2歳の子供のブロック遊び!想像力が身に付くブロックがおすすめ

コメント0
2017/07/30

3歳児がブロック遊びをしている様子

2歳になる子供たちはますます想像力を膨らませていく時期になります。

キャラクターが描かれたブロックではどうしてもそこで想像力が止まってしまう事がありますが、さまざまな形のブロックを使うことでオリジナリティを広げより想像力を身に付けていくことが出来ます。

想像力が発達してくる2歳以降の時期にブロック選びをするポイント

  • 形はシンプルで子供の力でも組み立てることが出来るかたさ
  • 投げてしまうことも多い時期なのである程度やわらかい素材で角が尖っていない
  • 組立方などが描かれた図があり完成させる喜びがある

このような特徴を持つブロックをご紹介していきます。

【井形の学研ステイフルニューブロック】自分だけの形作りをしていこう

井形のブロックという特徴を持っている学研ステイフルのニューブロックは、自分自身も子供のころに遊んだ経験があるというパパやママも多いブロックではないでしょうか?

四角い形のブロックとは異なり、シンプルな井型のブロックを組み立てていくことで立体を作り上げていくことができるため、自分だけの形を作りやすいブロックとなっています。

最初は説明書に書かれている形を組み立てていきながら、その次はどうしようかと想像力を膨らませていくことは、2歳くらいの子供からできるようになってきます。

組み立てることと取り外すことがとてもしやすいブロックなので、指先を使い自分で作ることができるようになってきます。

一つ一つのパーツも大きいので、作り上げた時の達成感もしっかりと味わうこともでき、ブロック遊びの醍醐味を味わうことが出来るブロックとなっています。

はじめは井形のブロックを互い違いにどんどん組み合わせてどちらがどれだけ長く組み立てられるかなど競ってみるのも面白いですね。

どんなふうに組み合わせることが出来るのかを一緒になって遊ぶことで子供は知ることが出来ます。

最初は説明書通りに親子で一緒に組立、少しずつ子供だけで組み立てることが出来るように促していくようにします。そこから別の形も作れることを少しずつ教えてあげてサポートしていきましょう。

【ボーネルンドのポリーエム ベーシックボックス】ガチャガチャ言わないから集合住宅におすすめ

2歳くらいになってくると遊びもダイナミックになってきます。良い意味で言えば遊びに幅が広がりますが、同時に物を投げたりちょっと乱暴な遊びも始まったりしてきます。

集合住宅などに住んでいると、子供の遊ぶ音が周りに迷惑をかけていないかが気になる年頃です。

このような年ごろにお勧めのブロックにボーネルンドの「ポリーエムブロック」があります。

このブロックは柔軟性のある柔らかな素材を使っているためにブロック同士をぶつけても大きな音がしませんし、床に広げた時にも音を気にする心配がありません。

このポリーエムブロックはもともとドイツで親しまれてきたブロックで、箱のふたや箱本体もブロックと同じような突起がついているため、箱や蓋もブロック遊びに使うことが出来ます。

このポリーエムブロックは実は洗濯ネットに入れれば洗濯機で洗うこともできるため衛生的に使いたいという方にとっても、まさにぴったりのブロックということが出来ます。

このブロックにも作品例があるので、まずはパパやママと作品例を参考にして動物や乗り物を作ってみてください。そこからは想像力豊かな子供がどんどん別の物を作り始めます。

想像力を身につけさせて引き出してあげましょう!

すごいね、こんなのができたんだね。とできたものをほめてあげれば、子供はまたどんどん想像力を膨らませて自分の世界をブロックで表現していきますよ。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ