妊娠中の肌トラブルとは?症状で見る肌荒れとその対処法

妊娠するとホルモンの影響でいつもより肌がデリケートになっています。ちょっとしたことで肌荒れが起きやすく、そのまま放置していると悪化することも。

できるだけトラブルを回避して、ゆったりとマタニティライフを過ごしたいですよね。妊娠中に起こりやすい肌荒れや症状によって起こる肌トラブルはどういうものか、1つずつ見ていきましょう。

妊娠中に起きる肌トラブルの原因

妊娠中はちょっとした肌荒れから痒みがひどいものまで様々です。肌トラブルの原因はホルモンバランスや体の不調によって影響していることが分かります。

ホルモンバランスの変化
妊娠が判明すると、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増え、肌トラブルが起こりやすくなります。吹き出物が出たり、肌がかさついたりと生理前の症状とよく似ていますが、プロゲステロンの影響によるものです。
つわり
妊娠初期はつわりが原因で食べられる物が限られます。栄養バランスが偏ると、プロゲステロンの分泌が活発になり、肌荒れを起こしやすくなります。
ストレス
つわりで栄養が摂れないこと、初めての出産や夫との関係性でイライラや落ち込みが原因でストレスが溜まるとニキビや吹き出物が出ることもあります。
睡眠不足
妊娠初期は黄体ホルモンの影響でしっかり寝ても体がだるかったり、後期になると胎動や大きくなったお腹で寝つきが悪くなったりと、睡眠不足によって肌トラブルが起きやすくなります。
便秘
ホルモンの影響、運動不足などで便秘になると腸内環境が悪化し肌荒れの原因になります。食物繊維や運動を取り入れて便秘を改善していくと有効です。
免疫力の低下
妊娠すると免疫力が弱まり病気や感染症にかかりやすくなります。カンジダ感染症になると、おりものの量が増え痒みや痛みを引き起こします。

妊娠中に起こりやすい肌トラブル

妊娠中に起こりやすい肌トラブルは、事前にケアしたりできた後に対処することで悪化を防ぐこともできます。

シミ・そばかす

妊娠中は女性ホルモンによってメラニン色素が生成されやすく、シミやそばかすができやすくなります。

乳輪や外陰部が黒っぽくなるのも女性ホルモンによってメラニン色素が多くなったためです。シミやそばかすを防ぐためには、妊娠中から積極的に対策することで症状は防げます。

  • 外出するときは紫外線対策をする
  • 肌への負担を減らす
  • ストレスを溜めない
  • ビタミン・ミネラルを摂る

肌の活性化に繋がる栄養素を取り入れたり、生活の中でできる対策を取り入れながら、肌への負担を少なくしていきましょう。

ニキビ・吹き出物

ニキビや吹き出物は、栄養の偏りやホルモンによって起こる免疫力の低下などが考えられます。便秘は、老廃物が排出されず腸内環境が悪化し直接ニキビや吹き出物として影響します。ニキビや吹き出物の原因は以下のものがあります。

  • 栄養の偏り
  • 便秘
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 老廃物の詰まり

妊娠中は汗をかきやすいため、ニキビや吹き出物が治まるのは個人差があります。妊娠初期はホルモン分泌量が活発になるので、この時期に悩まされる妊婦さんも少なくありません。

乾燥肌

胎盤から赤ちゃんへ栄養素や水分を優先的に送るため、ママの肌は水分が不足します。元々乾燥肌のママは症状が悪化しやすい傾向にあります。

乾燥肌は、顔以外にもお腹や足、手など広範囲に症状が出ます。乾燥がひどくなると、痒みの症状が出てきます。

強い痒みが出る場合は「妊娠性皮膚搔痒症」と呼ばれる病気もあります。妊婦の3%に見られ、出産後には治まることがほとんどですが、掻きむしって色素沈着になる恐れもあるため、注意が必要です。

アトピーの悪化

妊娠前からアトピー症状が出ていたママは、妊娠後はアトピーが悪化してしまうこともあります。

産後は体質が変わって、アトピーが治った!という声も聞きますが残念ながら体質そのものは変わらないので出産後は悪化が落ち着くことはあっても、症状自体は後から出てくることが多いようです。

妊娠中にアトピーが悪化する原因は、ホルモンバランスの変化、食生活、ストレス、また使用していたアトピーの薬を中止したため起こることが考えられます。

自己判断で薬を使ったり中止したりせず、アトピー症状がひどい場合は妊娠中でも使用できるものを処方してもらいましょう。

デリケートな場所の痒み・湿疹

おりものは、膣から菌の侵入を防ぐための役割があり、とくに妊娠中はホルモンの影響で量が増えます。

通気性の良い下着や専用シートを使って清潔に保つことで改善できることもありますが、中には強い痒みが出たりいつもと違う臭いがある場合は「カンジダ」というカビが増殖しトラブルを引き起こしていることがあります。

【膣カンジダの主な症状】

  • 膣の痒み・腫れ
  • カッテージチーズのようなおりもの
  • おりものの量が増える
  • ツンとした酸っぱい臭い
膣カンジダを放置していると、赤ちゃんが産道を通るときに感染することもあるのでいつもと症状が違う場合は早めに受診することで悪化を防げます。

黒ずみ・色素沈着

シミやそばかすと同様に、脇や乳首、デリケートゾーンの黒ずみや色素沈着の悩みは秘かに悩んでいる妊婦さんが多くいます。

この黒ずみの原因は、メラニンによるもので紫外線やダメージを受けることでホルモンの分泌が活発になり、メラノサイトが刺激されるとさらに黒ずみがひどくなるという悪循環になります。

肌のターンオーバーは28日周期と言われてますが、妊娠中は食生活の乱れや運動不足なども関係し、古い角質が残されたまま、色素沈着へ繋がってしまいます。

妊娠中は、黒ずみを増やさないためにも食生活の見直しや運動、ケアを意識して行うと良いでしょう。

爪にも色々な変化が!

妊娠中で起きやすいトラブルの中に爪の悩みがありますが、一体どんな状態になってしまうのでしょうか?

  • 爪が割れやすい
  • 血色が悪い
  • 爪がはがれる・欠ける

ホルモンのバランスや、赤ちゃんに栄養を送るため爪という小さな部分まで妊婦さんに影響を及ぼします。爪はタンパク質、アミノ酸、コラーゲンで生成されているので十分に栄養が行き渡っていないと爪のトラブルが起こりやすくなります。

妊娠線が出てしまう…

妊娠線は急激にお腹が大きくなる妊娠5ヶ月頃から、皮膚が伸び表面に亀裂ができた縦線のことです。妊娠線はお腹以外にも、バストやヒップ、ふくらはぎなどにもできることがあります。

妊娠線のできる原因 急激な体型変化・ホルモンの影響・保湿の低下
妊娠線のできやすい人 乾燥肌・細身な体型・多胎児妊娠
妊娠線予防法 妊娠線予防クリーム・オイル保湿・オイルマッサージ

妊娠線予防を始めるのは、お腹が大きくなる前の妊娠初期から始めると効果的です。

毛深くなる・髪が薄くなる

妊娠して毛深くなったり、髪が抜けやすくなったりとホルモンバランスが原因でこれらの症状が出てきます。

毛深いと、カミソリで処理をしたくなりますが妊娠中は肌も敏感になっているので肌荒れを起こす可能性もあります。

抜け毛の原因は、ホルモンの影響以外にも偏った食事、栄養不足、ストレスなど様々な要因があります。

頭皮に刺激を与えるのも抜け毛の1つになるので、負担のかからないシャンプーや育毛剤を使いながら様子を見ていきましょう。

妊娠性痒疹

妊娠性痒疹とは、妊娠初期に現れやすい湿疹のようなブツブツが手や足、お腹、背中に出る肌荒れです。見た目にも症状がひどく、赤ちゃんに影響があるか心配になりますがほとんどの場合、直接影響はないとされています。

妊娠性痒疹の原因は、

  • ホルモン分泌量の増加
  • 寝具や衣類の繊維摩擦
  • 化粧品荒れ
  • ストレス

出産後は治るといわれていますが、症状を悪化させないためにも病院で薬を処方してもらうことが大切です。

妊娠性疱疹

妊娠性疱疹はあまり耳にしたことがないかもしれませんが、免疫力が低下し何らかの原因で皮膚の細胞が活発になり発症しているのでは、とも言われていますが未だに解明されていません。主な症状はいくつかあります。

  • 激しいかゆみ
  • 水ぶくれ
  • 紅斑

妊娠中だけしか現れず、出産後は症状が治まります。

胎児に影響はなく、治療が軽い場合は経過観察になることが多いです。症状がひどい場合は、ステロイド薬、抗生物質などが使われることもあります。

蕁麻疹

蕁麻疹は、妊娠中だけでなく誰でも起こりうる病気です。妊娠によって起こる体質の変化やストレス、免疫力の低下など、妊娠中はちょっとしたことで蕁麻疹が起こりやすいことも考えられます。

蕁麻疹と類似した妊娠性痒疹や妊娠性疱疹は間違いやすいので、発疹が出た場合自己判断で対処せず、早めに病院へ受診しましょう。

妊娠中の肌トラブルを防ぐ!おすすめ対処法

肌トラブルを防ぐためにできるおすすめの対処法を紹介します。

シミ・そばかす防止に紫外線対策と食生活

シミやそばかすをつくらないためには、メラニンを抑制し紫外線対策と同時に体内からもケアする必要があります。

  • 日焼け止めを塗る
  • 日傘を使用する
  • 肌の露出を控える
  • 食物・サプリからのビタミンC摂取
  • ビタミンC誘導体化粧品

毎日口にする食べ物は、妊婦さんにとって一番体に影響しやすい物です。つわりで食べれないときはサプリで代用したり、シミやそばかす防止に繋がる食べ物を取り入れていきたいですね。

ストレスと上手に付き合う

妊娠中は、睡眠不足やつわりなどでイライラしたり落ち込んだり、体の変化に追いつかない状態がストレスの原因となります。

ストレスが溜まると、吹き出物や肌荒れ、乾燥など様々なトラブルが出てきます。ストレスと向き合うために、上手に気分転換ができるようになりたいですね。

  • 悩みや不安は人に話そう
  • 散歩やショッピングに出かける
  • 運動やウォーキングをする
  • 趣味に没頭する
  • 美味しい物を食べる

人によって、気分転換のやり方は違いますが自分が楽しいこと、リラックスできること自分にとって前向きになれる方法を見つけていきましょう。

便秘予防で吹き出物やにきびを防ぐ

便秘は食生活や運動不足、体調の変化から起こります。妊娠前は便秘が無かったのに妊娠したら便秘がひどくなる妊婦さんは多くいます。

便秘は体に毒素や老廃物を取り込んだままの状態なので、直接肌に影響します。

  • 食物繊維の摂取 :不溶性食物繊維と水溶性食物繊維を2対1の割合で摂る
  • 水分補給:平均的な1日の水分量は1~1.5リットル
  • 適度な運動:マッサージ・マタニティヨガ・ストレッチは腸を活性化させるために有効

便秘が治ると、肌荒れもおさまることが多いので予防しておきたいですね。

抜け毛予防には生活の見直しと改善

髪の毛がシャンプーの度にどっさり抜けるとショックになりますよね。ホルモンの影響で抜け毛が酷くなる場合と逆に体毛が濃くなる場合があります。

どちらもホルモンによるものですが、抜け毛が気になる場合は食生活の見直しや生活改善で良くなることがあります。

妊娠中に髪の毛をばっさり切って考えないようにしたり、育毛剤を使ってケアしたりする方法もあります。

髪を作る組織は、夜10時からがピークになるのでこの時間までに就寝し、良質な睡眠をとることも大事だと言われています。

治りにくい皮膚疾患は病院を受診(飲み薬・塗り薬)

妊娠性痒疹や蕁麻疹など症状がひどく痒みがひどい場合は皮膚科や産婦人科で見てもらいます。薬に対して抵抗のある妊娠中は、とくに敏感になることも多いでしょう。

妊娠中と告げても、病院で処方されやすい漢方やステロイドでも気になることがある場合は事前に相談することが大切です

痒みを抑えるために、自分で市販薬をつけたり冷やしたりすることは症状を悪化させることも珍しくありません。病院で処方された飲み薬や塗り薬を使いながら対処していくようにしましょう。

アトピーや乾燥は摩擦を防ぎ皮膚のケアを優先に

妊娠中に薬が飲めず乾燥やアトピーが悪化してつらい場合は、直接肌に当たらないように通気性のよい衣類や外用薬を使用して治療します。

  • 皮膚のケア:低刺激の石鹸やボディーソープで肌を清潔に保つ
  • 紫外線対策:日焼けは肌荒れやアトピーが悪化することも。外出時は紫外線対策を
  • 肌の保湿:乾燥を防ぎ保湿クリームや外用薬で潤いを保つ

妊娠中は病院で処方される薬でも、抗ヒスタミン薬やステロイドの外用薬になります。アトピーの悪化を防ぐために、普段からケアをしていきましょう。

デリケートな部分は清潔を心がけよう

妊娠初期から妊娠後期までおりものの量が増え、尿もれと勘違いすることもあります。子宮が大きくなり膀胱が圧迫されると頻尿や尿もれが起きデリケートゾーンはむれやすくなります。

そのままの状態を放置すると、陰部に痒みが出て感染症を引き起こす可能性もあります。普段から生活の中で気をつけていくと悪化を防ぐことができます。

  • 通気性を良くする
  • 摩擦の少ない下着を穿く
  • 小まめにおりものシートを取り替える
  • 陰部を清潔にする

乾燥や肌荒れは低刺激の化粧水やローションで保湿

乾燥や肌荒れが気になったとき、低刺激の化粧水やクリームで保湿するのがおすすめです。敏感肌のママや赤ちゃんまで使える優しい保湿ローションを紹介します。

品名 ママバターフェイス保湿ローション
金額 ¥1500+税
用量 200ml
特徴 天然由来保湿成分のシアバターと10種類のオーガニック植物原料を配合

とろみのあるテクスチャーで、お肌のすみずみまでしっとり潤す保湿ローションです。化粧水+乳液が1つになっているので忙しいママも時短でケアできます。

品名 ウェリナオーガニクスクリアヴェリーモイスト化粧水
金額 ¥2600+税
用量 100ml
特徴 海洋深層水と天然植物100%が配合された高保湿タイプ化粧水

ウェリナの化粧水は防腐剤フリーで「産まれたての赤ちゃんにも使えるものを」がコンセプト。海洋深層水のミネラルは分子が小さいため肌に浸透しやすく敏感肌さんも使えます。

肌に優しい低刺激の洗顔

毎日使う洗顔は、汚れもしっかり落とし肌にも潤いや保湿を与えてくれる低刺激の物を選ぶと〇!

品名 ファンケル濃密もっちり泡で集中ケアができる洗顔料
金額 ¥1600+税
用量 120ml
特徴 無添加の洗顔でヒアルロン酸配合の泡がくすみや汚れを優しく落とす

生クリームのような弾力のある泡がキメ細かい毛穴の奥まで入り込み、皮脂や汚れを落とします。肌に潤いを残しながらしっかりと洗い上げます。

品名 シャボン玉石鹸オリーブソープ(洗顔用)
金額 ¥1500+税
用量 60g
特徴 無添加で潤い成分のオーガニックオリーブオイル配合の洗顔ソープ

無添加で有名なシャボン玉石鹸のオリーブソープは、オーガニックオイルが配合され肌に優しくしっとり洗い上げます。泡立てネットを使うとキメ細かい泡が作れます。

妊娠中の肌トラブルは事前にケアして悪化を防ごう!

妊娠するとホルモンの影響でさまざまな肌トラブルが起こります。いつもより肌はデリケートになっているので、ちょっとしたことで腫れがひどくなったり、痒みが強くなったりすることもあるでしょう。

いつどんな時に肌トラブルが起こるか分からないので、予防として気になる部分はケアしておくと安心でしょう。

肌トラブルは、出産したら必ず治まります。長く続くものではないのであまり神経質にならず、上手に向き合っていきたいですね。

もちろん、いつもと違う場合は早めに病院へ受診することも忘れずに!

妊娠中、ふと鏡を見ると妊娠する前よりもシミがたくさん目立っている…とガッカリした経験がある人は、少なくありません。 妊娠中の肌トラブルの中で最も多い症状の1つがシミだと言われるほどです。 シミの原因としてよく知られているのが紫外線ですが、きちんと紫外線対...

続きを読む

妊娠中、どんどんと大きくなっていくお腹とともに気になるのが『妊娠線』ではないでしょうか。 妊娠線の予防やケアをしようと思った時、まず妊娠線専用で人気のクリームやオイルを購入しようとする人が多いです。 しかし、いざ買おうとしてみると結構高価なために購入をた...

続きを読む

妊娠して週数が進んでいくと、赤ちゃんの成長に従ってお腹がどんどん大きくなります。 そこでお腹の皮膚のケアを何もしていないと、ある日ひび割れのようなあざがお腹に出来てしまうことがあります。これが妊娠線です。 妊娠線は一度できてしまうとなかなか取れず、出産後...

続きを読む

妊娠線の予防のタイミングは早いほど効果的だと言われており、たくさんの妊娠線ケア専用のクリームが発売されています。 妊娠線ケアは専用の製品を使わなくてもできますが、より効果的なのはやはり専用のクリームやオイルを使う事です。 しかし、いざ購入しようとすると商...

続きを読む

妊娠すると、身体の見た目の変化だけでなく心の変化、さらには家族や職場などの環境の変化も大きく感じられるかと思いますが、実は肌も大きく変わるのをご存知でしょうか。 これまで肌荒れと無縁だったのに急激に肌が荒れてしまった。 ニキビの出来やすい...

続きを読む

妊娠期間は約10ヶ月。その間に、ママの体は劇的な変化を遂げます。パンパンに大きくなるお腹はもちろん、体の中でも変化が起きています。 一見妊娠とは関係ないようなトラブルが起きることもあります。そのひとつが肌トラブルです。妊婦さんの多くがなんらかの肌トラブルを経験する...

続きを読む

妊娠中は体質が変わるのか、様々なトラブルを感じる事が多くなります。その中のひとつに爪が弱く感じる、という事があります。 どうして妊娠中に爪のトラブルが起きやすいのかをご紹介しましょう。加えて爪を強くするにはいくつか気を付けたほうが良い点についても触れていきます。 ...

続きを読む

ステロイドは効き目が強いことと、即効性があることからか、使い方に気をつけるという前提で処方する医師はかなり大勢いると思います。 中には「どうしてもステロイドは使いたくありません」と否定して処方を断る方もいるでしょうが、そういったタイプの方はインフルエンザで「タ...

続きを読む

妊婦さんは産婦人科とのお付き合いが濃厚になると思います。しかし妊婦健診以外にも何かしら問題があったり、心配なことがあったら他の診察科を受診するはずです。妊婦だと先生に伝えて診察をすれば、多少なりとも緊張されることもあるかもしれませんね。 そして妊婦さんは薬の服用な...

続きを読む
マーチについて

MARCH(マーチ)では、妊娠や子育ての先輩たちが、ためになる情報を毎日配信しています!新米ママ&パパはぜひご覧ください♪

マーチの人気記事だよ

まだデータがありません。