親は子どもをしっかりとしつけるべき箇所やしつけ方

子供とのコミュニケーションに難しさを感じているパパママは、意外とたくさんいます。特に叱る時や褒める時、大切な話をする時などは、パパママも戸惑いますよね。

特に大切なのはしつけです。挨拶やマナーはもちろんですが、生活習慣全般のトレーニングも、しつけです。

子供の言葉の発達は個人差が大きく、遅い子だと3歳くらいまでおしゃべりができないこともあります。

しゃべれない子供に言葉で説明しても意味がないのでは?と思いがちですが、そんなことはありません。親子のコミュニケーションは、赤ちゃんの頃から積み重ねることが大切です。

ここでは、そんな親子のコミュニケーションについてのアドバイスをまとめました。しつけや叱るときの注意点や、子供のやる気に火をつける言葉選びなども特集しています。

叱る言葉・褒める言葉の選び方で、子供の自尊心や自信はぐんと育ちます。逆にちょっとしたことで傷つけてしまうこともありますよね。

最近注目されている発達障害をもつ子とのコミュニケーションも取り上げています。健常な子供とのやり取りにも役立ちますよ。

赤ちゃんがまとまって眠るようになると「朝起きて、夜ねるように」誘導しましょう!と育児書にも書いてありますね! 大人もそうですが、子どもには特に「規則正しい生活リズム」が必要です。 ヒトの体には太古の昔から「明るくなったら活動し、暗くなったら休む」という基...

続きを読む

「子供が言うことを聞かなくて困る。」といった話はママの間でよく聞きますね。 赤ちゃんの頃はそんなことはありませんが、イヤイヤ期を迎えて自己主張をおぼえれば子供はすぐに親に反抗するようになります。 親から見れば厄介でも、見方を変えれば本人の成長と受け取れま...

続きを読む

愛するわが子のため、つい口うるさくガミガミ…。その上、なぜかママの口ぐせは否定的なものが多いですね。 気づかないうちに、子どもをへこませる言葉が口グセになっているかも。 ダメ出しや、子どもにとって嫌なことばかり言うお母さんと、どんどんやる気がなくなっていく子...

続きを読む

子どもは生まれて真っ白な意識でいますが、段々と親から教えられる考えや物事の捉え方に染まっていきます。 日常の親から教わる常識は、後々とても大切な子供の人生の目安になります。成長とともに自分の知っている常識と、友達や他人との常識の違いに戸惑ったりします。 ...

続きを読む

2歳は、多くの場合イヤイヤ期まっただ中です。イヤイヤ期そのも のは正常な成長の証。色々と「やりたい」時期なので、できればたくさんのことに触れさせてあげたいですよね。 でも、「自分でやりたい!」と大人のサポートを嫌がったりします 。自分なりにうまくいく方法を模索...

続きを読む

赤ちゃんから幼児へと成長し、毎日見ているママの行動がとっても気になる2歳頃の子供は、家事・なかでもお料理には興味津々ですよね! おままごとでは飽きたらず「本物の料理をしたい/手伝いたい」と願っている子も多いです。しかし、「気持ちは嬉しいしやらせてあげたいけれど...

続きを読む

優しいという言葉にはとても多くの意味があり、「優しい」と「思いやりがある」は違う意味だと捉えている方も多いかと思いますが、ここでは同義語として扱っていきます。 思いやりのある人というと、相手の気持ちや立場を考えて行動できる人ということですよね。 自分がも...

続きを読む

お子さんをどんな風に育てたいですか?この質問をすると、「思いやりのある子に」と答えるお母さんが多いのです。 勉強が出来ることや、スポーツが得意になることよりも、親は思いやりを身に付けさせたいのです。 人を思いやる心はどうすれば身に付くのでしょう。思い...

続きを読む

生まれ持った性格というのは皆あると思います。赤ちゃんにも神経質な子、おっとりした子、繊細な子…と様々です。3歳頃になると、性格がだいぶ固まってきます。幼稚園に行くようになると、家では見られなかった性格が出てくるようにもなります。 私は次女が小学校に上がった頃、...

続きを読む

子供の甘えへの対応は「たっぷり甘えせた方がいい」「子供がワガママになるから甘やかさない方がいい」と周りの意見が分かれやすい問題なので、どうしたらいいのか迷ってしまいますよね。 結論から言うと、どちらも正解です。「甘えさせ」は子供の成長になくてはならないもの...

続きを読む