お祝いをもっと嬉しく!喜ばれる出産祝いや内祝いのポイント

出産は人生の大きなセレモニーです。赤ちゃんが産まれると親族や友人・同僚からお祝いを頂くことも多いでしょう。

我が家の赤ちゃん誕生を、周囲の人々が祝ってくれている……パパやママにとって、嬉しい瞬間です。

お祝いをいただいたらお返ししなければならないもの。出産祝いのお返しを、内祝いといいます。でも普段慣れないことだけに、困ってしまいますよね。

  • いつごろお返しすればいいの?
  • どんな品物が喜ばれるの?
  • 赤ちゃんを連れて買い物に行くのはムリ!

という疑問や悩みを抱えたママにお答えする、お役立ちの記事を特集しました。

また、周囲の人に赤ちゃんが産まれた時は、こちらが出産祝いを贈る立場になります。赤ちゃんを育てているママとして喜ばれるものをセレクトしてあげたいですよね。

そこで、育児の経験がキラリと光るハイセンスな出産祝いのアイデアをピックアップしました。

双子ちゃんへのお祝いや2人目・3人目ベビーへのお祝いをはじめ、ママにも喜ばれるグッズを探している時にピッタリです。参考にしてみてくださいね。

出産祝いを贈る時、のしについて迷うことはないですか? 水引はどれを選ぶ?表書きは何?連名で贈りたいけどどうやって書く?などさまざまな点で迷ってしまうことがありますよね。 今回は、出産祝いを贈る際ののしや水引の選び方から、表書きの書き方をレクチャーします!...

続きを読む

赤ちゃんが生まれて、贈られる出産祝い。普段、付き合いのあまりない親戚や近所の人から頂いた場合の、出産内祝いの相場はどれ位なのでしょうか。 相手別、7つのケースの内祝いの相場や、ギフト選びのポイントを解説していきます。 [toc] 出...

続きを読む

出産祝いを頂く時期は、お七夜が済んでから生後1か月の間とされています。頂いた相手の方に、内祝いを贈る時期は、生後1か月から遅くとも2か月以内が一般的です。 頂いたお祝いには、お礼の手紙やメッセージを送ると感謝の気持ちがより伝わります。手書きのお礼状やメッセージ...

続きを読む

贈り物に付けるのしには、昔はアワビを薄くのばして干したものを使っていたそうです。今はもちろんアワビをつけることはせず、贈り物の文化も簡略化されつつあります。 簡略化しつつあるとはいえ、失礼にならないように最低限ののしのマナーを確認して、心をこめて内祝いを贈りた...

続きを読む

出産内祝いには、かつては紅白餅などの縁起物を贈ることが主流でした。今では、お祝いをくれた人に応じたお返しを贈ることが一般的ですね。 産後すぐはママも大変なので、家にいながら内祝いを注文できるギフト通販がおすすめです。ネットショップの通販は、ギフトラッピングやメ...

続きを読む

昔は、内輪のおめでたい出来事があった時に、ふるまいの品物を贈ることが「内祝い」でした。 今では、内祝いは頂いたお祝いのお返しとして品物を贈るという形になっていますね。 形式は変化しても、感謝や喜びを伝えたいという気持ちは同じだと思うので、最低限のマナーを...

続きを読む

出産の報告を受けると、とても嬉しいですね。報告メールの返信や出産祝いと共に、一言、心のこもった温かいメッセージを添えてみませんか? 妊娠・出産を乗り越えて、赤ちゃんのお世話を頑張っているママに喜ばれるメッセージを書くためのコツや注意点、そしてメッセージを送る相...

続きを読む

赤ちゃんが生まれたという報告、自分のことでなくてもとてもうれしいですよね。 おめでとう!」と言いながら、頭の中にこんな疑問、浮かんできませんか?「出産祝いって、いくら包めばいいのかな…?」 今回は、贈る相手との関係別に、出産祝いの一般的な相場と現金で出産...

続きを読む

出産祝いのギフトとして常に人気の高いベビー服。 特に女の子を出産予定の方にはとびきり可愛いベビー服を贈ってあげたい!という声も多いです。 リーズナブルなイメージのお店だと、可愛らしくてもギフトにはそぐわないのかな…かといって出産祝いの王道のような...

続きを読む

出産祝いのギフトで最も人気があるものの一つ、、それって実はベビー服のようですよ! でもいざ選ぶとなると、どのブランドにしたら良いか迷ってしまうこと…ありますよね。 特に男の子のベビー服は女の子に比べてバリエーションが少ないと感じている方も多いはず...

続きを読む
マーチについて

MARCH(マーチ)では、妊娠や子育ての先輩たちが、ためになる情報を毎日配信しています!新米ママ&パパはぜひご覧ください♪