子育てに占いを活用して人間関係をより良く!西洋占星術について知ろう

コメントを見る0
2019/01/24

「育児に西洋占星術を」というテーマで、占い師の先生のお話を聞きました。西洋占星術といえば星座別の星占いが代表的です。

通常知っている自分の星座は「太陽星座」といわれるものです。自分が生まれた時、太陽が十二宮のどこにあったかを示しています。

太陽系の天体は太陽のほかに月や水星、火星などあります。西洋占星術では本来、太陽系10個の天体の星座すべてを総合的に見るそうです。

誕生日によるホロスコープを作ることで、その人の運勢がより詳しくわかります。育児や人づきあいなどの人間関係にも、西洋占星術を活用できますよ!

星座でわかる!気になるあの人の特徴

星座によって性格に特徴があり、行動パターンや属性でグループ分けもできます。自分はどの星座と似通っているか、または違っているかがわかります。

気質を表す4つの属性

12星座は火、地、風、水の4属性に分けられます。それぞれが特徴的な気質を持っています。

火…牡羊座、獅子座、射手座
リーダー的気質。向上心が強く情熱的、物事を最後までやり遂げる。興味のないものには驚くほど無関心。熱しやすく冷めやすく極端。
地…牡牛座、乙女座、山羊座
独自の価値観を持ち、それに従って行動。バランス感覚に優れ、補佐的な立場で能力を発揮。
風…双子座、天秤座、水瓶座
周囲に敏感。一見、気分屋だが、周りに合わせた対応でコミュニケーション力を発揮できる。逆に、自身の行動も周囲に影響を与える。
水…蟹座、蠍座、魚座
感情豊かで情熱的。自分にとって必要と判断した人にはとことん尽くす。無関係と判断した人に対しては全くの無関心。
風と水は人との関わりを好みます。火と地はどちらかと言えばひとりが好きです。水と地、火と風は馴染みやすくなっています。

行動パターンで分かれる3グループ

12星座は、似通った3つの行動パターンでも分けられます。

活動グループ(自分から行動する)…牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座
それぞれ春分、夏至、秋分、冬至と季節の始まりの日付を担う星座。活動的で行動力がありエネルギッシュ。
不動グループ(自分は動かない)…牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座
内向的で腰が重く頑固。同じことを続けるのが得意。自身の信念を持っている。
柔軟グループ(周りの動きを受けて動く)…双子座、乙女座、射手座、魚座
適応力があり、外交的と内向的な性質を併せ持つ。周りの影響を受けやすい。

あなたの星座の特徴は?星座別に見てみよう

星座を区切る日付は、境目が年によって変動します。占いによっては日付が違うことがあります。境目が誕生日の人は両方見るようにするといいそうです。

牡羊座 3/21〜4/19(火、活動)
元気 瞬発力あり 情熱的 考えるより行動 面倒見がよい くじなど引きが強い(本当の望みに集中すると良い)
牡牛座 4/20〜5/20(地、不動)
実は譲らない 五感が鋭い 感覚にこだわる 美的感覚あり クラシック音楽を好む 喉が敏感 伝統的、芸術的なものに興味 細かいものをコツコツ グルメ
双子座 5/21〜6/21(風、柔軟)
柔軟 臨機応変 情報収集力あり 伝達やコミュニケーションに優れる プレゼン力や競争力あり
蟹座 6/22〜7/22(水、活動)
食いしん坊 愛嬌がある アイドル的存在 日常にとけこむ(サザエさんやNHKが安心) グループやサークル活動得意 協調性、共感力あり(自分も共感してほしい)過去が大切
獅子座 7/23〜8/22(火、不動)
場を盛り上げる 華やか 人の中心になる 目立つ ダイナミック 前衛芸術的 大げさ
乙女座 8/23〜9/22(地、柔軟)
繊細 全体より細部に目がいく 完璧主義 人とも関わる 健康に気をつかう お腹が弱い
天秤座 9/23〜10/23(風、活動)
バランス感覚あり 社交的 満遍なく多くの人と関わる 考えすぎやなかなか決められないことがある
蠍座 10/24〜11/21(水、不動)
特定の人と上手に関わる マニアック 情や想いが深い 人への執着がある 関わった人へ後々影響を与える
射手座 11/22〜12/21(火、柔軟)
壮大なスケール ロマンと冒険 移動や引っ越し、転勤が多い 乗り物に関わる 矢のように目的へと飛んでいく 過去にこだわらない
山羊座 12/22〜1/19(地、活動)
実直 まじめ 努力 昭和のモーレツサラリーマンのような人 社会と関わる 社会福祉 一生懸命
水瓶座 1/20〜2/18(風、不動)
皆のため、未来のために役立つことを求める 仲間と一緒がいい 変革、改革者 変わった考えの持ち主 地球以外への興味 SF、AI 機械に強い もっと便利にしたい
魚座 2/19〜3/20(水、柔軟)
この世のものではない 見えない世界とつながる 現世を手放して新しいサイクルを求める 持とうとしない その時必要なものが手に入る

12星座全体で人間の成長過程を表している

12星座は牡羊座から始まっています。つまり牡羊座は生まれたての赤ちゃんです。牡羊座の特徴は元気で行動的、運の強さは生まれたての無邪気さによるものと言えます。

赤ちゃんの牡羊座から徐々に成長していき山羊座で大人になります。水瓶座は未来を見据えたいわば未来人。魚座はこの世ではない宇宙的な存在とされています。

12星座は全体でひとつの世界を構成しています。占いを見る時も、相互に関連しあっていることを前提に見るといいそうです。

10個の天体星座がそれぞれに表すもの

太陽系には地球以外に10個の天体があります。水星、金星、火星、木星、土星、天王星、海王星、冥王星、そして月です。

天体星座が表しているものの意味

生まれた時、太陽以外の天体もそれぞれいずれかの星座に位置していました。天体によって担っているものが違います。

天体名 表しているもの 強く影響する時期
太陽
 星座 
会社や学校など公的な自分 26才〜35才くらい
または7〜15才くらいの父子関係
月星座 プライベートな自分 生まれ持った性格 無意識 直感 1〜7才くらい
または幼少期の母子関係
水星
 星座
人との接し方 興味の方向性 得意分野 7〜15才くらい
金星
 星座
楽しみや喜び、愛情表現の仕方 芸術的才能 恋愛運  15才〜24才くらい
火星
 星座
行動パターンや原動力 36才〜45才くらい
木星
 星座
適職、生き方、世の中への貢献の仕方 46才〜55才くらい
土星
 星座
弱みや乗り越えるべき試練 56才〜70才くらい
世代的惑星 表しているもの 強く影響する時期
天王星星座 革命 混乱 変化 普通でない事柄 71才〜84才くらい
海王星星座 その時代の世相や傾向、流行り 85才くらい〜
冥王星星座 その世代や世相の事件や混乱 死後の世界

天王星、海王星、冥王星は世代的惑星と呼ばれています。個人より、むしろ世代や世相といった社会や世界全体についてを表しています。

自分のホロスコープを調べてみよう!

自分や気になる人のホロスコープを調べてみましょう。ネットに無料ホロスコープ作成のサイトがあります。水星、金星くらいまでわかると何となくその人を把握できますよ。

ライター「ほな」と家族の例

「ほな」と夫は誕生日は違いますが、ふたりとも太陽星座が乙女座です。子どもは年の差6才の兄弟で、誕生日は違いますがふたりとも蟹座です。

天体 ほな 上の子 下の子
太陽星座(公の自分) 乙女座 乙女座 蟹座 蟹座
月星座(プライベートな自分) 蟹座 双子座 獅子座 魚座
水星星座(興味や人との接し方) 天秤座 乙女座 蟹座 蟹座
金星星座(楽しみや喜び) 蠍座 蠍座 乙女座 獅子座

夫と私は会話などの食い違いがよくあります。私は大雑把で、なんとなくこんな感じというように話します。夫は細かく詳しく話し、きちんと結論を出したがります。

コミュニケーションを司る水星星座が違います。私は全体のバランスや広く浅くを好む天秤座。夫は細部が気になる完璧主義の乙女座でした。

子どもはふたりとも元気で食いしん坊、友達とよく遊ぶまさに蟹座です。ひとりで遊ぶ時は、上の子は人と楽しみを分かち合うのが好き。下の子は黙々と何かに熱中します。

プライベートを表す月星座が、上の子は人と盛り上がりたい獅子座、下の子は独自の世界を持つ魚座です。月星座を知り、ふたりの行動の違いが納得できました。

星占いを上手に活用!見方のコツ

よく見かける星占いも見方のコツを知ることで、より良く活用できます。

自分に強く影響するのはどの星座?

12星座を丸く円にしてみましょう。時計の文字盤になぞらえると分かりやすいです。円にした時に、自分の両隣と向かい合う星座を覚えておきましょう。

両隣、向かい合う星座の特徴や属性、行動パターンなどを見てみましょう。自分と近い感じか、まったく違うタイプかなど。

星占いを見る時も自分の星座に加えて、両隣と向かい合う星座もチェックしましょう。自分を中心とした周りの状況なども把握しやすいかと思います。

星座同士のアスペクト(関係性)の意味

 
隣り合う星座は師弟関係にあるそうです。12星座は牡羊座から順に成長しています。自分の前の星座は過去の課題、次の星座は目指すべき自分とも言えます。

向かい合う星座は、互いに対照的だったり補い合ったりする関係です。自分に必要なものや、見習ったり手放すものなどを見出すことができます。

自分のために「占い」をより良く活かそう!

占いは、他人や自分自身をよりよく知るためのものです。相性は、「違い」より「共通項」や「妥協点」を見出すために活用しましょう。

相性が悪い人とはつきあわない、とはいきません。何がどう合わないのかわかればつきあい方を変えられ、自分の成長につながります。

「違う」から合わない、ではなく「違い」を知ることで関わり方がわかります。得意分野の「違い」を利用して役割分担ができたりもします。

ここは合わないがこっちは合うなど、分野別の「共通項」も見つけられます。互いに関連しあっているのですから、本当はみんな似通っているのかもしれませんね。

私自身は星占いの見方が変わり、より面白くなりました。西洋占星術についてもっと詳しく知りたいです。皆さんも育児や人間関係にぜひ活用してみてください!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ


マーチについて

MARCH(マーチ)では、妊娠や子育ての先輩たちが、ためになる情報を毎日配信しています!新米ママ&パパはぜひご覧ください♪