マタニティブラってどうして必要?マタニティブラの種類と選び方

コメント0
2017/09/01

マタニティブラをつけている妊婦さん

妊娠すると様々な体の変化がありますが、中でもバストの変化には驚く方が多いのではないでしょうか。

妊娠前は胸を美しく見せたり大きく見せたり、補整するための道具としてブラジャーを選んでいたと思いますが、妊娠するとその役割も少し変わってきます。

お腹の赤ちゃんの栄養源である母乳をつくるため、だんだんと乳腺や乳管が発達しバストが大きくなってくると、それまでの見た目重視のブラジャーのままでは発達を妨げてしまう恐れもあります。

つわりで気分が悪くなる方も多いので、少しでも楽で乳腺の発達を妨げないブラジャーを選びたいですよね。そして、できれば妊娠期間だけでなく、授乳期間も長く使えるものを選びたいと思うのが当然。

今回の記事では、マタニティブラをどうやって選んだら良いかわからない方に、マタニティーブラにはどんな種類があって、メリットやデメリットは何なのか、いつからつけたらいいのかなどをお伝えします。

ブラジャーの役割が変化!マタニティブラが必要な理由

妊娠前のブラジャーの役割は、主に見た目を整えるためのものですよね。

より美しく見せたい、垂れさがるのを防ぎたいという理由でワイヤー入りのブラジャーで締め付けるように補整していた方もいるでしょう。

しかし、妊娠するとブラジャーの役割が変わります。バストは赤ちゃんに母乳を与える大事な器官。見た目重視のものから、ママと赤ちゃんにとって大切なおっぱいを守るものへと変化します。

普通のブラではなくマタニティブラが必要な理由は、赤ちゃんのための母乳が出るように乳腺や乳管が発達することを妨げないようにするためです。

  • 授乳に向けて発達する乳腺や乳管を圧迫しないようにするため
  • バストのサイズの変化に対応できるつくりになっているため
  • 妊娠中の敏感な肌にやさしい素材でつくられているため
  • 授乳期間も授乳ブラとして長く使えるため
乳腺や乳管の発達は、妊娠してから出産後の授乳期間までずっと続きます。乳腺や乳管が発達してくると自然とバストは大きくなるので、今までのブラジャーでは胸が圧迫されてしまいます。

マタニティブラは、バストの変化に対応するようデザインされています。バストをしめつけず、やさしく守るので、つわりなど妊娠中のマイナートラブルを軽減したり、産後のトラブルを予防する役割もあります。

そして、マタニティブラの多くは授乳機能付きにもなっているので、マタニティ期間から授乳中まで長く使えるものです。

妊娠したら、赤ちゃんのためにも、快適なマタニティライフを送るためにも乳腺の発達を妨げないマタニティブラにつけかえるのが良いでしょう。

マタニティブラはブラトップで代用できる?

最近はブラトップをはじめ、カップ付のタンクトップやキャミソールなどのインナー類も多く売られています。

マタニティブラは、これらのカップ付きインナーで代用できるのでしょうか。

確かにカップ付きインナーは良く伸びる素材でできている場合が多いです。

ただし、マタニティ用としてはつくられていないため、妊娠後期になってくるとウエスト周りがきつくなってしまう方がほとんどです。

また、授乳に関しても専用ではないので、カップ部分が大きく開かず赤ちゃんの顔に当たってしまうなど、授乳しずらいと感じる方が多いようです。

授乳期間まで長く使うものですから、少しでもストレスなく過ごすため、専用につくられたマタニティブラをつけることをおすすめします。

マタニティーブラをつける時期や必要枚数について

マタニティブラは、いつごろつけはじめたらよいのでしょうか。また、何枚くらい持っていればよいのでしょうか。

きつく感じたらマタニティブラに替えよう

先述のように、通常のブラジャーは形の補正や大きく見せることが目的なので、そのまま使い続けていると胸の締め付けが強くなり乳腺の発達を妨げてしまう可能性があります。

妊娠と出産を通して、平均するとバストは2カップ程サイズアップすると言われています。

妊娠が発覚したら、なるべく早くマタニティブラを付けるのが理想的ですが、少なくとも今までのブラジャーできついなと感じ始めたら、マタニティブラの購入を検討しましょう。

マタニティブラは何枚必要?

マタニティブラを購入したママを対象に、何枚必要だったかを調査したところ、3枚と答えたママが一番多かったそうです。自分に合ったマタニティブラが見つかったら、洗い替え用に3枚持っていれば間に合いますよね。

授乳期間が終わるまで、長く使えるとはいっても期間限定のものなので、あまり多く持ちすぎても無駄になってしまいます。最初に2~3枚購入して、必要に応じて買い足してゆくのがよいでしょう。

マタニティブラの主な種類と特徴

マタニティブラの役割は乳腺の発達を妨げずにバストをやさしく守ることにありますが、ひとことにマタニティブラと言っても様々な種類のものが売られています。

マタニティブラにはどんな種類があって、それぞれの特徴はどんなものなのかをご紹介します。

マタニティブラジャーの種類

マタニティブラジャーは大きく分けると、ノンワイヤーのハーフトップ、ブラトップ、ワイヤー入りのブラジャーの3つに分かれます。

ハーフトップ(ノンワイヤー)
マタニティブラの中でも最も締め付け感が少なく楽に感じるタイプ。ホックがなくかぶるタイプで、タンクトップのような感覚でつけることができます。

つわりがひどかったり、今後の変化が読めなくて不安な方、何を買ったらいいか悩んでいる方はまずこのタイプがおすすめ。

ブラトップ(ノンワイヤー)
ハーフトップのような楽さを残しつつ、胸のホールド感を重視したタイプ。ワイヤーがないので締めつけ感は少ないですが、ホックがついていてアンダーの調節ができます。

妊娠前のブラジャーからいきなりハーフトップに替えるのは心もとないと感じる方はこのタイプが良いかもしれませんね。

ブラジャー(ワイヤーあり)
アンダーやトップのサイズが細かく設定されていて胸の形を美しく保てます。

マタニティ用のブラジャーが普通のブラジャーと違うところは、まず素材。コットンやパイル地などの柔らかい素材が使われているものが多いです。

また、乳腺を圧迫しないような柔らかいワイヤーや、深めで容量が大きく伸縮性のあるカップが使われていたりと、体への負担を軽くしたブラジャーです。

家でリラックスしたいときにはノンワイヤーのもの、外出や仕事のときにはブラジャータイプといったように、使い分けるのが良いという声が多いです。

授乳機能にも注目しよう

マタニティブラを選ぶ際に、妊娠中は締め付け感の少なさをとるか、ホールド感をとるかが判断基準となりますが、授乳中にもそのまま使うことになるので、マタニティブラの授乳機能の違いにも注目して選びましょう。

ストラップオープン
ストラップ部分とカップ部分が上下に離れてカップが前に開きます。片方ずつ取り外せるのでブラジャー全体がはだけてしまうことはありません。
ウィンドオープン
ストラップをはずすと窓枠のような二重構造になっていて、カップ部分の前面だけがはがれるタイプです。授乳中も下からバストを支えてくれます。
フロントオープン
カップとカップの真ん中にホックやスナップボタンがついていて、左右に開くタイプです。カップが大きく開くので、授乳時に赤ちゃんの顔にカップがあたるストレスが少ないというメリットがあります。
クロスオープン(カシュクールタイプ)
カップ部分が交差していて、ホックやボタンはありません。交差部分を片手でつかんでずらして授乳します。

ホックやボタンをはずしたりつけたりの手間がなく、すぐに手早く授乳できますが、他のタイプに比べて大きく開かないというデメリットもあります。

マタニティブラの中にはクロスオープンタイプとストラップオープンタイプが組み合わさった商品もあります。

妊娠中は授乳に関してはまだ未知の世界だと思いますが、つけ心地だけでなくどのタイプが授乳しやすいかも念頭に置いて選ぶと良いでしょう。

マタニティブラのパットについて

マタニティブラのパットには取り外せるものと取り外せないものがあります。また、もともとパットが付いていないものもあります。

購入する際には、パットのありなし、取り外し可能かどうかまでチェックする必要があります。特にハーフトップタイプにはパットが付いていないものも多いので注意しましょう。

マタニティブラのパットには、ニップの形を響かせない役割の他に、洗濯して繰り返し使える母乳パットとしての機能をもつものもあります。

妊娠中でも母乳が出る方もいます。肌に当たる面が吸水性、ブラジャー側は撥水性があるパットは、万が一の漏れのときにも安心ですね。マタニティブラを選ぶ際には、どんなパットが使われているのかもチェックしてみましょう。

マタニティブラの価格はどのくらい?

人気のマタニティブラの価格を見てみると、1000~3000円ほどで、2000円前後のものが多いです。

カラフルな色と楽しい気分になるデザイン、付け心地にこだわった「モーブラ」という商品は4000円程度。大手下着メーカーである「ワコール」のマタニティブラは5000円台から売られています。

メーカーにこだわらなければ、お手頃価格で手に入れられますね。

できれば試着して選ぼう。マタニティブラを選ぶときに確認したいポイント

同じサイズやタイプでも、デザインやメーカーなどによってつけ心地や使いやすさは変わってくるので、可能なら試着してから購入するのがベスト。

でも、つわりなどで体調のすぐれない中での買い物・試着は負担になってしまう場合も多いので、そのような場合は口コミ・レビューなどをよく読んで、特徴を確かめましょう。

確認したいポイントは以下のようなものがあります。

サイズは適正かどうか

ハーフトップの場合

頭からかぶるタイプのハーフトップタイプのマタニティブラのサイズはS・M・Lで売られています。この選び方は簡単で、妊娠前の服のサイズに合わせればよいだけです。

ハーフトップタイプはゆったりとしたつくりになっており、サイズの変化にも対応できるものが多いです。

ブラジャータイプの場合
ブラジャータイプを選ぶ場合は、普通のブラジャーと同じようにカップサイズとアンダーサイズが細かく分かれているので、妊娠週数に応じてサイズ選びをしなおす必要があります。

妊娠3か月頃から5か月頃は、一般的にカップは1サイズ、アンダーも1サイズ大きなものが最適と言われています。例えば妊娠前にB75だった方は、6か月まではC80を選ぶことになります。

妊娠6か月から臨月にかけては、胸は穏やかに大きくなる傾向にあり、カップのみさらに1サイズ大きなものを選ぶと良いでしょう。妊娠前にB75だった方は、D80が最適サイズになるということです。

最終的にカップは2サイズ、アンダーは1サイズ大きなものが最適、ということになります。発達する乳腺を圧迫しないように、容量が十分で深いカップのものが安心です。

ホックがついているタイプの場合はホックの数が多い方がサイズや体調の変化に対応しやすいですね。きついものはもちろん良くないですが、大きすぎてもバストをやさしく守れません。程よいホールド感があるかどうかも大切です。

バストの膨らみ方には個人差がありますし、メーカーによって同じサイズでも使用感は異なります。自分に合ったものを選ぶためにも、やはりできる限り試着した方が良いです。

ストラップの広さは十分か

ストラップ部分が細いものだと肩からずり落ちてしまったり、反対にサイズの変化によって肩に食い込んでしまうこともあります。肩の負担を減らすために、できるだけ幅の広いストラップが良いですよ。

幅広のストラップは、安定感があり、胸の揺れも防いでくれるので胸が張ってしまったときの痛みの軽減にもつながります。デザインが可愛くても、ストラップの幅が狭すぎないか注意しましょう。

母乳パットはつけやすいかどうか

速い人だと妊娠中から母乳が出てくる方もいます。出産後の授乳中は必ず母乳パットを使うことになるでしょうから、母乳パットのつけやすさも重要になってきます。

授乳中は衛生面から1日に何度も母乳パットを交換することになるので、手早く母乳パットが付け替えられるかどうか確認しましょう。

授乳しやすいかどうか

先述のとおり、マタニティブラのほとんどが授乳ブラにもなっていて、その機能は大きく4つに分かれています。中には複数の授乳機能が組み合わさったマタニティブラもあります。

授乳中の自分の生活スタイルを想像して、どのタイプがおっぱいを出しやすいか考えて、使いやすいタイプを選ぶようにしましょう。

肌に優しい素材でできているかどうか

妊娠中・出産後は、妊娠前とは肌の状態が変化したり、敏感になったりしやすくなるものです。

肌に直接あたる部分は、化学繊維ではなく綿などの肌に優しい素材のものを選ぶようにしましょう。タグが肌に当たらないように外側についているマタニティブラもあります。

通気性がよく、保温性が高い素材かどうかもあわせてチェックしましょう。

気に入るデザインかどうか

マタニティブラはどうしてもその機能や素材を重視するため、妊娠前のようにデザインや柄の選択肢が狭まってしまいます。でも、中にはデザインにもこだわった可愛らしいマタニティブラもありますよ。

花柄だったり、レースがあしらわれているものもあり、シンプルなものばかりではありません。

ショーツセットになっているものもあります。上下お揃いのデザインだと気分も上がりますよね。マタニティブラだからと言って女性らしさを捨てるわけではないので、ぜひお気に入りのデザインを探してみてください。

▼マタニティショーツについてはコチラも参考にしてみて!

自分にあったマタニティブラで快適なマタニティライフを送ろう

いががでしたか。そろそろマタニティブラが必要かなと思っても、最初は、たくさんタイプがあるのでどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

何を重視するかで選ぶマタニティブラも変わってきますので、それぞれの特徴をよく確認しましょう。

お腹の赤ちゃんのためにも、くれぐれも乳腺の発達を妨げないように、ゆとりあるマタニティブラを選んでください。

体調やバストの変化の激しいマタニティ期。自分にぴったりのマタニティブラを見つけて、快適に過ごしたいですね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ