アトピーやその他皮膚病から守ってあげたい…お肌ケアのノウハウ

子供の皮膚は、いろいろなトラブルを起こしやすいですね。大人よりも薄く、汗腺も未発達で、バリア機能も未熟だからだと言われています。

特に気になるママが多いのは、アトピー性皮膚炎ではないでしょうか。アトピー性皮膚炎に代表されるアレルギー疾患は、最近多くなっていると言われています。

食物アレルギーが原因になっている場合、

  • パパとママの体質
  • 妊娠中・授乳中のママの食生活
  • 離乳食の進め方

など、気になるポイントもいくつかあります。

また、水いぼや湿疹などのトラブルも意外と多いもの。我が家でも

  • 水いぼ
  • 帯状疱疹
  • とびひ

などの皮膚炎で通院した経験があります。

こういった気になる皮膚病のケア方法や予防に良いとされるポイントなどについての記事をまとめました。

アレルギーに関しては情報があふれかえっているので、かえってパニックになっているママも多いですよね。

そんな時に、先輩ママの経験談は役立ちます。不安や疑問でいっぱいになっているママにおすすめのカテゴリです。

イソジンが水いぼに効果があると聞いたことはありませんか? うがい薬を思い浮かべる人も多いイソジンですが、水イボのケアに使うのは、擦り傷などを治す液体や軟膏のイソジン。綿棒につけて直接塗る感じです。 イソジンの医薬品名は「ポピドンヨード液」。独特の匂いがあ...

続きを読む

水イボが多いと病院では1度に全部とることができないので、何回も通院しなければならず、ママも子供も疲れてしまいます。 また一度、病院で水イボをとって痛い思いをしていると、子供は覚えているので行きたがらないこともありまよね。 リングピンセットを使い、ちょ...

続きを読む

水イボの正式名称は「伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ)」と呼ばれています。 水イボは治療が遅れてしまうと、どんどん広がってしまい治るまで時間がかかってしまう病気です。 1つ見つけたら、広がる前に治療をすると感染を防ぐことができます。まずは水イボの原...

続きを読む

ハトムギの皮を除いた種から作られる「ヨクイニン」という成分を摂取することで、免疫ができ水イボの改善が見られると言われています。 「水イボが出てきたけど広がっていないから家で対処したい」「ひどくなる前に予防しておきたい」など子供の様子を見ながら自宅でケアしてみま...

続きを読む

しもやけは寒い季節でも、寒さも和らいだ春にかけての季節でも子供の手に出来やすいんです。それに豪雪地帯だけではなく、暖かい地方などでもできやすいと知っていましたか? しもやけが出来る原因は、寒さだけではありません。原因をしっかり把握してお子さんの可愛い手を守って...

続きを読む

寒い冬には注意も必要です。赤ちゃんはしもやけになりやすいんです。 赤ちゃんはとても汗っかきで指しゃぶりもするため、手足がすぐ湿ってしもやけになってしまう条件が整いやすいんです。 濡れてても、乾燥してても、赤ちゃんの薄い肌には耐えきれないのです。しもやけに...

続きを読む

乾燥と聞いて、冷たい風の吹き付ける冬を連想する方も多いかと思います。確かに冬の乾燥は親子ともに気になるもの。 しかし、実は身体の乾燥は冬だけじゃなく、年中起こり得るものなんです! また乾燥することで、その時に受けたダメージを次の季節にまで引きずってしまう...

続きを読む

自分の子供にアレルギーがあると、ショックですよね。 ましてや、ハウスダストのアレルギーがあると分かると、「自分が掃除を怠っているからかな」と自責の念にかられるママが多いのです。 確かに、ハウスダストはダニやホコリ、虫の死骸・糞などが原因で起こるアレルギー...

続きを読む

「赤ちゃんのようなお肌」というとプルプルななめらか肌を想像しますが、実は生まれたばかりの赤ちゃんは肌表面の水分量をうまく調整できず、乾燥肌になりがちです。 また皮膚膜も大人の半分ほどの薄さでとってもデリケートなので少しの刺激にも敏感で、さまざまな肌トラブル...

続きを読む

気が付くと「こんなところにいつの間に…」という感じで幾つも出来ている小さな皮膚ののブツブツしたもの、それがイボです。 イボ自体は別に痛くもかゆくもないことが多いので、放置していても日常生活に支障がない場合もありますが、問題はあっという間に広がってしまう感染力...

続きを読む