ママの髪型簡単アレンジ8選!イベントや年齢に合わせて

コメントを見る0
2018/11/08

マタニティ・ベビー用品でお馴染みPigeon.infoのママアンケートによると、小さな子を育児しているママが美容院に行ける頻度は約半年に1回がトップ。実に8割のママが、3カ月〜半年以上間が空いてしまう、と答えています。

伸び放題になっていた髪の毛も、簡単なアレンジ方法でガラリと垢抜けたイメージに変わりますよ。今すぐできる簡単アレンジ方法で、マンネリとさよなら!

こなれアレンジ厳選8!子供のイベントにも最適

ママは毎日、まさに髪振り乱して育児に奮闘しています。抱っこしている赤ちゃんに髪がかからないように、我が子に髪を引っ張られないように、と、伸びた髪の毛をとにかく無造作に結んでいる方が多いかもしれません。

子供が幼稚園や小学校に通うようになれば、送り迎えに加えてイベントも増え、その都度コーディネートも悩みの種に。

ここでは厳選して8つのヘアアレンジの方法をご紹介していきましょう。イベントに合ったアレンジを知っておけば、コーデも決まりやすくなりますよ。

ポニーテール:定番なのに位置や前髪で雰囲気がガラリ!

ロングヘアのママが一番簡単にできるアレンジは、やはりパパっとひとつに結ぶポニーテールではないでしょうか。

ひとくちにポニーテールといっても、高さを変えるだけで印象が変わってきます。基本の位置は、顎と耳の延長線上。一番キレイに見えるポニーテールと言われています。しかも嬉しいリフトアップ効果も!

ポニーテールにこなれ感を出すポイントは【ラフさ】。ワックスを馴染ませた手でざっくりまとめると、ゆるさとふんわり感が出てオシャレです。

注意しなければならないのは、無造作過ぎない、ちょうどいい加減。ボサボサし過ぎるとだらしない印象になってしまいますので、手ぐしで結び終えたらトップの髪の毛を少し引き出すくらいがちょうどいいでしょう。

高い位置は元気なイメージ、低くしていくと落ち着いた雰囲気になります。前髪も一緒にオールバックにすれば、ハンサムな印象に。

ポニーテールのイラスト

ボブのママでも短いポニーテールが可能です。高い位置では襟足の髪の毛がたくさん出ますが、それもラフな雰囲気を演出できてOK。低い位置でタイトにまとめれば、一気にきちんと感が。

ボブのポニーテールのイラスト

イベント…幼稚園や小学校の運動会といった、ママも活躍する場面のあるイベントに最適。

くるりんぱ:不器用さんでも簡単!種類も豊富

今やヘアレンジの中でもすっかり定着した「くるりんぱ」。単純なひとつ結びに、ひと手間プラスするだけの手軽さが大人気です。

ひとつに結んだ結び目を少し下に下げ、結び目の上部分を2つに分けることで空いた穴に、結び目をくぐらせるだけ。

とっても簡単ですが、さらに最近では「アレンジスティック」という、くるりんぱのお助けグッズも登場し、さらにキレイに仕上げることが可能になりました。

ハーフアップで。何段階かに分けて編み込み風に。サイドでよこりんぱ。裏側を通してぎゃくりんぱ…などなど、アレンジの種類は無限大!

ポイントは、くるりんぱした後、結び目を軽く締め上げ、ふんわり感を出すために、髪の毛を少し引き出すことです。帽子を被ってお出掛けしたい時も大丈夫!

くるりんぱの手順のイラスト

くるりんぱの手順のイラスト

イベント…参観日や保護者会などのキレイめコーデにも相性◎

シニヨン:襟足すっきり!カジュアルからフォーマルまで

語源はフランス語。束ねてまとめる髪型全般を指しています。毛先が垂れ下がっていないまとめ髪は、全てシニヨンと呼べるので、たくさんのアレンジが含まれますが、馴染みの深いところでいうと「お団子ヘア」が一般的でしょうか。

高めの位置ならカジュアル、低めに作ればフォーマルなコーディネートにもピッタリで、大人な雰囲気に。

まとめることで襟足がスッキリするので、暑い季節にオススメです。毛量の多いママ、ポニーテールにしても肩に付くくらいのロング丈ママは、シニヨンの方が子育ての邪魔にならないかもしれませんね。

基本は結び目に毛束をぐるぐる巻きつけるようにまとめて、ピンで留めるだけです。トップの髪の毛を引き出したり、お団子部分を少し崩すことで、こなれ感もUP!

シニヨンのイラスト

イベント…運動会で激しく動くと崩れてしまう可能性も。遠足や登山に向いていますが、帽子を被るならNG。普段使いがオススメ。

三つ編みアップ:個性を出したいママは三つ編みのひと手間でフェミニンに

三つ編みが苦手…というママもいらっしゃるかもしれませんが、最終的にアップにしてしまうので、キレイにできていなくても問題ありません。

全体をどちらかのサイドに少し寄せながら三つ編みでまとめ、毛先を逆サイドの耳の後ろ辺りに入れ込んで完成です。

編み込んだ部分がチラリと見えることで、シニヨンよりも女性らしさが演出できます。子供をおんぶをすることがなければ、バレッタなどの小物を使って、アクセントにするのもオススメです。

三つ編みアップのイラスト

イベント…参観日や保護者会で少し変化を付けたいママに

ハーフアップ:女性らしくフォーマルな雰囲気でも子育ての邪魔にならない!

ボブヘアのママ、伸ばしかけのママは、ひとつにまとめたくてもレングスが足りない可能性もありますよね。それでも、授乳したりオムツを替える時に、垂れ下がる髪の毛が邪魔になってしまうとイライラ。

そんなママにはハーフアップがオススメ。耳上までのサイドの髪をまとめられるので、下を向いても垂れてくる心配はありません。まとめた部分をお団子にしたり、くるりんぱにしたりと、アレンジを加えることもできます。

前髪も一緒にまとめたり、ロング丈のママがハーフアップにすると、フォーマルな場面でのコーディネートにピッタリです。

ハーフアップのイラスト

イベント…卒入園、卒入学のきちんとスタイルに最適。パール系などの品のある小物使いもオススメ

ノットヘアー:髪の毛を直接結ぶ新感覚!ゴム一本で楽々完成

その名も「結び目」という意味の「ノットヘアー」は、ピンやゴムを使わずに自分の髪の毛だけで作れるアレンジ方法です。

髪の毛を二つに分け、縄を締めるように結んでしまえばOKなのですが、初心者のママの場合は、最後にゴムでひとつに束ねる方法のほうが、より手軽で髪の毛もまとまり、オススメです。ただのひとつ結びにマンネリを感じてきたら、ぜひお試しあれ!

ノットヘアのイラスト

イベント…少し体を動かすイベントでも、静かに参観するイベントでも、オールマイティ。まとめ髪にマンネリを感じたら

前髪アレンジ:ショートやボブでもできる簡単イメージチェンジ法

長さのある前髪を思い切ってぱっつんにしてみるなど、前髪でガラリとイメージチェンジを楽しむ方法もありますが、自分でできるアレンジ方法でも変化を楽しむことができますよ。センターパートのママは、分け目を変えてサイドへ流すだけでも立派なアレンジです。

そして前髪の代表的なアレンジといえばポンパドール。いつも隠しているおでこを思い切って出すと、印象は大きく変わります。同じくおでこを出す方法として、ナナメに流した前髪を編み込むアレンジも。

前髪だけならショートやボブのママにもできる嬉しいアレンジ方法ですよね。

前髪アレンジ方法をイラストでまとめたもの

小物使い:バレッタやターバンでワンランク上の仕上がり

子供がママの髪の毛でいたずらをする時期には不向きかもしれませんが、その年齢を過ぎたら、小物を使ってアレンジするのもオシャレです。

無造作に結んだゴムを隠すだけで、上品で大人な印象。最近はトライアングルプレートの大き目バレッタが人気です。大きなバレッタをひとつだけプラスすると、ただのまとめ髪がたちまちオシャレに変身。

また、同じようにプラスする小物として、簡単便利なターバンはいかがでしょう。こちらは、低めのシニヨンや、ボブヘアの小さいポニーテールなどと相性バツグン。合わせて前髪を上げられるので、とにかく育児の邪魔にならず、ストレスもフリーです。

ターバンの代わりにバンダナにするとアクティブなイメージになりますし、スカーフにすればレングスを結ばなくても大人なイメージに。

ヘアーグッズのイラスト

ゴム・ピン不要のちょこっとアレンジも

ヘアアレンジとなると、どうしてもロングの選択肢が多くなるのは仕方ありません。しかし、ショートやボブのママにも簡単にできるアレンジはあります。

思い切ってパーマをかけるといった大胆なアレンジ方法も良いですが、子育ての時間に余裕があれば、コテやカーラーでいつもと違ったクセをつけてみましょう。

毛先だけを外や内にランダムにクセづけするだけで、外国人風の無造作ヘアーを作れます。全体をクセづけするわけではないので、時間もそれほどかかりません。しっかりとワックスを揉みこめば安定します。

また、片方だけを耳にかければアシンメトリーに。耳にかけた方のサイドをワックスなどでタイトにまとめると、クールな印象になります。ちょこっとのアレンジで、洋服とのコーディネートの幅も広がりますね。

ちょっとしたヘアアレンジの方法のイラスト

アレンジの強い味方!オススメのヘアスタイリング剤5選

髪の毛をまとまたり、アレンジする時に欠かせないのはスタイリング剤です。パーマもかかっていないストレートな髪の毛は、特にまとめるのが難しく、まとめてみても崩れやすかったり、ボサボサに見えたり、と、長持ちしません。

やはり一度アレンジした髪型は、その後気にしなくていいくらいのキープ力が絶対条件。そして、いかに自然に見えるかという点も譲れませんね。

それではオススメのスタイリング剤を厳選して5つご紹介しましょう。

自然に見えて持続力NO.1ワックスタイプ

アリミノ スパイスシスターズ(35g 税込¥1,296)
ハード、ソフト、パーマ、ストレート、ロング、ショート、など、ヘアスタイルに応じて種類も豊富の人気シリーズ。クリームタイプでのびが良く、使い勝手が良いと評判。毛先に自然な動きがつけられ、長持ち。スプレータイプと違って手直しも楽々。シャンプーで簡単にオフできる。
アリミノ ピース(40g 税込¥1,620 80g 税込¥2,160)
同じくアリミノの商品で、こちらもヘアスタイルに合わせて選べる5種類。「軽いけど潤う、強いのにベタつかない」のが特徴で、立体的な束感と強力なセット力を合わせ持つ。フォルムがオシャレで、アクアカシスの香りも人気。
KOKOBUY the productヘアワックス(42g 税込¥2,138)
髪と頭皮に必要な自然由来原料だけで作られたオーガニックヘアケアシリーズ。最大の特徴は、手に取って馴染ませるとオイル状になるため、肌・ネイル・リップまで保湿ケアできるという点。そのため、赤ちゃんにも使えて安心。立体感とエアリー感をキープしながら、毛流れ自在。

泡でしんなり、軽く仕上がるムースタイプ

リーゼ まとめ髪 アレンジつくれるフォーム(150ml 税込¥777)
手ぐしでざっくりまとめられるのに、髪の毛がパラパラせず、しっかりキレイな仕上がりに。ラフなまとめ髪、編み込む、引き出すなどのアレンジも簡単。ゆるふわ感を出したい時にオススメ。フルーティーフローラルの爽やかな香りで、詰め替えがあるのが嬉しいところ。

今やナチュラルもおまかせ!キープ力抜群のスプレータイプ

ケープ ナチュラル&キープ(180g 税込¥392)
ヘアスタイリングのスプレータイプといえば、安定した人気のケープシリーズ。手ぐしで直すことも可能なほどナチュラルな仕上がりをキープしてくれるのに、風や湿気に強いのが、こちらのナチュラル&キープ。スプレー特有のパリパリ感のないまとまりで、重たくならないのも特徴。なんといっても低価格で、コスパも最強
ケープ フリーアレンジ(140g 税込¥463)
立体感、空気感、毛束感といったどんなアレンジも、テクニックいらずで自由にできてしまうスプレー。クセづけが簡単で、髪も手もベタベタしない。ナチュラル&キープよりもキープ力とふんわり感がUPし、無香料なのがポイント。

プラスひと手間のオシャレマジック!年代に合ったヘアアレンジでトータルコーディネートを楽しもう

育児中のママといっても、20代30代40代とそれぞれに似合う髪型があります。

  • ぱっつん前髪や高い位置でまとめるのが似合う20代は、ぜひトレンドを意識して
  • 大人の印象をプラスしたい30代は、毛束感を取り入れたアレンジでフェミニンさを
  • 白髪やパサつきなどの悩みが出てくる40代は、品の良さとトップのボリュームを忘れずに

髪型も手抜きせず、トータルのファッションバランスが整っているママはとても素敵。朝の忙しい時間帯ではありますが、5分程度でできる簡単なアレンジばかりです。

お子さんのイベント内容やママの年齢も頭に置きながら、ヘアアレンジのオシャレマジック、かけてみませんか?

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ


マーチについて

MARCH(マーチ)では、妊娠や子育ての先輩たちが、ためになる情報を毎日配信しています!新米ママ&パパはぜひご覧ください♪