みんな大好き簡単さつまいもレシピ!芋掘り後は親子で楽しもう

コメントを見る0
2017/09/26

加工後 shutterstock_208397290
小さな子供の秋の行事と言えば「お芋堀り」。楽しい行事ですが、掘ってきたさつまいもをどう消費しようか、迷うご家庭も多いのでは?

焼き芋やふかし芋だけでは、到底なくならない量のお芋がある場合、簡単に作れるレシピがあると心強いですよね。

ここでは、親子で作れる簡単レシピをご紹介。子供の出番もありますので、ぜひ、親子で気軽にトライしてみてくださいね!

定番!子供と作る、簡単「スイートポテト」

まずは、「定番中の定番」スイートポテト。裏ごしなどで手間がかかる、とお思いかもしれませんが、子供と一緒に「ざっくり」作れるレシピをご紹介しましょう。材料さえ揃えればあとは簡単にできます。

【材料】

  • さつまいも 300グラム
  • 砂糖 大さじ3
  • 生クリーム(コーヒーフレッシュでも可) 大さじ3
  • 牛乳 適量
  • バター(マーガリンでも可) 20グラム
  • 卵黄 1個分

【作り方】

  1. さつまいもは皮をむき、厚さ1センチ程度に切って水にさらす。バターは室温に戻しておく。
  2. シリコンスチーマー、もしくは蒸し器などを使ってさつまいもを加熱。(竹串がすっと通る程度に蒸す)
  3. 厚いうちにバターを加えてざっとつぶし、砂糖、生クリームを入れて混ぜる。(パサパサ感があれば牛乳を適量加え、しっとりさせる。手で丸められる程度のかたさが目安)
  4. 好みの大きさに成形。(アルミカップを使ってスプーンで盛り付けてもOK)
  5. 卵黄を塗り、オーブントースターで焼き色がつくまで焼く。(目安は6~8分ほど)
さつまいもをつぶす工程や、丸めて成形する工程なら、小さな子供でも簡単にお手伝いできます。

マッシャーなどを用意し、大人がボールを押さえてあげると、子供でもつぶしやすいはず。材料を入れるのも、きちんと計って準備してあげれば子供にお願いできます。

丸めて成形するのは、子供が喜ぶようシリコンカップなどを用意してあげると、より楽しいですね。ぜひ、親子で一緒に作ってみてください。

おもたせにも!「さつまいもとりんごのパウンドケーキ」

加工後 shutterstock_120802477
せっかくたくさんのさつまいもがあるなら、お友達のお家へのちょっとした持ち寄りにケーキを焼いてみてはいかがでしょうか?

普段作り慣れていなくても、ホットケーキミックスを使えば簡単にできます。

【材料】

  • さつまいも 1本(200グラム程度)
  • りんご 1個
  • バター 20グラム
  • ホットケーキミックス 150グラム
  • 砂糖 80グラム
  • 卵 1個

【作り方】

  1. さつまいもとりんごは1センチ角に切り、水にさらす。
  2. パウンド型にクッキングシートを敷いておく。
  3. さつまいもとりんごの水を切り、砂糖を入れてレンジで加熱。(目安は500Wで10分程度)
  4. 加熱が終わったら、バターを混ぜてそのままさます。
  5. ボウルに卵を割り入れ、3のさつまいも・りんごから出た”水分”のみを混ぜる。
  6. 次にホットケーキミックスを入れて混ぜる。
  7. 最後にさつまいもとりんごを加えてさっくり混ぜる。
  8. パウンド型に生地を流し入れ、オーブンで焼く。(180度で40分ほど)

混ぜて焼くだけの簡単レシピですが、子供と一緒にまぜまぜしながら作る楽しさがあります。

また、ポイントはさつまいもとりんごを先に加熱しておくこと。きれいに馴染んで仕上がります。しっとりめのパウンドケーキがお好きな方にオススメです。

レンチンで手軽に!干すのは子供にお任せ!「手作り干し芋」

シンプルで、余分なものが入っていない干し芋は、子供のおやつとしては理想的。たくさんさつまいもがあるなら、手軽に作ってみてはいかがでしょうか?

メインはさつまいも!シンプルな干し芋の材料

【材料】

さつまいも 1本 のみ

【作り方】

  1. さつまいもは皮つきのままきれいに洗う
  2. ラップでくるんで加熱。(600Wで5分・200Wで15分。竹串をさしてすっと通るくらいが目安)
  3. そのままさまし、あら熱が取れたら5ミリ~1センチ程度の厚さにカット。
  4. 天気の良い日に、ざるなどに並べて天日干し。
  5. 好みの固さになったら完成。

干し芋は意外に簡単。並べて天日干しにしたら、たびたびひっくり返す係は子供に任せてもOKです。基本的には、すぐに食べられる状態ですので、「好みの固さになったら」食べてOK。

干している間に虫などが気になる方は、さつまいもを並べたざるの上から、ワンサイズ小さなざるや網をかぶせると、対策になります。

しっかりかんで食べることで、子供の顎も強くなりますので、ぜひ試してみてください。なお、ポイントはレンジを二段階でかけること。こうすることで、甘味が出てきます。

晩御飯のおかずに!「さつまいもの甘露煮」

おやつだけではなく、晩御飯のおかずにしたい!というご家庭も多いと思います。そこで、簡単に作れておかずになるレシピもご紹介します。

子供も大好きなおかず!さつまいもの甘露煮の材料

【材料】

  • さつまいも 1本(200グラム程度)
  • 砂糖 大さじ2
  • レモン汁 小さじ1
  • 塩 ふたつまみ
  • みりん 大さじ2

【作り方】

  1. さつまいもをきれいに洗い、厚さ1センチに切って水にさらす。
  2. さつまいもと水を鍋に入れ、下茹で。(竹串がすっと通る程度まで)
  3. 火が通ったら、お湯を捨て「ひたひた」まで水を入れる。
  4. 砂糖とレモン汁を加えて火にかける。
  5. 沸騰したら弱火にし、水分が最初の半分程度になったら、塩とみりんを加える。
  6. 鍋を軽くゆすりながら水分を飛ばし、テリがでてきたら完成。

ポイントはみりんを加えること。さつまいもにつややかなテリが出ますので、見た目がよくなり、食欲アップにつながります!

おかずメニューだけに、ちょっと子供の出番は難しいですが、ぜひ夕ご飯やお弁当にも登場させてみてください。

貴重な「食育」の機会にも!「お芋堀り」を家庭でも楽しもう

以上、簡単にできるさつまいもレシピをご紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。

畑の恵みを収穫し、家に持って帰って、調理して食べる。そんな一連のことを経験することは、きっと子供にとって良い経験になるはずです。

手の込んだレシピは難しくても、簡単なものならトライしやすいはず。

工夫したお料理は苦手…なんて方でもできるような簡単レシピばかりですので、ぜひチャレンジしてみてくださいね!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ


マーチについて

MARCH(マーチ)では、妊娠や子育ての先輩たちが、ためになる情報を毎日配信しています!新米ママ&パパはぜひご覧ください♪