだよなぁ、勿体ないなぁ」「いつか息子が手を離れたら...

続きを読む

サイズアウトで使わなくなった紙オムツを寄付したい…と思ったことはありませんか? 熊本地震では、ミルクやオムツも不足が続き保育園の園長が無料通話アプリ「LINE」を使って物資の提供を求め、一夜にして多くの物資が寄せられたと言います。 オムツは被災地以外にも...

続きを読む

せっかくの子供部屋を、「寝るためだけに使う、可愛いだけのお部屋」にしてしまっていませんか? リビング学習が子供の成績向上に効果ありと注目されていますが、実は子供部屋の方も、学習とは切り離せない空間なのです。 注目ポイントは、子供部屋の壁です。毎日の生活の...

続きを読む

キッズスペースをリビングに作りたいけれど、求めるポイントが多くて頭を悩ませる人も多いでしょう。 そんなときは、キッズスペースに第一に求めることから順に考えていくと、答えが出やすいです。 まずは、「大人の目が行き届く、オープンで安全なキッズスペースであるこ...

続きを読む

節水を意識しないと、水をどんどん使ってしまいますよね。水をよく使う夏場などは請求書を見てびっくりなんてことも。 何とか水道代を減らしたい…と思っても、何をしたらいいの?と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。 お風呂の余り湯で洗濯などは思いつきますが、...

続きを読む

小さな子どもはぬいぐるみにぬくもりを感じるのか、強い愛着を示し、ぬいぐるみを抱っこしながら眠るお子様もいます。 とはいえ、子どももいつまでも愛着を示すわけではなく、大きくなると自然にぬいぐるみから離れていくものです。 ぬいぐるみは手入れをせずに放置をして...

続きを読む

すぐにサイズが合わなくなってしまう子供服。メルカリやヤフオクで売る、人にあげる、保育園のバザーに出す、記念に取っておく、あるいはもったいないけれど捨ててしまう・・・。 皆さんはどうされていますか?色々と方法はありますが、この他にも「寄付する」ことで、世の中...

続きを読む

節約には、固定費の見直しが効果的だと言われています。家計における固定費とは、家賃や生命保険料など、毎月定額で発生するお金です。一方で、食費や交際費など、月によって金額がまちまちなものが変動費となります。 毎月かかる固定費を見直して、安くすることに成功すれば...

続きを読む

見ているだけで愛らしいぬいぐるみ。「いつも寝るときはぬいぐるみと一緒!」そんなお子さんを持つママも多いのではないでしょうか。 子どもの成長と共に、どんどん増え続けるぬいぐるみの置き場所や処分に困った経験はありませんか? 実は、たくさんのぬいぐるみが寄付さ...

続きを読む