パパも赤ちゃんといっしょに育つ!パパにしかできないパパの育児

みなさんのお家のパパは、育児に参加してくれますか?世の中では「イクメン」が一時話題になりましたよね。

我が家のパパは激務なので、基本的に育児・家事はママの私の仕事です。でもパパは、子供と一緒にいられる時間は全精力を子供の相手をすることに注いでくれます。

世の中のイクメンとは違うかもしれませんが、ママも子供たちも短期集中で「パパ充電」ができています。

そんな我が家のパパも、長男を妊娠・出産したばかりの頃は、イクメンとは程遠い「ダメパパ」でした。私のストレスは何度爆発したかわかりません。

妊娠して我が子を自分で産み、お乳を与えて育てる母親とは違い、パパは「父親の自覚」が育ちにくかったり、時間がかかることがあります。

新生児ママはママ1年生。同じように、パパも1年生です。育児をするようにイクメン育てもしていきましょう。

激務に追われるパパや休日はゴロゴロ寝てばかりいるパパに手を焼いているママ必見の記事を特集しました。

先輩ママたちがどうやって「パパ育て」をし、ストレスを解消したのか、参考にしてみてくださいね。

子どもに懐いてほしいと思っているパパは多いはず…。でも、朝子どもが起きる前に出かけ、夜寝てから帰ってくるので休日しか子どもと接することができなかったりしますよね。 たまの幼稚園のお迎えは全拒否、休みの日のお留守番は「パパとはしない!」の一点張り。 ...

続きを読む

家事・育児は24時間365日お給料もなく誰に褒められるわけでもなく、やるのが当たり前と思われています。更にお仕事をされている方もいますよね。 妻としてママとして自分としてやる事が山盛りですよね。専業主婦でも仕事をしてても同じです。ほんの少し休みたい、自分の時間...

続きを読む

「娘がパパに抱っこされたら泣いてしまう」「何をするにも旦那がやると嫌がってしまう」そんな悩みを抱えている夫婦も少なくありません。 パパが嫌われてしまうのショックが大きいかもしれませんが、原因は男性だからとかおっぱいが無いからというわけではありません。 問...

続きを読む

ママ友と同様にパパたちのコミュニティーも大切なつきあいの一つですよね。最近はイクメンブームもあり、パパ友同士で子どもたちを遊ばせる家族交流も多いです。 また、園行事の一つ一つも、役員パパさんはじめパパたちが仲良く参加する姿が多く見られます。 ママ...

続きを読む

子育てはママがするものという時代は終わり、産後すぐに職場復帰する女性も多くなった現代。 当然パパも育児に積極的に参加してもらいたいですよね。でも女性と比べて父性が育ちにくいパパは、赤ちゃんにどう接したらいいのか分からないことも。 そんな子育て初心者のパパ...

続きを読む

夫は、周りの方からイクメンと思われています。実際に、全く不満がないと言えば嘘になりますが、私から見ても十分イクメンです。 しかし、初めからイクメンだったわけではありません。夫の性格やツボをしっかり把握して、私の理想のイクメンになるよう仕向けてきたプロセスをご紹...

続きを読む

育児をテーマにした漫画の人気は高く、本屋さんへ行くとさまざまな育児コミックが並んでいるのを目にします。 さらに最近は男性目線で子育てを描く漫画が数多く登場しています。 たかが漫画とあなどることなかれ。それらを読むことによって男性にも女性にも新しい...

続きを読む

イクメンと言う言葉は世の中に広まっていますが、具体的にはどんな人のこと?と聞かれたら、イメージがわかない人も多いのではないでしょうか。 イクメンとは「育児をするメンズ(男性)」の略語で、厚生労働相が「イクメンプロジェクト」を立ち上げたことから認知が高まりました...

続きを読む

子育てはママひとりだけではできません。でも実際は子育ての主役になっているのは自分で、パパはほとんど参加してくれないケースが多いのです。 育児を手伝ってくれないパパに対してママのイライラはつのります。子育てに関して、パパと言い争いばかりしているのもつらいですよね...

続きを読む

初めての留守番はパパにとって未知の時間です。日頃から育児に参加しているし、泣いたらオムツかミルクあげればいいんでしょと余裕なパパは要注意です。 普段知らないお子さんの姿を見る事になるでしょう。ママに帰ってきてーなんて電話しなくて済むように、しっかり事前準備...

続きを読む