"ギャラン反射”は、赤ちゃんがお腹の外の世界に適応していくために必要な反射である“原始反射”のひとつです。 原始反射にはさまざまな種類がありますが、なかでもギャラン反射は、「動きが大きく可愛くて、動画に残したい!」というパパ・ママが多い反射です。 ...

続きを読む

緊張性迷路反射”は、赤ちゃんが正常な発達をしていくプロセスとして必要不可欠な反射である“原始反射”のひとつです。 原始反射の種類はいろいろとありますが、なかでも緊張性迷路反射は赤ちゃんが生まれてすぐ胎外の生活に適応するために大変重要な反射です。 ...

続きを読む

赤ちゃんの、ひと時しか見られないけれど健全な成長のために不可欠な反射である“原始反射”の一つに、“非対称性緊張性頸反射”という反射があります。 漢字だらけでなんだか難しそうな反射ですが、実はとっても可愛いポーズを見せてくれる反射なのです! 非対称性緊張性...

続きを読む

思い返せば、バギーに座らなかったり、床に下ろせばどこかに行ってしまったり…落ち着きがないように感じたこともありましたが、元気な証拠と思い直していました。 そもそも、子どもの発達障害の存在すら知らなかったのです。面談で幼稚園の先生から“息子の個性”について指...

続きを読む

赤ちゃんの目には物や人がどんな風に見えているのか気になりませんか。 赤ちゃんは、きょろきょろと首を動かして色々な方を見たり、時にはじっと一点を見つめたりしますが、物が見えているのでしょうか。 目があっているような気がするけれど、本当にママやパパの顔が見え...

続きを読む

出生時、赤ちゃんの体が小さいと見た人は心配になるでしょう。この先ちゃんと大きくなれるのか不安ですよね。 体の小さな子は、生まれてからの成長もゆっくりで、後遺症も出やすいのです。障害が残る場合もあります。低体重児に起こりやすい障害を見ていきましょう。 ...

続きを読む

早産や胎児発育遅延を理由に低体重で生また赤ちゃんは、お腹の中に居るはずのところを、急に出てきてしまったような存在です。 臨月までお腹にいたらなら、しっかりと体の準備が整って、内臓等の組織も発達しているはずです。でもそうではありません。 だから正規産で生ま...

続きを読む

赤ちゃんの人見知りの程度には個人差があります。 人見知りが激しい赤ちゃんは、見知らぬ人だけではなく、これまで平気だったパパ・おじいちゃん・おばあちゃんに対しても「ギャアアー!」と大泣きしてしまうことも多く、泣かれる本人は寂しいです。 また、赤ちゃんのお世...

続きを読む

人見知りが激しい赤ちゃんを育てていると、あまりにもちょっとしたことでギャン泣きをされてばかりで、親も疲れてしまいますよね。 ひどい子の場合はパパ見知りも激しいことも多いため、お世話をできる人がママしかいない、という状況になっていることも…。 少しでも赤ち...

続きを読む

生後6ヶ月前後から多くの赤ちゃんに見られる人見知り。しかし、中には、いつまで経っても人見知りがない赤ちゃんもいます。 赤ちゃん自身の個性によって、人見知りがなかったり軽度であったりすることはふつうのことです。 しかし、中には人見知りのなさが、発達障がいの...

続きを読む