子どもと思いっきり楽しく過ごそう!思い出に残る「季節行事」にするポイント

shutterstock_365163476

ひなまつりや五月のお節句、七夕など、昔から大切にされ楽しまれてきたイベント。

大人も子供も楽しめる物が多いのですが、そのイベントにはどんな意味が込められているか答えることはできますか?

各それぞれのイベントには、昔の人が厚く深い思いを込めた意味のあるものがほとんどです。これを機に、見直してみましょう。

子供と楽しめる四季折々の主なイベント

四季折々の顔を見せてくれる日本のイベントは、海外からも注目を浴びています。

季節の花や独特の空気を生かしたその繊細さはまさに誇りです。また、日本のイベントは子供が中心になっているものも多いのも魅力ですね。

今一度、どんなイベントがあるのかを季節ごとに確認してみましょう。

春のイベント(3月~5月)

3月3日 桃の節句

女の子の健やかな成長と幸せを祈る“ひなまつり”としてよく知られています。災いを代わりに引き受けてくれることから、雛人形を飾るのが一般的です。

ちらし寿司や蛤のお吸い物、ひなあられなど、春を感じさせる華やかな食事がテーブルを彩ります。

5月5日 端午の節句

男の子の健やかな成長を祈願する日であるとともに、国民の休日“こどもの日”となっています。

身体を守ってくれる強い道具の象徴である鎧や兜を飾ったり、生命力に満ち溢れている鯉のぼりを飾ったりします。

縁起のよいものとして柏餅やちまきをいただくことが主流です。菖蒲湯に入ることもこの風習の一部と考えられています。

夏のイベント(6月~8月)

7月7日 七夕

願い事を短冊に書き、それを笹に飾る風習。織姫と彦星が、年に一度逢うことを許されている日で、天に向かい願い事をすると叶うと言い伝えられています。

澄み切った夜空の日には、織姫=琴座のベガと彦星=鷲座のアルタイル、そしてその光り輝く2つの星に挟まれキラキラと流れる天の川を見つけてみましょう。

秋のイベント(9月~11月)

9月中旬(その年によって日付が変わります) 十五夜

中秋の名月とよばれ、新暦9月15日前後で見られる満月を楽しむ日です。ススキとお団子を供え、秋の収穫を感謝しましょう。

子供と一緒に、ウサギが餅つきをしている姿を月の表面に見つけてみてはいかがですか。

11月15日 七五三

男の子は5歳、女の子は3歳と7歳で、これまでの成長を喜び、今後の幸せと成長を願い祝います。いつまでも長生きするようにと作られた千歳飴や縁起物であるお赤飯をいただきます。

冬のイベント(12月~2月)

12月25日 クリスマス

イエス・キリストの誕生を祝うお祭り。日本発祥のイベントではありませんが、今やその定着ぶりは確実なものです。

子供達の大好きなサンタクロースがプレゼントを配ります。モミの木にきらびやかなオーナメントを飾りつけたら、クリスマスツリーの完成です。

1月1日 お正月

新たな1年の始まりです。無事今年も新年を迎えられたことに感謝し、家族や親戚同士で笑顔を見せ合い、元気なことを確認し合いましょう。

だて巻きや昆布締めなど縁起物をふんだんに使ったお節料理を囲み、お雑煮を食べる地域が多いです。

子供と一緒だとこんなにも楽しめる!

子供を中心としたイベントが多く、たいていは子供の笑顔を期待し、大人が丹精込めたお料理作りや飾りつけの準備に励みます。

準備を着々と進めておいて、当日サプライズイベントにするのももちろん楽しいですが、あえて何日も前から子供と一緒に手作りしたり飾ったりすることで、準備の段階から子供の楽しむ笑顔が見られますよ。

雰囲気作りを大切にするだけでそれぞれの特徴が生かされるイベントがほとんどなので、手作りするにしても意気込まず簡単でいいのです。

例えば桃の節句。ちょっと桃の花を添えるだけでグッと華やかになり、ひなまつりらしさが出ます。

お花屋さんに子供ととっておきの桃の花飾りを探しに行きましょう。

十五夜も同じです。子供と一緒にススキの原探しから楽しみ、部屋にススキが一本あるだけで風情溢れる空間が出来上がります。

そこに、秋の七草や秋の代表花コスモスなどを添えるとさらに秋らしくなりますね。

大切なことは、一緒に準備しながらそのイベントの由来などを子供に話すことです。子供はただ座って話を聞くよりは、一緒に準備をしながら必要な飾りや食べ物を実際に手に取りながら聞くことで頭と心にスッと入っていきやすくなります。

今、人気急上昇のイベントはこちら!

数年前までは知らない人もたくさんいましたが、今ではその時期がくると街の賑やかさがアップします。

4月のイースター(その年によって日付が変わります)

イエス・キリストの復活祭であり、春の訪れを祝います。

ポップで可愛らしくペイントされた卵“イースターエッグ”とウサギがこのイベントのモチーフになっていて、部屋の飾りつけはもちろん、鉢植えの根元にさりげなく飾ってもオシャレです。

子供も毎日の水やりが楽しくなり、春ならではの植物の成長を一緒に楽しめるでしょう。

卵を割らないようスプーンで転がし運ぶ“イースターエッグロール”や、いたるところに隠された卵を探し出す“イースターエッグハント”といった遊びで盛り上がります。

10月31日のハロウィン

悪霊を追い出し、秋の収穫を祝う民族行事。おばけなどの仮装をすることから、ちょっと怖いイベントと思われがちですが、子供達が仮装したおばけは可愛らしくほほえましいですよね。

「トリック・オア・トリート(お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ)」と言いながらお菓子を集めて回ります。

カボチャおばけ“ジャック・オー・ランタン”の飾りがハロウィンイベントのシンボル。

魔女やコウモリ、おばけ、カボチャなどハロウィンにちなんだクッキー型が店頭に並ぶことも増えましたので、子供とクッキー作りを楽しむのも、お菓子つながりでハロウィンならではですね。

季節のイベントは楽しいだけではなく、心を育てます

季節のイベントは、近づいてくるだけでワクワクドキドキしますよね。

飾りで彩られた街中を子供と歩くだけで、自然と笑顔になり気持ちが盛り上がってきます。

しかし、季節のイベントは誰もが楽しく過ごして終わりではないんです。それぞれの季節の風習が大切に守り続けられると共に、人とのつながりも深くします。

パパママから子供へ、おじいちゃんおばあちゃんから孫へ、イベントの由来や大切さが受け継がれていき、楽しみながら幸せや健康、成長を願うことで、自分だけでなく周りの人達もその幸せのループに巻き込んでいきます。

本屋さんや図書館などで、時期になるとそのイベントにちなんだ本を集めたコーナーが設けられます。

詳しく載っている本、子供に分かりやすく書かれている本、可愛いイラストつきの本だったり…それを是非読み聞かせてあげてみて下さい。

イベントには昔の人々が厚く深い思いを込めたものばかりです。なので、本当の意味をしっかり伝えることで、子供の心を育むことが出来るでしょう。

七夕の絵本はオーソドックスな伝説ものから七夕をモチーフにして野菜や動物たちが奇想天外な物語を繰り広げる面白絵本まで様々あるんです。 最初は、七夕の伝説を分かりやすくお子さんに教える為の絵本から始まめてみてはいかがですか? それに続いて毎年訪れる七夕では、...

続きを読む

皆さんは七夕と言って何を思い浮かべますか?幼稚園や学校で短冊を書いた、というだけの漠然とした情景を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 七夕だからと言って、クリスマスやお正月のように、行事として特別なことをするという家庭は少ないように思います。 し...

続きを読む

七夕で願い事を書く時、0歳や1歳2歳だとうまく書けませんよね。3歳もおしゃべりが出来るようになりますが、まだ支離滅裂で、「かまきりになりたい」だとか「信号なりたい」だとか。 これでもユニークで楽しいと思います。が、保育園に頼まれてママやパパが代筆することになっ...

続きを読む

毎年5月の第2日曜日は母の日です。家事に育児に、毎日一生懸命働いてくれているママ。家族からの「ありがとう。」その一言で全国のママはきっとまた1年頑張れますよね。 感謝の気持ちをカタチにして贈れば、ママが感動して涙するなんてこともあるかもしれません。 子供...

続きを読む

七夕は、ひこぼしさま・おりひめさまの物語を聞いたり、天の川に見立てた素麺を食べたりしながら、保育園でも子供たちがとても楽しみにしている夏の行事です。 「ささのはさらさら~」という元気な歌声が聞こえたり、大人も一緒に短冊に書くお願い事を考えながら、季節を感じられ...

続きを読む

アドベントカレンダーをご存知でしょうか?まだあまりなじみのない方もいらっしゃるかもしれませんね。 アドベントカレンダーとは、12月1日からクリスマスまでの24日間、カレンダーの日付のところを毎日一つずつ開けていくというもの。 プレゼントを開ける楽しみが毎...

続きを読む

子供が集まってクリスマス会やお楽しみ会などをする際に、『みんなでプレゼントを用意して交換』という時間があることが多いのではないでしょうか。 男子と女子で番号を付けて交換したり、くじ引き、じゃんけん、ビンゴ大会をしてビンゴした子から好きなプレゼントを持っていくな...

続きを読む

年末年始のお正月は親戚の人のところに行ったり来たり、多くの人が1度に集まりますよね。私は子供の頃、酔っぱらった親戚のおじちゃんが気前よくお年玉をくれるのが楽しみだった記憶があります。 親があげなくても、子供が祖父母や親戚の人などからお年玉をもらってきたとき、皆...

続きを読む

年末年始で悩むことの1つに、『お年玉』があるのではないでしょうか。 お年玉は我が子にあげるだけでなく、親戚の子供に渡すなどあるので気を遣う必要もあります。 赤ちゃんに対しどうお年玉を渡したら良いのか、金額はいくらが妥当なのかを調べておかないと恥ずかしい思いを...

続きを読む

まだ大人と同じものは食べられない赤ちゃんにも、お正月には特別な料理を食べさせてあげたいと思っているママも、多いのではないでしょうか。 初めての元旦を迎えるという子もいるでしょう。離乳食初期、中期には食べられなかったものも徐々に食べられるようになってきます。...

続きを読む
マーチについて

MARCH(マーチ)では、妊娠や子育ての先輩たちが、ためになる情報を毎日配信しています!新米ママ&パパはぜひご覧ください♪