両親学級って何のため?パパとママが参加するメリットを紹介!

コメント0
2017/07/18

夫婦で両親学級に参加している様子

最近は至る所で開催されている両親学級ですが、参加したことのない夫婦にとってはそのメリットが良く分からないという人も多いのです。

勉強会ですから、講習を受けるためにはスケジュールを空け、ある程度の時間が必要になります。

妊娠・出産について知りたいことがあれば本やインターネットなどですぐに情報を手に入れられる今、「そこまでして行くメリットは?」と躊躇してしまうのです。

以前は女性のみが参加対象の母親学級が主流でした。しかし育児に参加する男性が増えてきたことに伴って、多く開催されるようになったのが両親学級です。パパママ教室や父親学級などと呼ばれることもあります。

現在ではさまざまな両親学級が自治体、産院、企業などの主催で行われています。ここまで広まったということは、やはりそれなりの効果・メリットがあります。

そんな両親学級に、敢えて夫婦そろって足を運ぶメリットには何があるのか?を5つ紹介します。

1.男性の父親としての意識が高まる

10ヵ月の妊娠期間・出産という大きな経験をする女性に対して、体の変化をそこまで伴わない男性は父親としての意識が芽生えにくいとも言われています。

そんな中、女性が体調や精神が優れない時に気遣いが欲しかったり、育児に協力して欲しいと思っても、それを上手く伝えたり気持ちを説明できないことも多いものです。

そんな立場の違う男性と女性に、育児に対する価値観やモチベーションのズレがあるのは当然のこと。でも両親学級に夫婦で参加することで、その意識の違いを確認するきっかけを持つことができます。

客観的な意見は大切!

保健師さんや助産師さんなど第三者から客観的に妊娠・出産の話を聞くことは、二人だけで話し合う時とは異なる説得力があります。

そして出産にまつわる多くの専門的な知識を共有することもできるようになります。

このような経験をすることによって、その後夫婦で協力して出産・入院準備や育児をしやすくなります。そして何か問題が起こった時にもより具体的な話し合いができるようになるのです。

両親学級を通じて知識を得ることにより、男性は徐々に「自分が父親なのだ」という意識、責任を感じることができるという大きなメリットがあります。

2.土日祝日もしくは平日の夜に開催される

母親学級が平日の昼間に行われることが多いのに対し、両親学級は土日祝日に設定されていることがほとんどです。また、平日の夜に開催されていることもあります。

これは仕事をしている方々が参加しやすいよう配慮をしてのことです。

夫婦二人で参加する両親学級では、開催日時が仕事と重なってしまうことが不参加の理由になってしまう方が多いからです。

なるべくお休みの人が多い曜日・時間帯にクラスを設定することによって、より多くの夫婦が参加しやすいように工夫されています。

もちろん男性だけでなく、働いている妊婦さんにとってもメリットがありますね。

3.同じ立場の夫婦同士での交流も可能になる

両親学級では夫婦同士の交流の時間を設けているプログラムも多くあります。特に自治体主催のクラスでは、参加するのは近所の方ばかりです。

その後の幼稚園、小学校などでも顔を合わせる機会がある人もいるでしょう。

同じ立場の夫婦と交流を持つことによって、不安や悩みを解消できることもあります。夫婦で友達になる機会というのはそれほど多くありません。特に男性同士が情報交換をできる場は少ないので、貴重な経験になりますね。

他の夫婦を見ることで参考にできる

敢えて友達にならなくとも、他の夫婦の様子を見ることができるだけでも学ぶことがたくさんあります。

家庭によって出産や育児に対する考え方、行動の仕方が違うのだということを目の当たりにできるからです。

やる気満々のパパから乗り気でない旦那様まで、異なる世代のさまざまな人を客観的に見て刺激を受けることも良い経験です。

そんな体験を通して、ママ友ならぬパパ友ができて良かった!という意見もあります。

また引っ越してきたばかりの人など、地域に知り合いが欲しいと思っている夫婦にとっても良い機会になるでしょう。

4.体験しながら学習できる講座が多い

両親学級の大きな特徴の一つとして、体験学習の講座が多いということが挙げられます。

具体的には、専用のジャケットやベルトを装着する「パパの妊婦体験」や、赤ちゃんのお人形を使ってやる「沐浴体験」、「おむつ交換体験」などです。

これらの体験講座は、主にパパである男性が経験することを意識した内容になっています。出産後自分の赤ちゃんのお世話を看護師さんから直接教わることのできる女性に対し、男性にはその機会が乏しいからです。

男性がいくら協力して育児に参加すると言っても、全く経験したことのない新生児のお世話を突然やるのは困難です。

出産前の落ち着いた状態でこのような体験をしておくことによって、その後の育児に役立つ知識が身に付きます。

このような経験は専用の道具や準備が必要だったり、何よりそのコツを教えてくれる先生がいないとなかなか難しく、自分でやるには限界があります。

両親学級ではこれらの体験講座を無料で行っているところがほとんどです。夫婦の協力が必要不可欠な育児にとって、これらの経験を二人でできることは大きなメリットと言えるでしょう。

5.立ち合い出産の心構えができる

最近は立ち合い出産を希望する夫婦の割合がとても増え、多くの病院で選択することができるようになりました。

産院によっては事前に両親学級に参加することを立ち合い出産の条件にしているところもあります。そうでなくとも立ち合いを希望するなら、両親学級に参加しておくメリットは十分にあります。

なぜなら何の予備知識もなく男性がお産に立ち会った場合、問題が起こることがあるからです。

立ち合い出産を経験したことのない男性にとって、出産は決してイメージ通りではありません。予想外の状況にショックを受けてしまう方もいれば、何も知らずに撮影や歩き回りなどで医師や病院に迷惑をかけてしまう人もいます。

漠然と「立ち合いたい」と思っているだけでは、いざその時が来てもただ邪魔なだけ…という悲しい結果に終わってしまうことも多いのです。

夫婦で一緒に出産に挑むという心構えが大切です。そう考えると、男性はただの傍観者ではありません。どんな状況でどのように行動するべきか、どんなサポートができるのかなどを事前に予備知識として身につけておく必要があります。

イメージ通りにはいかない立ち会い出産の流れを学べる!

両親学級に参加することによって、陣痛の開始から出産を終えるまでの一連の流れを学ぶことができます。

無痛分娩や帝王切開など出産方法に応じてポイントを押さえておくこともできるでしょう。リスクの確認や不明な点を質問しておくこともできます。

そして妊婦の呼吸法や痛みを和らげるマッサージの仕方、衛生面で気を付けるべきことなど、具体的に行動する方法を体験も含めて勉強することが可能です。

産院主催のクラスなら実際の陣痛室や分娩室を見学し、イメージを膨らますこともできます。

何よりパートナーがそのような知識を持ってそばにいてくれるということは、妊婦にとって大きな心の安心につながります。知識がある人とそうでない人では、言葉の掛け方一つも変わってきます。

身も心も大変な出産の時に、この安心はとても大きな心の支えになるでしょう。

出産・育児の協力は夫婦でバランス良く!

時代の流れと共に、出産・育児についてを「女性のこと」ではなく「夫婦のこと」と考える人たちが増えてきました。これはとても良い傾向だと思います。

しかし立場も性別も違う男女が協力するのは時に難しく、悩みや問題に突き当たることも多いでしょう。

そんな時に両親学級の存在がとても役に立つことがあります。冷静に客観的な知識を身につけることによって、夫婦で協力するための意欲やアイディアが出てくるきっかけを作ります。

各地で開催されているたくさんの両親学級。上手に利用して、夫婦でバランスよく育児をしていけるといいですね。

▼両親学級の内容yについてはコチラも参考にしてみて!

▼両親学級と母親学級との違いについてはコチラも参考にしてみて!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ


マーチについて

MARCH(マーチ)では、妊娠や子育ての先輩たちが、ためになる情報を毎日配信しています!新米ママ&パパはぜひご覧ください♪