神奈川で子供とお出かけ!目的別 おすすめの遊び場12選

コメントを見る0
2018/11/29

神奈川で子供とのお出かけに最適なスポットをテーマ別にご紹介します。

旅行・観光、自然、水遊び、雨の日など目的に応じてスポット選びをしたいあなた!各施設のおすすめポイントを参考に、楽しいお出かけのプランニングにお役立て下さい。

泊りがけの旅行・観光におすすめのスポット3つ

東京都に隣接している神奈川は都心からのアクセスもよく、品川から横浜までは電車で約17分の距離です。

風光明媚な鎌倉・江ノ島、レジャーの八景島など見どころもたくさんあります。

横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール(横浜市)

「横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール」は、赤レンガ倉庫や横浜中華街と同じみなとみらい線沿線にあるアンパンマンのテーマパークです。

ミュージアムの中はアンパンマンワールドのジオラマ展示のほか、おもちゃのプレイコーナー、工作教室、ステージショーなど子供が楽しめるイベントが随時開催されています。

ショッピングモールは入場無料で、キャラクターをコンセプトにした約20のショップが立ち並んでいます。

ここに来ればアンパンマンのグッズが何でも揃うほか、アンパンマンミュージアム限定のグッズも毎月発売されているため足繁く通う人も多い人気のエリアです。

そして最もおすすめのポイントは、モール中央の広場で行われるキャラクターショーです。無料エリアにもかかわらず、アンパンマンやなかまたちと一緒に歌って踊れるショーが毎日開催されています。

お気に入りのキャラクターに合えるチャンス!ショーの内容は季節ごとに変わりますのでホームページをチェックしましょう。

  • 横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール
  • 住所 横浜市西区みなとみらい4-3-1
  • TEL 045-227-8855
  • www.yokohama-anpanman.jp
  • 営業時間 営業カレンダーに準じる
  • 不定休
  • 駐車場あり
  • 持ち込み飲食可

新江ノ島水族館(藤沢市)

「新江ノ島水族館」は江の島大橋のほとりに立地し、海水浴場や公園に囲まれた風光明媚なエリアにあるエデュテインメント型の水族館です。

巨大な『相模湾大水槽』ではおそよ8000匹のマイワシの群れを見ることができ、まるで絵本の「スイミー」みたいな大迫力の光景を間近で見ることができます。

この水槽ではダイバーと魚による水中パフォーマンスも行われており、水中カメラのライブ映像を通して楽しく学びながら海の生き物たちの魅力に迫ります。

そんな「新江ノ島水族館」一番のおすすめはイルカショー!新江ノ島水族館ではステージにトレーナーが立たず、イルカたちだけでステージを行います。

お客さんがイルカたちの動きに集中できるように、トレーナーは観客の見えないところから指示を出しており、イルカたちの生き生きとした演技を間近で楽しむことができます。

そのほか、磯の生物に触れるタッチプールなど子供向けのプログラムもたくさん。小さな子供でも楽しみながら海の生き物に親しむことができます。

  • 新江ノ島水族館
  • 住所 藤沢市片瀬海岸2-19-1
  • TEL 0466-29-9960
  • www.enosui.com
  • 営業時間 営業カレンダーに準じる
  • 駐車場なし
  • 飲食可

横浜・八景島シーパラダイス(横浜市)

「横浜・八景島シーパラダイス」は横浜から電車で約40分の「八景島」にある複合型遊園地です。

島内には水族館、アトラクション、ショッピングモール、ホテル、マリーナなどがあり、家族全員で遊ぶことのできる総合エンタメ施設です。

ピラミッド型の屋根が特徴的な水族館「アクアリゾーツ」はイルカやアザラシなど海棲哺乳類を多く展示しており、トンネルや筒形の水槽によって迫力の泳ぎを目の前で見ることができます。

「プレジャーランド」は子供から大人まで楽しめるが本格的な遊園地です。雨の日や夜でも楽しめるアトラクションがあり、小さい子も安心のキッズゾーンも島内3ヶ所に設けられています。

八景島内にはリゾートホテルもあり、全室オーシャンビューの開放的なお部屋が魅力。バースデー特典や2日分のパスポートがついたお得なプランは要チェックです。

  • 横浜・八景島シーパラダイス
  • 住所 横浜市金沢区八景島
  • TEL 045-788-8888
  • www.seaparadise.co.jp
  • 営業時間 営業カレンダーに準じる
  • 年中無休
  • 駐車場あり
  • 飲食可(一部施設内は不可)

水遊びやアスレチックなど自然に触れるおすすめのスポット3つ

神奈川は横浜や川崎、横須賀といった都市部でも、少し移動すれば広々とした丘陵が広がっています。アクセスの良さと自然を両立した遊び場に親子で大満足まちがいなし!

こども自然公園(横浜市)

「こども自然公園」は、横浜市旭区にある自然豊かな緑地公園です。

園内には「万騎が原ちびっこ動物園」やバーベキュー広場、教育水田、ゲンジボタルの生息地など、自然の中に遊びと学びの場があふれています。

中でも一番のおすすめは「とりでの森」にある巨大遊具。小学生以上が対象のアスレチックの要素をたくさん盛り込んだ冒険遊具によって、子供の体力に応じてさまざまな遊びにチャレンジできます。

丘の傾斜を利用して作られた巨大遊具は、ネットやボルダリング風の遊びをクリアしていくと頂上まで登れるようになっており、頂上からは長~いローラーすべり台で一気に滑降できます。

遊具の間をくぐりぬける疾走感は迫力満点。何度でも遊びたくなること間違いなしの大人気アスレチックです。

長井海の手公園 ソレイユの丘(横須賀市)

「長井海の手公園 ソレイユの丘」は、フランスのプロヴァンス地方をモチーフに設計された21万平米の広大な敷地を誇る農業体験型公園です。

のどかな風景の中で、農園や温室、キッチンガーデン、牧場、バーベキューなど小さな子供でも体験できるプログラムが毎日行われています。

また、全長730mのゴーカートコースや最大斜度18度・全長44mの芝そりゲレンデなど、アクティビティも充実。アスレチックや水遊びができるじゃぶじゃぶ池も人気です。

特におすすめなのが「ふれあい動物村」。カピバラやカンガルー、アルパカ、ヒツジなど草原で暮らすおだやかな動物たちと触れ合えるほか、タカ、ミミズク、大型インコによる珍しいバードショーも開催しています。

園内にはレストランやショップ、温浴施設もありますので、大人もゆっくりと過ごすことができリフレッシュになることでしょう。

  • 長井海の手公園 ソレイユの丘
  • 住所 横須賀市長井4丁目地内
  • TEL 046-857-2500
  • www.seibu-la.co.jp/soleil/
  • 開園時間 9:00~18:00(3~11月)・9:30~17:00(12~2月)
  • 年中無休
  • 駐車場あり
  • 飲食可

こどもの国(横浜市)

「こどもの国」は横浜市青葉区の児童厚生施設です。自然の遊びをまるごと体験できる総合公園として地域の人々に親しまれています。

約30万坪の広大な敷地には芝生広場をはじめ、遊具やアスレチック、つり橋、ボートにいかだ、サイクリングコースなど豊富なアクティビティが満載。園内バスやミニSL、横浜最長のローラーすべり台など、広い園内ならではの設備も見どころです。

スポーツやアウトドア用の施設も充実しており、サッカー場や多目的グラウンド、バーベキュー、キャンプ場のほかスケートや日よけつき屋外プールも季節限定で開放されているため一年中いつでも楽しめます。

そんな「こどもの国」のおすすめポイントはなんといっても本格的な酪農体験です。

牧場には乳牛約40頭、ヒツジ約30頭が放牧されていて、えさやり体験のほか搾乳やポニーの乗馬、幼児向けの「こどもどうぶつえん」など豊富なプログラムで動物たちと触れ合うことができます。

またチーズやバターづくりも体験できるので、夏休みの自由研究にもおすすめ。売店で食べられるソフトクリームやしぼりたての牛乳も人気です。

  • こどもの国
  • 住所 横浜市青葉区奈良町700
  • TEL 045-961-2111
  • www.kodomonokuni.org
  • 開園時間 9:30〜16:30(最終入園15:30)
  • 7~8月は17:00まで開園(最終入園16:00)
  • 休園日 水曜日(祝日の場合は開園)・年末年始
  • 駐車場あり
  • 飲食可

雨でも安心!屋内で楽しめるおすすめのスポット3つ

せっかくのおでかけも、雨が降ってしまったら台無し…でも屋内なら大丈夫!建物内ならではのテクノロジーを体感できる施設もあり、遊びだけでなく学びにもつながります。

カップヌードルミュージアム 横浜(横浜市)

「カップヌードルミュージアム 横浜」は即席麺でおなじみ、日清食品の創業者・安藤百福の業績を記念して建てられた企業博物館です。

ミュージアムのテーマは『創造的思考』。子供たちに見て、さわって、遊んで、食べて、楽しみながら発明・発見のヒントを学んでほしいというメッセージを発信しています。

館内には、自分自身がカップヌードルの「麺」となり、工場での生産から出荷までの工程を体感できるアスレチック「カップヌードルパーク」など体験施設が盛りだくさん。

特に注目の「マイカップヌードルファクトリ」は、自分でデザインしたカップに好きなスープや具材を選んで入れることができ、世界にひとつだけのマイカップヌードルを作ることができます。

想像力を働かせながら自分で作る喜びはもちろん、完成したマイカップヌードルはおみやげにも最適です。

その他にも世界8か国の麺類が屋台形式で食べられる「ヌードルバザール」など、子供だけでなく大人も見ごたえ・食べごたえ十分のミュージアムです。

  • カップヌードルミュージアム 横浜
  • 住所 横浜市中区新港2-3-4
  • TEL 045-345-0918
  • www.cupnoodles-museum.jp/ja/yokohama
  • 開館時間 10:00〜18:00(入館は17:00まで)
  • 休館日 火曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始
  • 駐車場あり
  • 持ち込み飲食不可

ファンタジーキッズリゾート海老名(海老名市)

「ファンタジーキッズリゾート海老名」は小学生までの子供と親子で楽しめる、日本最大級の全天候型室内遊園地です。

園内には、全身を使って遊ぶ大型遊具や電動カーのサーキットコース、壁一面にめいっぱいラクガキできるゾーン、大型ごっこハウスやたくさんのおもちゃが集まった「トイひろば」などのコンテンツが勢ぞろい。

乳幼児向けにはボールプールやふわふわ、抗菌すなばなど、安全で楽しい遊具も充実しています。

中でもおすすめは、好きな衣装を着て写真を撮れる「フォトファッションスタジオ」と、お菓子づくり・ワークショップを体験できる「ファンファンファクトリー」。子供達の想像力を育む参加型のプログラムです。

また「イベントひろば」ではお誕生会や運動会、工作といった参加型イベントを開催しています。

当日のイベント内容はホームページから確認できますので、遊びに行く前に是非チェックすることをおすすめします。

  • ファンタジーキッズリゾート海老名
  • 住所 海老名市中央3-2-5
  • TEL 046-400-7788
  • www.fantasyresort.jp/ebina/
  • 営業時間 平日10:00~18:00・休日10:00~20:00
  • 年中無休(元日除く)
  • 駐車場あり
  • 持ち込み飲食不可

オービィ横浜(横浜市)

「オービィ横浜」は迫力の大自然シアタービジョンと動物のふれあいを体感できる屋内型のエンターテイメント施設です。「みなとみらい駅」の目の前にあり、雨の日でもスムーズなアクセスが魅力です。

館内には日本最大級のスクリーンを備えており、大自然の中に没入するような臨場感あるビジョンを体感できます。

同時にカピバラやアルマジロ、オニオオハシなどの珍しい動物たちとも出会える空間はまさにデジタルとリアルの融合。都心にいながらライブ感ある自然体験ができます。

12種類の猫とふれあえる「キャットパラダイス」のほか、小動物が中心のエキシビジョン「アニマルスタジオ」があり、リクガメの餌やりやインコの手乗り体験など幼児も安心して参加できるプログラムが充実しています。

最新鋭のテクノロジーとともに生き物とふれあう都心のオアシスは、ユニークで直観的な遊びと学びの場を提供しています。

  • オービィ横浜
  • 住所 横浜市西区みなとみらい三丁目5番1号
  • TEL 045-319-6543
  • orbiearth.jp
  • 営業時間 月~木 9:00~21:00(最終入館 20:00)
  • 金~日・祝・祝前日 9:00~22:00(最終入館 21:00)
  • ※一部のエキシビションは営業時間が異なります
  • 不定休
  • 駐車場あり
  • 持ち込み飲食不可

無料・格安で楽しめる穴場のおすすめスポット3つ

神奈川には無料や格安の入場料で楽しめるスポットもたくさんあります。その中から特におすすめの3ヶ所をご紹介します。

電車とバスの博物館(川崎市)

「電車とバスの博物館」は、東急電鉄が運営する交通展示施設です。

東急田園都市線の「宮崎台駅」に直結しており、電車を降りたらすぐに博物館!入り口は本物の改札を模していて、電車好きな子供にはたまらない仕掛けです。

館内は本物の電車やバスが展示されており、シミュレーターがついているものが多数あります。中には車掌さんになりきって車内アナウンスをできる車両もあって、本格的な体験ができるのが魅力です。

懐かしいレトロ車両やジオラマ、シアター等もあり、子供から大人まで幅広く楽しめる上に入場料は大人200円!中学生までの子供は100円で、3歳以下は無料と大変良心的です。

ミュージアムショップではマスコットキャラ「のるるん」のグッズを始め、プラレールやミニカー、ペーパークラフトなどの希少なグッズが満載です。

  • 電車とバスの博物館
  • 住所 川崎市宮前区宮崎2-10-12
  • TEL 044-861-6787
  • www.tokyu.co.jp/museum-2/
  • 開館時間 10:00~16:30(最終入館は16:00)
  • 休館日 木曜日(祝日の場合は翌日)・年末年始
  • 駐車場なし
  • 一部飲食可

川崎市立夢見ヶ崎動物公園(川崎市)

「川崎市立夢見ヶ崎動物公園」は、JR横須賀線「新川崎駅」の近くにある市営の動物公園です。園内には40種類以上の生き物が飼育されており、年中無休で来場者を迎えてくれます。

展示のメインは小動物で、中でもシセンレッサーパンダやフンボルトペンギンが大人気。可愛らしい動きで子供たちのハートをわしづかみにします。

ほかにもシマウマやフラミンゴなど、子供たちが絵本や図鑑で親しんでいる動物たちにたくさん出会うことができ、満足できること間違いなしです。

入園料は無料、年中無休なのでいつ訪れても楽しめます。

小高い丘の上にあるので見晴らしもよく、お散歩やピクニックにも最適。お天気のいい日にぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

  • 川崎市立夢見ヶ崎動物公園
  • 住所 川崎市幸区南加瀬1-2-1
  • TEL 044-588-4030(川崎市建設緑政局緑政部)
  • www.yumemizoo.com
  • 開園時間 9:00〜16:00
  • 年中無休
  • 駐車場あり
  • 飲食可

野毛山動物園(横浜市)

「野毛山動物園」は横浜の中心にある市営動物園で、都市部としてはめずらしい約100種の動物を飼育しています。

インドライオンやスマトラトラなどの猛獣から、アミメキリン、レッサーパンダなど子供たちに人気の動物が盛りだくさん!また園内にはインドクジャクなどが放し飼いになっていて、動物を身近に感じることができます。

中でも「なかよし広場」では、モルモットやハツカネズミなどとふれあい体験ができ、小さな子供たちでも安心して小動物に触れることができます。

園内の歩道橋や看板は柳宗理氏によるデザイン。シンプルで機能的な意匠は野毛山動物園ののどかで優しい雰囲気にマッチしている点も見どころです。

こちらも入園料無料で、園内にはベビーカーの貸し出しや授乳室など赤ちゃん連れにも優しい設備が用意されています。家族全員で安心して楽しむことができますよ。

  • 野毛山動物園
  • 住所 横浜市西区老松町63-10
  • TEL 045-231-1307
  • www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/nogeyama/
  • 開園時間 9:30〜16:30(入園は16:00まで)
  • 休園日 月曜日(祝日にあたる場合は翌日)・年末年始
  • ※5・10月は無休
  • 駐車場なし
  • 飲食可

神奈川のお出かけスポットは定番&穴場のバランスが抜群

神奈川の遊び場は人気の定番スポットだけでなく、知る人ぞ知る穴場も多数。リーズナブルな料金で楽しむことができる場所がたくさんあります。

横浜周辺は都心からのアクセスも良く、東京観光のついでに立ち寄るスポットとしても最適です。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ