便秘対策にも!おうちで簡単ベビーマッサージをやってみよう

便秘

ベビーマッサージという言葉、よく聞きますよね。ベビーマッサージとはその名の通り赤ちゃんをマッサージすることです。

ベビーマッサージは、赤ちゃんとママのスキンシップのひとつと考えてよいと思います。

マッサージの方法も知らないし、お家でできないと思っている人はいませんか?

おうちで簡単にできる便秘解消マッサージの方法を紹介します。

ベビーマッサージには、こんな効果があると言われています。

「ベビーマッサージ」というと、きちんとしたやり方があったり、教室に通ってやらなくてはいけないイメージもあるかもしれませんが、ちょっとした注意さえ守ればおうちで簡単にすることができます。

ママと赤ちゃんのスキンシップに加えて、マッサージのやり方次第で、便秘に悩む赤ちゃんに役立てることもできるんです。

マッサージをしてあげることでこんなメリットがあります。

  • 赤ちゃんのリラックス効果
  • 赤ちゃんの脳の働きを活発にする
  • 赤ちゃんの血液やリンパの流れが良くなる
  • 赤ちゃんの便秘や下痢の解消
  • ママのリラックス効果
  • 赤ちゃんの体の変化に気がつくことができる

是非、赤ちゃんとの生活に取り入れてみましょう。

また、おうちでベビーマッサージを行う時に必要なものは2つです。

  • 大きめのバスタオル
  • マッサージオイル

これだけです。

バスタオルは赤ちゃんの下に敷いて使います。赤ちゃんがすっぽり入る大きさがあれば大丈夫です。

おむつを外してマッサージをする場合は、バスタオルを2枚敷いておくと安心です。

マッサージオイルは使わなくてもマッサージをすることができますが、使ったほうがすべりがよくなるので、赤ちゃんの肌への負担が減り、ママの手の刺激がソフトに伝わっていきます。

できるだけ、オイルを使ってマッサージすることをおすすめします。

マッサージオイルについて

マッサージに使うオイルは特別なものでなくても大丈夫です。おうちにベビーオイルがあるなら、まずはそれを使ってみましょう。

ベビー用のオイルは様々なものが売られていますね。オーガニックのもの、心地よい香りのもの、成分にこだわっているものなど、いろいろあります。

試してみるにも高価なものもありますし、すぐになくなるものでもないので、ちょっと悩んでしまいます。

大切なことは

  • 赤ちゃんの肌に優しいこと
  • ママが使っていて心地よいこと

だと思います。

はじめは身近にあるものから試してみて、使っていくうちにお気に入りのオイルを見つけていくのがおすすめです。

初めてのベビーマッサージで注意してほしいこと

ベビーマッサージを試してみるときに、気をつけてほしいことがいくつかあります。大変なことではないので、頭に入れておいてくださいね。

赤ちゃんの体調
赤ちゃんの調子が悪かったり、熱があったりする場合はマッサージはやめましょう。赤ちゃんの元気がよい時に行ってくださいね。
部屋の温度
部屋の中の温度は、赤ちゃんが裸になっても寒くないくらいにしましょう。目安は25℃くらいです。
ママの手の温度
ママの手は、温かいくらいにしましょう。冷たい水で手を洗った後など、冷たい手で触ると赤ちゃんがびっくりしてしまいます。手が冷たい場合は必ず温めてから行ってくださいね。
マッサージをするタイミング
赤ちゃんの授乳や離乳食の後や、空腹時は避けましょう。赤ちゃんの機嫌がよいときや、お風呂上りなどがマッサージをするのに良いタイミングですね。
マッサージオイルのパッチテスト
マッサージオイルを使う前に、オイル数滴を赤ちゃんの腕の内側や太ももの内側につけてみましょう。5~10分くらい様子をみて肌に変化がなかったら大丈夫です。

※もしも肌が赤くなっていたり、変化があった場合にはそのオイルの使用はやめた方が安心ですね。特に肌がデリケートな赤ちゃんにはパッチテストをおすすめします。

便秘に効く!かんたんマッサージの方法

  1. バスタオルの上に赤ちゃんを仰向けに寝かせます。
  2. ママは、赤ちゃんの足側に座ってください。
  3. ママは楽な座り方で座りましょう。
    ※両足を伸ばして開いて、その間に赤ちゃんを寝かせてもOKです。
  4. 次に、マッサージオイルをたっぷりとって両手で馴染ませます。
  5. そして、赤ちゃんの腕や足の付け根をやさしく掴み、ゆっくりとすべらせます。
  6. 両足、両手を2~3回ずつ行ってみてください。

便秘のマッサージだからといって、マッサージをいきなりお腹からはじめると、赤ちゃんがびっくりしてしまうかもしれません。

はじめは、腕や足をマッサージしてあげてリラックスさせてあげましょう。

途中で手のすべりが良くないと感じたら、オイルを手に足してマッサージしてくださいね。赤ちゃんとママのウォーミングアップができたら、いよいよお腹のマッサージです。

便秘に効果があるマッサージの方法

便秘に困っている赤ちゃんは、おへそ付近から「の」の字を描くように、ゆっくりと手を動かしてマッサージします。

強さはママが自分でやってみて、気持ちがよい程度よりも少しやさしい力でなでるようにしましょう。

赤ちゃんの様子をみながら2分程度続けてみてください。

赤ちゃんの便秘は根気よくマッサージをして治しましょう

マッサージは一度に長い時間やってもすぐに効果が出るものではありません。

赤ちゃんの様子を見ながら、体調と相談して行ってくださいね。

もし途中で赤ちゃんが嫌がったり、泣き出してしまったらマッサージをやめて、バスタオルに包んで抱っこしてあげましょう。

マッサージは赤ちゃんもママもリラックスして行いたいものですが、なかなかうまく行かないこともあるかもしれません。

長にやってみてくださいね。

マッサージが終わったら、赤ちゃんにおっぱいやミルクなどの水分補給をさせてあげてください。

実は意外と手軽にできるベビーマッサージ。おうちでぜひやってみてくださいね。

パパ・ママにとっても厄介な赤ちゃんの便秘。ひどいときは、お腹が苦しいせいで一日中機嫌が悪かったり、ミルクや母乳の飲みが悪くなることもあります。 夜も苦しくて眠れず、ぐずってしまうこともあり、パパやママの負担にもなります。大人の場合は便秘薬や下剤を使うことも...

続きを読む

意外と多い赤ちゃんの便秘。顔を真っ赤にして頑張る赤ちゃんを見ていると、パパやママまで力が入ってしまいますね。 もともと便秘になりやすい子もいれば、ミルクを変えたり、離乳食が始まったタイミングで便秘になってしまう子もいます。 便秘の原因は様々なので、どうや...

続きを読む

2歳位になるまでの赤ちゃんは、酷い便秘に悩まされいたという経験があるかもしれませんね。 でも、「便秘って、数日便が出なかったり便が固かったりする程度?」と思っているパパママもいらっしゃるのではないでしょうか。いえいえ、そんなに生半可ではありませんよ。 便...

続きを読む

子供の便秘は、ひどくなると腹痛や発熱を起こすこともあるとてもつらいものです。便秘解消のためには、やはり3食しっかり食べることが大切です。 でも、食べる習慣づけが難しいのは、朝食ではないでしょうか。特に朝は慌ただしく忙しいので、理想の朝食を食べさせるのは大変です...

続きを読む

赤ちゃんの不調は、ママにとってとてもつらいことですよね。ロタウイルスやインフルエンザといった急性の病気も困りますが、体質的な不調も気になるものです。 体質的な不調の代表のひとつが便秘ではないでしょうか。赤ちゃんの苦しい便秘、どのように対処すれば良いのでしょう。...

続きを読む

夏から夏の終わりの9月頃までは気温が高くなり、子供が便秘になってしまうことがあるそうです。 それはいったい何故なのでしょうか?その原因を考えると共に、解決方法をご紹介します。 暑くなってくると便秘になりやすい!?その原因を考えてみましょう ...

続きを読む

生後8ヶ月の赤ちゃんはまだ自分で動くことが少ないこともあり、便秘になりがちです。ストレッチをしてあげたり、便秘がひどい時にはこより浣腸をしてあげることで、便秘を軽くしてあげることもできます。 ママの手作り離乳食で、便秘を解消してあげることができたらそんなよいことは...

続きを読む

寒くなってくると今までとは違った体のメカニズムになることがあります。例えば便秘です。今まではスムーズに排便出来たのに、なぜか冬になったら便秘になったという赤ちゃんの話をよく耳にします。 人間は生き物ですから、いつも同じ生活リズムということではなく、時にお腹を下...

続きを読む

一般的に生後5、6ヶ月から始めるとされている離乳食は、それまでミルクを飲んでいた赤ちゃんにとって初めての食物との出会いになります。 新米ママにとっても初めての経験ですから、赤ちゃんが最初のひとくちをきちんとゴックンできるのかと、緊張されるかもしれませんね。 ...

続きを読む

スッキリとお通じが出て気持ちがいいのは大人も赤ちゃんも同じです。お通じが気持ちよく出てスッキリした赤ちゃんはニコニコしています。 いつの時期の赤ちゃんも便秘になることはあります。そして赤ちゃんが便秘でないかは、赤ちゃんのお世話をしているママにとっていつも気にな...

続きを読む