赤ちゃんはかなり頻繁にしゃっくりをします。 苦しそうなので止めてあげたいと思っても、どうした止まるのかよくわからないし、下手に止めない方がいいのでは…と悩んだことはありませんか? 赤ちゃんのしゃっくりのと止め方をご紹介します。ちょっと知っておくと焦らなく...

続きを読む

子どもが感染病にかかってしまった…。感染症の流行シーズンになると、神経を尖らせている親は多いのではないでしょうか。 いくら対策をしていても、やっぱりもらってきてしまうときはもらってきてしまうものです。 そのようなとき、子どもが1人ならば良いのですが、兄弟...

続きを読む

子どもの処方される薬は、シロップ液のこともありますが意外に苦くて飲みにくい粉のことが多いと思います。そのままではまず飲んでくれません。 そんな時、甘味のあるものに混ぜて飲ますといいのですが、ゼリーやアイス、ジュースなどに混ぜていいものか考えてしまいますよね。 ...

続きを読む

日本の夏は高温多湿、冬は低温乾燥が特徴です。四季で気候が全く異なるため、流行る病気にも違いが出ます。 冬に流行する病気と言えば、季節性のインフルエンザやノロウイルス性の胃腸炎などですね。しかし、最近では夏でもインフルエンザに感染する子供が出ています。 夏...

続きを読む

子供が小さいうちは、とかく熱を出したり、病気をもらってきたりしやすいもの。インフルエンザや胃腸風邪、手足口病やプール熱、ヘルパンギーナと、ママの心配も絶えませんね。 かといって、保育園や幼稚園に通い出して集団生活をするようになれば、100%の予防はまず不可...

続きを読む

子供が小学生になると、毎年学校で必ず行われる健康診断。その中で歯科健診より多くの子供がひっかかり「一度病院を受診して下さい」と案内されるのが、視力検査だと思います。 未就学の子供の場合、3歳のときの健診くらいが公になっているもので、あとは自主的に眼科へ行かない限り...

続きを読む

生まれて1~2か月くらいになると、赤ちゃんでも赤色の物に反応したり、電灯に顔を向けたりし、次第に動くものを目で追い出します。 「見えてる!」と大人は大感激しますが、この時点の「見えてる!」は本当にぼんやりとした状態で、大人のレベルにはまだまだ遠く及びません。 ...

続きを読む

ママが初めて経験する赤ちゃんの高熱。その時あなたはどう対処しますか? 大人であれば安静にする、水を飲む、薬を飲むなど自分で対処できますが、赤ちゃんはそうもいきませんね。症状を訴える事もできません。 「頭を冷やしたほうがいい?」「汗をかかせたほうがいい?」...

続きを読む

よく風邪をひいてしまう子もいれば、あまり風邪をひかない子もいますよね。 その違いは、主に病気の元になる細菌やウイルスと戦うための免疫細胞が活発に働いてくれるかどうかで異なります。 風邪をひいて体に症状が出るのは、病気に蝕まれているのではなく免疫細胞を活性...

続きを読む

赤ちゃんの体調を家庭でチェックするための、簡単かつとても重要な方法が、熱を測ることです。 赤ちゃんの体温の変化は、本人が感じている暑さ・寒さを教えてくれるだけでなく、ウィルスや細菌の感染などの病気のサインでもあります。 体温はこまめに測りたいところですが...

続きを読む