ママ友の手土産には何が喜ばれる?失敗しないおすすめの手土産を紹介

コメントを見る0
2018/11/01

子どもを通じて仲良くなるのがママ友。ママ友の付き合いが深まってくると、家にお呼ばれすることがあります。

手ぶらで行くわけにはいかないと思うものの、何を持っていけば良いのか悩むママは多いのではないでしょうか。

子どものためにもママ友とは良い関係でいたいですよね。そのためには手土産にも気を配りたいところです。

ここでは、どういったものが喜ばれやすいか?ということや、選び方のポイントを紹介します。

手土産選びの参考にしていただければ嬉しいです。

手土産の相場はいくら?高すぎても低すぎても良くない!

ママ友に渡す手土産は、どのくらいの値段で考えるのが良いのでしょうか。初めてのお呼ばれのときは、1000~1500円ほどのものを用意する人が多いようです。

あくまで相場です。お茶する程度か食事をいただくのかなどそのときの状況に合わせて値段を決めるようにしてくださいね。

ただし、あまりに高価なものを持参すると相手に気を遣わせてしまいますし、かといって安すぎても配慮が足りないと思われることがあるので、注意が必要です。

「手ぶらで来てね」と言われたらどうする?

ママ友から、前もって「手ぶらで来てね」と連絡がくることがあります。しかし、実際に手ぶらで行くのはおすすめしません。この言葉は建前で言っていることが多いからです。

言葉を真に受けて手ぶらで行くと、「え!本当に何も持ってこなかった」と驚かれることもあるでしょう。

家に招く側は、部屋の掃除など色々と準備をしています。おもてなしをしてくれている感謝の気持ちとして、手土産を持って行きましょう。

手土産の選び方ポイント

手土産を選ぶ際に気を付けておきたいポイントをこれから示します。

個包装が便利

個包装になっていると、お皿などを用意しなくて良いため、洗い物の負担が減ります。人数より少し多めに持参するのが良いでしょう。

食物アレルギーがあるなら配慮しよう

ママ友の子どもにアレルギーがある場合があります。子どもに多いのは、卵、牛乳、小麦アレルギーです。事前に知っている場合は、アレルギー対応のものにしましょう。

筆者の子どもは卵アレルギーだったのですが、ママ友を家に招いたとき手土産に卵不使用のケーキをいただきました。子どもはとても喜んで食べていましたし、心遣いがとても嬉しかったです。

避けた方が良いものは?

手土産として避けておいた方が良いものをこれから挙げます。

ぽろぽろこぼれやすいものは、手間をかける可能性がある

ぽろぽろこぼれてしまうような、食べるのに手間がかかるようなものは避けましょう。大人でも食べにくいものを子どもが食べると、尚更部屋を汚してしまうことになります。

招いた側は、その場で何も指摘しなくても本音では良い気はしていないものなので、控えておきましょう。

手作りのものが苦手な人もいる

料理が得意なママであれば、手作りしようと考えるかもしれません。しかし、特に初めて訪問するママ友への手土産なら、手作りはやめておくことをおすすめします。手作りに抵抗のある人もいるのです。

手作りを用意したいと思うなら、ある程度親しくなってからにする方が無難です。

カフェイン類は妊娠中や授乳中の可能性を考えて避けておこう

紅茶やコーヒーは一見手土産として喜ばれそうですが、ママ友が妊娠中または授乳中の場合があります。

妊娠していてもすぐにママ友には知らせない場合があるので、ママ友の集まりのときには最初からノンカフェインのコーヒーや紅茶にしておくことをおすすめします。

初訪問の場合、スーパーやコンビニで買えるものは失礼だと思う人もいる

気心の知れた間柄になれば別かもしれませんが、初めてママ友の家に訪問するときにスーパーやコンビニで買えるお菓子はやめておいた方が良いでしょう。

最初の印象は肝心です。それなりの気遣いを見せておきましょう。

おすすめの手土産はコレ!

それでは、おすすめの手土産を紹介します。

誰にでも喜ばれる焼き菓子、洋菓子は定番!

デパ地下のスイーツ売り場の物や、洋菓子店のスイーツは定番の手土産です。クッキー、プリン、ゼリーなど食べやすいものが良いでしょう。

果物は子どもにも人気!包丁を使わないものが特におすすめ

果物は喜ばれることが多いです。特に、ブドウやイチゴは子どもに人気ですし、これらは、包丁を使って切り分けなくても良いので片付ける手間も省くことができます。小さい子どもがいる場なら、ブドウは種無しの物を選ぶと安心です。

他の果物なら、最初から一口サイズにカットされている物がおすすめです。カットフルーツの盛り合わせも良いでしょう。

 

100%果汁ジュースは子どもも安心

飲み物も手土産としてよく選ばれます。果汁100%なら子どもも安心して飲むことができますね。ジュースで迷ったら、「ウェルチ」がおすすめですよ。

ランチもいただく場合はドレッシングもおすすめ

ママ友とランチ会をする場合、ドレッシングもおすすめです。何種類か持っていくと、色んな味が楽しめるのできっと盛り上がるでしょう。

デパ地下に売っているようなおしゃれで少し高級な物はママ友同士のランチ会にぴったりではないでしょうか。

筆者もドレッシングの詰め合わせをいただいたことがあります。普段自分が買うようなものではないので嬉しかったです。余っても普段の料理に使うことができるという点もありがたく感じました。

変化球としてお出汁もアリ

定番の手土産はちょっと…という場合、お出汁もおすすめですよ。

筆者は「茅乃舎」のお出汁をいただいたことがありますが、これを使うと料理がグンと美味しくなってとっても感動しました。その頃は子どもがまだ乳児だったので、離乳食作りにも役立ちました。

手土産に気遣いを見せよう

いかがでしたか。ママ友の好みが分かっているなら、それに合わせたものを持っていくなど、気遣いのある手土産選びができると良いですね。

素敵な手土産を持参して、ママ友と楽しい時間を過ごしてくださいね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ


マーチについて

MARCH(マーチ)では、妊娠や子育ての先輩たちが、ためになる情報を毎日配信しています!新米ママ&パパはぜひご覧ください♪