気になる子供のチック行動の主な原因3つ!なりやすい子供とは?

コメント0
2017/04/28

チックとは、子供の1~2割に発生する精神疾患の一種だと言われています。多くが3、4歳のうちに発症し、18歳までには自然に寛解して行きます。

このチックの原因とはどのようなものがあるのでしょうか。症状が現れている時、ママは、どうしてこんな癖が出てしまったんだろう、と気になってしまいます。

チックになりやすい子供にはどんな特徴があるのでしょうか?原因が分かっていると、自分の子供がチックになったときもそれほど不安を感じずに済みます。

チックのメカニズムは神経伝達物質のバランスの乱れ

チックの原因は、脳の神経伝達物質であるドーパミンのバランスが崩れることによって起きると考えられています。

はっきりしたことはまだ分かっていませんが、現時点で最も支持されているメカニズムです。

  • 運動神経の調節
  • 快感を生じさせる
  • 意欲、学習の調節

ドーパミンは、これらを担っている物質です。統合失調症や認知症とも深く関わっている物質で、対処法として薬物療法がおこなわれます。

幼児期から学童期に掛かる年代は、様々な環境の変化による精神的ストレスでこのドーパミンの働きがアンバランスになりがちです。

それによって、運動神経をつかさどっている脳の機能に乱れが生じるために、各症状に見られたような不随意な運動が現れるのです。

この神経伝達物質の乱れが引き起こされるきっかけとして、家庭や集団生活の中でのストレスが挙げられます。

幼児期の終わりや学童期の始まりは、小学校進学など日常生活に変化が多い時期です。そのため神経に過度の負担がかかり、チックなどの神経症状が起きやすいと考えられています。

チックの原因は大まかに分けて3つあります

チック症には音声チックと運動チックの二種類があります。まとめると、様々な運動が継続的に引きこされて、癖の様に見えてしまう症状です。

チックの代表例はこちらです

  • 音声チック・奇声を発する、咳払いや鼻啜りをする
  • 運動性チック・瞬きが多かったり首や肩を振り回

これらのチックは、その多くが発症から1年以内に自然に消滅して行きます。しかし中には始まってから1年以上、慢性化してしまう例もあります。

この慢性化したチック症を、トゥレット症、トゥレット症候群、トゥーレット症、トゥレット障害などと呼び、症状が重い場合は薬物治療が行われることもあります。

この様なチック症に陥ってしまう原因にはどのようなものがあるのでしょうか。大まかに分けて3つが考えられています。

遺伝的な要因からチックが起こる

チックの原因には遺伝子的な要因もあるのでは、という考え方があります。チック症の慢性化例のトゥレット症には、同じ家系内で複数の発症者が見られるからです。

身内にチック症の発症者が居た場合、65%から90%という高い確率で同一家系に発症者が居るという研究結果が出ています。

そのためにチック症とは、遺伝性の疾患であるという見方もされています。

  • 一卵性双生児の場合二人同時にチックを発症する確率は53%
  • 二卵性双生児でも8%

この確率で二人同時にチックを発症すると調査されました。双生児調査は遺伝性の要因を調べる時に取られる手法です。

ですから双生児を使った遺伝子調査は、かなり信頼度が高いと言えるでしょう。その上で、先に書いたような高い水準でチックの同時発症が起こっているのです。

このため、チックには遺伝によって起こるという側面があるのでは、とした見解が為されることもあるのです。

しかしすべての一卵性双生児が同時にチックを発症するというものではありません。これはあくまで研究過程における一つの仮説です。

でも、仮説として考えるとしても、もし親戚の子や兄弟にチックと診断された子供が居れば、気になる癖だな、と感じているものもチックなのかもしれません。

精神的ストレスを原因としたチックの発症

神経や遺伝子など身体的な要因とは別に、心因性の原因に着目した考え方も根強いものがあります。

それは精神的な緊張やストレスを原因として、音声チックや運動チックが引き起こされるというものです。

そのためかつては、親が子供に過剰なストレスを与えているので、その反動としてチックが起きるのではないかと考えられていました。

現に、チックの症状がみられる子供が、学習発表会や運動会など、緊張の強まる状況に置かれると、症状がひどくなるという報告もあります。

強い精神的ストレスは様々な精神疾患の原因となります。チックの原因としても精神的なストレスが多くを占めているのかもしれません。

精神と肉体の働きは密接につながっています。体調が良いときは気分も良くなりますし、気分が悪い時はなんとなく体もだるかったりしますよね。

だから、精神的なストレスを深く感じている子供はそれが体に現れて、チックの症状にも現れるのです。これは緊張を表現する一つの方法なのです。

この場合対処として、なるべく子供に掛かっているストレスを緩和して、今以上の緊張を与えないことが重要だと考えられています。

チックを起こしやすい子供もいる

先に見てきた原因とは別に、性格的にチックになりやすい子供もいる、という見方もされています。

チックになりやすい性格の子供はこんな性質を持った子供が多いと言われています。

  • 優しい
  • 繊細である
  • 物事に対してデリケート
  • 対人関係が不器用
これを総合すると、気持ちが敏感で物事を感じやすい子供と言えます。

感受性が豊かな子供ほど、チックを起こしやすいという解釈も可能です。色々なことを感じてしまうからこそ、それが精神的なストレスになるのです。

そしてストレスの項で挙げたようなメカニズムで、チックの発生につながっていくのですね。これが子供の性格によるチックの原因の考え方です。

しかしこれらの性質は決してマイナスなものばかりではありません。チックの症状は時間が経てば自然に治る例が多いので、その後の成長がスムーズになる可能性もあります。

まとめると、チックを発症する子供はそれだけ繊細な神経の持ち主であり、大事に接してあげれば回復後に更なる発達が望めるかもしれない、と言うことです。

チックの原因はお母さんの子育てのせいではない

かつてチックの原因は子育てが原因であると考えられてきました。ですから子供にチックが現れると、お母さんの子育てのせいにされていたのです。

私も長男が1歳ごろの時に、瞬きの回数が多くなったために、身内から「あなたのせいで子供がチックに罹った。」

と言われてショックを受けた記憶があります。あれは本当に辛い一言でした。今でも、古い考え方のお姑さんに同じ指摘をされている方があるかもしれません。

自分の子育てのせいで子供がチックになったなんて言われたら、辛くないお母さんはいないと思います。

お母さんは日々子供を育てるのに必死になっているのです。その一生懸命さを否定されるような言葉です。

しかし、上に書いてきましたように、今ではチックは主に神経伝達物質の異常によって起こる筋肉の不随意な運動と考えられています。

今日では、チックの原因は決して間違った子育てなどではない、という考え方が主流になってきているのです。

だから、自分の子供がチックになってもそれはお母さんの責任ではありません。割り合い多くの子供が一度は経験するありふれた症例でもあるのです。

ですが年配の方にはそんな知識はありません。もし、チックになってしまったことを人から責められても、どうか気落ちしないでください。

お母さんの一生懸命な子育ては、子供の成長や時間の経過とともに必ず報われる瞬間が訪れますから。

身体的、心理的、様々に考えられているチックの原因

チック症を発症する子供の数は多く、回復までの期間も比較的短く済むものというのが現状の見解です。

しかし中にはトゥレット症の様に慢性化、長期化してしまう場合もありますが、それでも18歳以上の年齢でチックを発症するケースはまれです。

多くは幼児期から学童期に発症して自然に治って行きます。まだまだはっきりしたことは未解明で、今後の研究に期待が寄せられる疾患でもあります。

神経を遺伝を原因とする身体的な側面、ストレスや性格を原因と捉えた心理的な側面など、原因には様々な仮説がありました。

これらはまだ仮説でしかありません。しかし、一つだけはっきりと断言されているのは、チックの原因は子育てではないということです。

親の育て方が悪いから、子供がチックになってしまうんだというのは今では古臭い考え方なのです。

もしこんな心無い言葉を投げかえれたママは、ああ、知識のない人なんだな、と気にしないようにしましょう。

不安な場合は心療内科や子供を専門に見ている精神科などを受診すれば具体的な対処の方法をアドバイスしてくれます。

大切なのは、チックが出たからと言って親が神経質になって余計子供を圧迫しないことです。おおらかに接してあげましょう。

▼チック症かも?という行動の詳細についてはコチラも参考にしてみて!

家庭が安心して、落ち着いて過ごせる場所になっていれば、チックの症状も寛解するのが早いでしょうし、何より子供の心が安定します。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ