親子でハロウィンガーランド3つを簡単手作り!安くてもかわいい仕上がり

コメントを見る0
2018/10/12

お友達が集まるハロウィンパーティーの時など、お家の中もハロウィンっぽく飾り付けたいですよね。

でもどんな飾り付けをしたらハロウィンらしくなるのかわからないし、時間もお金もあんまりかけたくない‥‥。

そんな時におすすめなのはガーランド。親子で簡単に作れてお部屋もグッと華やかにハロウィンっぽくなります。

使用するのは100円ショップで手に入る物だけ。お財布にも優しい手作りのガーランドを3種類ご紹介します。

1.ハロウィンが華やかに!折り紙の三角ガーランドの作り方

ハロウィン用に手作りガーランドを飾っている様子

折り紙を使ったガーランドはハサミとのりだけで簡単に作れます!では、その作り方を見ていきましょう。

材料

  • ハロウィン柄の折り紙
  • ハロウィン柄のプラスチックガーランド(ガーランドのプラスチック部分だけを外して使用します)
  • 麻紐やたこ糸などの少し太めの糸

ハロウィン用ガーランドを作る時の材料

使用する道具

  • ハサミ
  • テープのり(スティックのりでもOK)

ハロウィン用ガーランドを作る時の道具

【作り方】

最初にフラッグを作っていきます。まずは折り紙を三角に折ります。

ハロウィン用ガーランドを作る手順の画像

二等辺三角形の両端を合わせて真ん中をつまみ、折り印をつけます。このとき、全体を折ってしまわないよう気をつけましょう。

ハロウィン用ガーランドを作る手順の画像

下の写真のように、印を付けたところに合わせて折ります。(左右とも折ります)

ハロウィン用ガーランドを作る手順の画像

今つけた折り目に沿って、ハサミで切ります。

ハロウィン用ガーランドを作る手順の画像

三角のフラッグになりました。これを複数枚用意します。飾りたい場所に合わせて紐の長さやフラッグの数を調節しましょう!

ハロウィン用ガーランドを作る手順の画像

一度開いて、テープのりをつけ、紐をはさんで貼り付けます。飾るときに輪を作ったりするので、一つ目のフラッグは紐の端から30cmくらいのところに貼りましょう。

ハロウィン用ガーランドを作る手順の画像

フラッグとフラッグの間は1.5cm~2cmくらい空けます。すべて張り終わったら、張り終わりから30cmくらい残して紐を切ります。

紐から外しておいたガーランドのプラスチック部分をテープのりで貼り付けます。

ハロウィン用ガーランドの完成画像1

これで完成です! 折り紙感覚で簡単にできますので、親子でお楽しみください。

2.暗闇で光る!蓄光ガーランドの作り方

ハロウィン用ガーランド暗闇で光るバージョンの完成画像

明るくても可愛いし、部屋を暗くするとボゥッと暗闇にお化けやカボチャが浮かび上がる、子供たちも大喜びのおもしろいガーランドの作り方です。

材料

  • 蓄光素材のハロウィンプレート
  • 黒画用紙(B4サイズ)
  • 麻紐やたこ糸などの少し太めの糸

ハロウィン用ガーランド暗闇で光るバージョンの材料

使用する道具

  • ハサミ
  • テープのり(スティックのりでもOK)
  • 両面テープ

ハロウィン用ガーランド暗闇で光るバージョンの道具

【作り方】

黒画用紙を細長く二つ折りにします。

ハロウィン用ガーランド暗闇で光るバージョンの作り方の手順

折ったものを4等分にします。半分に折って折り目を切り、それをもう一度半分に折って切ると簡単に4等分できます。今回はプレートが6枚あったので紙も6枚用意しました。

飾りたい場所に合わせて紐の長さやフラッグの数を調節しましょう!

ハロウィン用ガーランド暗闇で光るバージョンの作り方の手順

開いている方を2枚重ねたままギザギザに切ります。切り方は特に決まりはないので、心のままに切りましょう!

ハロウィン用ガーランド暗闇で光るバージョンの作り方の手順

フリーハンドで切るのが難しいと感じたら、鉛筆で下描きしてもいいですね。黒に黒ですが、鉛筆の線は光るのでよく見えます。

角を曲がるのは難しいので、矢印の方向からに頂点を目指してハサミを入れると簡単に鋭角が出来上がりますよ。

ハロウィン用ガーランド暗闇で光るバージョンの作り方の手順

切り終わったら紙を開いて、テープのりを塗り、紐を挟んで貼り付けます。飾るときに輪を作ったりするので、一つ目のフラッグは紐の端から30cmくらいのところに貼りましょう。

フラッグとフラッグの間は2cmくらい空けます。すべて張り終わったら、張り終わりから30cmくらい残して紐を切ります。

ハロウィン用ガーランド暗闇で光るバージョンの作り方の手順

プレートの裏に両面テープを付け、フラッグに貼ります。

ハロウィン用ガーランド暗闇で光るバージョンの作り方の手順

ハロウィン用ガーランド暗闇で光るバージョンの完成画像

これで完成です! 大ぶりなフラッグで存在感のあるガーランドになりました。

3.ハロウィンロゴガーランドの作り方

ハロウィン用ロゴガーランドの完成図

HAPPY HALLOWEEN のロゴが可愛いガーランドです。ハロウィンカラーでアイキャッチもばっちり!早速作り方を見ていきましょう。

材料

  • 色画用紙(黒・オレンジ)
  • 英字転写シート(白字・黒字)
  • 麻紐やたこ糸などの少し太めの糸
  • ハロウィン柄の折り紙(なくてもOK)

ハロウィン用ロゴガーランドの材料

使用する道具

  • ハサミ
  • テープのり(スティックのりでもOK)
  • 定規

ハロウィン用ロゴガーランドの道具

【作り方】

まず、黒とオレンジの色画用紙を長い方向に3cm幅に切ります。細長く切れたら9cmでカットします。(3X9cmの短冊ができます)

ハロウィン用ロゴガーランドの作り方手順

黒・オレンジ各8枚ずつ用意します。もしあれば、ハロウィン柄の折り紙も同じ大きさに切っておきます。

カットしたものを半分に折ります。

ハロウィン用ロゴガーランドの作り方手順

開いている方を2枚重ねて三角に切り取ります。だいたいで構いませんが、横幅の半分、端から1cmくらいのところを目指すときれいな形になります。

1枚が切れたら、あとは計らず写真のように印をつけると簡単です。両角から頂点を目指してハサミを入れれば同じ角度の三角形に切り取れます。

ハロウィン用ロゴガーランドの作り方手順

黒、オレンジと交互に並べておき、転写シートの英字を転写していきます。このとき、黒には白字を、オレンジには黒を転写します。

ハロウィン用ロゴガーランドの作り方手順
転写ができたら一度開いて、テープのりをつけ、紐をはさんで貼り付けます。飾るときに輪を作ったりするので、一つ目のフラッグは紐の端から30cmくらいのところに貼りましょう。

フラッグとフラッグの間は5mmくらい空けます。HAPPYとHALLOWEENの間に折り紙のフラッグを挟むとアクセントになります。

折り紙フラッグの両脇だけ少し広めに間を空けるとバランスがよくなります。すべて張り終わったら、張り終わりから30xmくらい残して紐を切ります。

ハロウィン用ロゴガーランドの完成図

これで完成です!

お部屋に飾ってみましょう!

ガーランドができたら、早速お部屋に飾ってみましょう。ただ貼るだけでは味気ないので、残った紙でちょっとしたアクセントになる飾りを作ってもいいですね。

例えば‥‥

ハロウィン用手作りガーランドを実際にお部屋に飾っている様子

このようなクルクル飾りなどはいかがでしょうか?簡単に作れますよ。まずは残った紙を細切りにします。

クルクル飾りの材料

写真ではたまたま揃っていますが、長さや細さは揃っていなくても全然OK!片方の端をまとめてホチキスで留めます。

クルクル飾りの作り方

これも揃っていなくて大丈夫。むしろ揃えない方がきれいにバラけてくれるので適当に留めましょう!

次に、ハサミの刃を閉じてアトラクションのバーを握る感じで握り、親指とハサミの間に紙を挟んで軽く親指を押しつけます。

クルクル飾りの作り方

この状態のまま、手前に勢いよく引っ張ります。力を入れすぎていると動きませんので、力を入れているけど動く、というギリギリのところで引っ張りましょう!

きれいに丸めるコツは、途中で止めたりせず一気に引っ張りきることです。

クルクル飾りの完成図

全部引き終わるとこのような感じになります。

バランスよく作るには、全部を端から端まで丸めるのではなく、途中から丸めるものと全部丸めるものを作りましょう。

ついでにコウモリやネコなどハロウィンらしいモチーフをいくつか切っておくのも、飾り付けに役立ちます。

手作りハロウィンモチーフ

お部屋に飾る時には、紐を留めたところを隠すようにクルクル飾りとモチーフを付けるといいですよ。ハロウィン小物やグリーンと組み合わせて飾るとさらにオシャレ度UP!

ハロウィンのお部屋飾り完成図

ガーランドを1本だけ飾ってもいいですが、写真のように重ねて飾るとグッとにぎやかになります。ぜひ試してみてくださいね。

ハロウィンガーランドは楽しく安く簡単に作れる!

3種類のガーランドをご紹介しましたが、いかがでしたか?黒とオレンジを多めに使えば、多少他の色を足してもハロウィンらしく仕上がります。

きっちり作る必要もありません。少しくらいガタガタになっても大丈夫!ハロウィンらしい味になってくれます。気にせずどんどん作って下さい。

今回の材料は黒画用紙以外はすべてSeriaで揃えましたが、家にある折り紙などでも作れますので、いろいろと試してみてください。

慣れてきたらカボチャ型やお化け型などアレンジしてみるのも楽しいですね。たくさん作って窓やドア、壁に貼ってハロウィン気分を大いに盛り上げてくださいね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ