学資保険や出産後に忘れない為の公的保障まとめ

”保険や社会保障制度”のカテゴリー一覧

妊娠したことが分かってから出産後にかけて、やっておかなくてはならない手続きがたくさんあります。 赤ちゃんが社会の一員になるために必要なことと同時に、妊娠中のママの金銭的な負担を軽くする目的も持っています。 出産、子育てにはお金がかかります。国からのサポー...

続きを読む

妊娠・出産をした年は、普段に比べてかなりの医療費が掛かります。国民健康保険中央会の発表では、平成28年度の出産費用の平均が505,759円、中央値が 493,460円だそうです。 子供のためにも何かとお金がかさむので、少しでも出費を抑えたいところです。 ...

続きを読む

小さな体で生れた子供は、内蔵や脳などが未発達な場合があり、長期の入院が必要になります。 治療は新生児緊急救命室(NICU)で行われます。保育器や呼吸器などの機材を使い、1人で生きていけるようになるまで慎重にケアを受けます。 ですが、この間の医療費は高額で...

続きを読む

雇用保険に加入しているなど一定の条件を満たし育児休業を取得した場合に支給される『育児休業給付金』 実際にはどのくらいの金額を受給できるのか心配なママも多いのではないでしょうか。 受給金額は育休取得前の給与額によって算出されるのですが、どのような計算方法で...

続きを読む

育児休業給付金を受給するためには申請をしなければなりません。 申請方法には手順があり、事業主がする必要のある手続きや事業主に代行してもらえる手続きもあります。 事業主に代行してもらえる場合と自分でする場合、それぞれ実際にどのような手続きが必要なのか確認し...

続きを読む

そろそろ2人目を、そして2人目も産休と育休の取得を考えている ママは、2人目の出産手当金、育児休業給付金の受給金額が1人目より減る可能性もあるので注意が必要です。 給付されてから金額が減っていて焦ることがないように、妊娠前にしっかりと確認しておきましょう。 ...

続きを読む

育児休業給付金は条件を満たしていれば、パートなど正規雇用でなくても受給することができる手当金です。 ですが、正規雇用であれば必ず受給できるわけではないので育休の取得を考えているのであれば、前もって条件を調べておく必要があります。 できれば妊娠前に確認し、...

続きを読む

出産するには大きな費用が必要になってきます。費用がかかってしまうことで、妊娠をためらう家族や女性も多くいます。ですが、出産に伴い貰える手当金があることを知っていますか? 特に出産手当金は働く女性が安心して出産を迎える為の社会保障です。出産手当金以外にも健康保険...

続きを読む

産前産後に取得することができる産休ですが、ほとんどの場合が無給扱いとなってしまいます。 ですが、条件を満たしていれば産休を取得しても出産手当金を受給することができます。 受給のためにはどのような条件があるのか、金額や受給時期を含めてあらかじめ確認しておく...

続きを読む

貯金が無い・定職についていないなど経済状況に不安があったり、シングルマザーで産むことを決意するママは近年少なくありません。 どうしても出産を諦めざるを得ない場合もあるのでしょうがちょっと待って。もし出産し育てることを選んだ場合、助けになる助成金やサービス・団体...

続きを読む
マーチについて

MARCH(マーチ)では、妊娠や子育ての先輩たちが、ためになる情報を毎日配信しています!新米ママ&パパはぜひご覧ください♪