高齢出産に後悔する理由…妊娠期~産後の子育てで後悔してしまう点

コメント3
2017/07/31

高齢出産に後悔してしまっているママ

35歳以上で出産した「高齢出産」を経験した女性の中には、「もっと早く産んでおけばよかった」「予想以上にリスクが大きかった」と後悔の念に苛まれる方も少なくないようです。

兄弟の問題、お金の不安、ママ友などの人間関係、老後の生活等々…。妊娠してからふと気づく、高齢出産を後悔してしまう数々の問題についてまとめました。

不安を抱えて過ごす「マタニティライフ」を後悔

35歳以上で妊娠すると、病院の先生から妊娠のリスクについて様々な説明があります。

流産・早産・妊娠糖尿病などの妊娠トラブルから、ダウン症などの先天異常のリスク増加など…そんな数々の見えないリスクのせいで不安に駆られ、ストレス過剰になってしまうのです。

「こんなことならもっと早く産めばよかった」と後悔する妊婦さんも少なくないようです。

産まれるまで不安な日々が続く

妊娠初期による流産の確率は35歳以下で15%~20%の割合で起こり、40歳以上になると40%と飛躍的にリスクが増加します。

長い妊活の末に恵まれた待望の妊娠でも、身の凍るような数々のリスクについて病院の先生から淡々と説明を受けます。

分かっていたはずなのに余計に不安を与えられ、そのせいでストレスを抱えたままマタニティライフを過ごすケースもあるようです。

流産や早産の可能性は誰にも分かりませんし、防ぐ方法はほとんどありません。その現実も不安を煽り「こんなことなら20代のうちに産んでおくべきだった」と後悔することも多いようです。

さらに、赤ちゃんが先天異常である確率も増加するという医師の忠告もあります。

しかし、忠告されたところで予防方法や対策がないため「産んでみないと分からない」という現実と共に、不安を抱えて十月十日を過ごさなければなりません。

出生前診断の実施に悩む

35歳以上の妊娠だと出生前診断についての説明があります。35歳未満の妊婦さんでも種類によっては出生前診断を受けられますが、積極的に紹介される事はほとんどありません。

高齢出産の妊婦さんが出生前診断を受ける理由は、先天異常のリスクが増加するからです。

そのため、医師から念入りに説明をされるため余計に不安を煽り、高齢出産を後悔する事も多いようです。

そして、出生前診断を受けられるからと言って簡単に実施できる問題ではありません。

「もし陽性だったら中絶するべきか」「そもそも知ってどうしたいのか?」といった悩みもあり、出生前診断を受けるか否かの問題に葛藤する妊婦さんも多くいます。

安易に受けると命の問題に悩まされる事になるため、検査に伴うカウンセリング体制の見直しも進んでいると言います。

実際のところ出生前診断は、年間で1万人を超える妊婦さんが実施をし、その中で陽性判断を受けた妊婦さんの9割は人工妊娠中絶を行っていると報告されています。

「体力不足」で高齢出産を後悔する

先ほどは、産まれる前の妊娠期間中に後悔してしまう点について述べましたが、辛い出産体験や産まれた後もトラブル続きから「高齢出産の大変さ」を目の当たりにする妊婦さんも多くいらっしゃいます。

壮絶な出産経験をして後悔

高齢出産の場合、妊婦さんの体力不足や子宮口が柔軟性に欠けることが原因で難産になるケースが多々あります。

最悪の場合には出産時に大きなトラブルを抱え、母子共に命に係わるような壮絶な出産を経験する妊婦さんも少なくありません。

痛みはあってもすんなり出産するはずだったのに、思いがけない壮絶体験をして「もうこんな経験はいや…」と出産が恐怖になってしまい、妊娠恐怖症になるお母さんもいると言います。

すると2人目の妊娠を検討する際に、1人目出産時の辛さを思い出して「もう若くないし、2回目は無理かも…」と考え、2人目を諦めてしまう事もあるようです。

産後の回復が遅く身体もヘトヘトに

高齢出産は産後の回復が遅い傾向があるため、体力はどんどん奪われて「こんなに大変なの!?」と度肝を抜かれる新米ママさんも多いようです。

加齢によって体力が落ちているために、産後の回復力が低下している事が一因です。通常よりも長い期間、腹痛があったり出産後の傷が痛みます。

そんな中でも、赤ちゃんは夜中に何度も目を覚ましますし、なかなか泣き止まない時もあるでしょう。

「若かったらもっとスムーズにこなせたかも…」と思うお母さんも少なくありません。

腰痛やひざ痛・腱鞘炎などの不調が多くなる

産まれたばかりの赤ちゃんはまだ体重は軽いですが、毎日のように抱き上げたりあやしたりするので、自分が思っている以上に体へ負担がかかっています。

抱っこしながら立ったり座ったりを繰り返す事も多いので、人によっては慢性的な腰痛やひざ痛に悩まされるママもいます。ひどい場合には腱鞘炎になってしまったというママも…。

高齢出産のママは産後の体調不良に悩まされるケースが多いようです。

兄弟問題…二人目不妊で高齢出産を後悔

子供が2~4歳程度になると同い年のお友達に妹・弟ができて「お兄ちゃん・お姉ちゃん」になる子がでてきます。

すると、自分の子供も「僕はいつお兄ちゃんになるの?」と無邪気な質問をしてくる子供も少なくありません。

なんて答えればよいか分からず戸惑うお母さんも多く、その時初めて「2人目問題」に突き当たるお母さんも多いようなのです。

2人目は体力的・年齢的に無理が生じる

高齢出産のママの中には「2人目は考えていなかった」という方も多いようですが、子供の「僕のところには赤ちゃんこないの?」などという痛いげな言葉に悩まされるお母さんもいます。

母親自身も、兄弟が欲しくない訳ではありませんが、現実的に考えるとお母さん自身の年齢的な問題・リスク増加・体力的な問題があり、2人目は厳しい…という判断になるケースがほとんどのようです。

2人目不妊になってしまう

「1人でも子供が欲しい」と不妊治療を続けて誕生した待望の赤ちゃん。

産まれる前は一人っ子で十分と思っていたご夫婦も、あまりの可愛さに「もう1人欲しい」と考えてしまったり「子供のためにも兄弟がいた方がいい」と、思いに変化がある方も珍しくはありません。

しかし、兄弟を作ろうと頑張っても「2人目不妊」に悩むお母さんも多いのです。

1人目の時よりも勿論、歳をとっていて体の機能が衰えていますし、育児疲れなどによる体力消耗、ストレス過剰、夫婦生活の減少なども原因になります。

1人目は自然妊娠だとしても、2人目には不妊治療を行い体外受精を実施したご夫婦も少なくありません。

「1人目をもっと早く産んでいれば、兄弟ができたかもしれない…」そんな後悔を抱えるお母さんも多いようです。

ママ友など人間関係に悩んで後悔する

最近は高齢出産が増えているので同年代のママを探しやすくなっていますが、それでも高齢出産のママが少ない地域はまだまだ多いようです。

その場合は、保育園・幼稚園のママ友との交流や、児童館や公園でのママ友探しに苦労するママさんも多くいらっしゃいます。

ママ友の輪に溶け込めない

例えばママ友が20代、自分が40代だとすると共通の話題や感覚が大きく異なる可能性が十分になります。

それでも、20代のママ友に溶け込もうと必死に話題を作ってみても、向こうから距離を置かれてしまったり、なんとなくグループから外れてしまったりと、馴染めない息苦しさを感じるママもいるようです。

すべてのママがそうとは限りませんが、ママ友同士のコミュニケーションの機会が少なかったり、もともと人見知りな性格であったりすると苦手意識を生んでしまうきっかけになってしまうかもしれません。

祖父母に間違えられる

高齢出産をしたご夫婦が保育参観や授業参観に参加した際、おじいちゃん・おばあちゃんに間違えられてしまった…というケースもあると言います。

「間違えられた自分もツラいが、子供自身も恥ずかしかったのではないか」と思い悩むお母さんもいるようです。

自分の親との関係性も問題に

当たり前ですが自分が歳をとれば、自分の親も歳をとっています。すると子育ての手伝いや資金面でのフォローも難しく、さらに介護の問題もすぐに訪れる可能性もあります。

親の子育てフォローが受けられない

自分の親もしくは夫の両親に子育てを手伝ってもらう方は多いですよね。現実的にも子育てをフォローしてもらえるのとしてもらえないのは雲泥の差があります。

夕食の準備をしている時に少し面倒を見てもらうだけでも全く違いますよね。

しかし、もし親が足腰が弱っているなど体に不調を抱えている場合、積極的な子育てフォローは難しくなります。

走り回る子供を相手に危険から守るためには、相当な体力が必要だからです。

親のフォローが期待できない場合は、ベビーシッターを利用したり施設で相談する方も多いようです。

子供の反抗期と親の介護が重なる

自分の親が高齢の場合、子供が10代の反抗期を迎える頃に、ちょうど親の病気や介護が重なる方もいます。

子供の反抗期は、産まれたばかりの赤ちゃんよりも接し方が難しいとよく言われます。子供と向き合う時間が一番必要な時期に、親の介護にも追われて余裕がなくなってしまう事もあるようです。

「10年、20年先の出来事もしっかり想定しておけばよかった…」と後悔する事も多々あります。

子供の未来が心配で後悔してしまう

赤ちゃんが生まれるまでは、つい目先の事ばかりに気を取られがちで将来の事など考えもしませんでしたが、いざ子供が産まれると将来の事ばかり気になってしまうお母さんも多いようです。

子供の思春期と更年期障害が重なる

女性の更年期とは、一般的に閉経する前後約10年間の時期を指し、この間に女性ホルモンが減少し様々な不調が生じる事を更年期障害と呼びます。

高齢出産だと、この更年期障害と子供の思春期のタイミングがちょうど一致してコミュニケーションが難しくなる事もあるそうです。

更年期障害はほてりや多汗症状の他、だるさやイライラ、睡眠障害など精神的な負担も大きくなります。

すると家族に対して怒りっぽくなったり、家事や子育てがままならないケースも。そして子供が思春期であれば、すれ違いが大きくなる可能性が十分にあります。

家族間で大きな問題に繋がる場合には、積極的に婦人科で更年期障害の治療を受けるのがベストです。

自分の老後に対する子供の負担が心配

自分が介護の必要な年齢になるタイミングは、子供がまだ働き盛りの30代である可能性もあります。

高齢出産だと、子供がまだ若いうちから親の介護負担をかけてしまうかもしれない…と不安になるご夫婦も多いようです。

高齢出産の子供は、親の介護をするタイミングが早かったり、死別するタイミングも早い可能性も否定できません。

お金の問題を考えると後悔してしまう

高齢出産のご夫婦は、20代の夫婦よりもキャリアを積んでいて、比較的年収が高く貯金もあるケースが多いようです。

しかし、定年退職後の年金生活に対する不安や、子供の教育費には依然不満を抱えています。

教育費ピークの時期に定年退職する年齢に

貯金はあっても不安は尽きません。入学費や授業料がピークになる大学生になる頃、自身は定年退職する年齢になっているご夫婦もいます。

その後は、子供の結婚式の資金や孫ができればさらにお金の援助が必要になるかもしれません。

しかし、年金はいくらもらえるのか、自分の医療費はどのくらい必要かと言ったお金の不安を抱える事も多くなります。

あと何年子供と生きられるだろう…と後悔する

子供が成長すれば自分も歳を取ります。高齢出産すると、子供が成人する時には結構なおばあちゃんおじいちゃんに…。「いつまで生きられるだろう」と不安に思う人も少なくありません。

長生きしたい!もっと子供といたい!と思う

子供が産まれる前は「子供に会えればそれだけで幸せ」と思っていたのが、子供がいざ生まれると欲が出るもので「もっと子供と一緒にいたい…」と誰でもそう願います。

誰でも子供とできるだけ長く同じ時を過ごしたいと思いますが、人間には寿命があります。

高齢出産は、自分が歳を重ねている分だけ一緒にいられる時間が短いという事を意味します。この現実に気づいて「もっと早く産んでいればよかった」と後悔する方もいるようです。

子供の結婚・出産を援助してあげられるか

結婚や出産という人生の一大イベントはできるだけ親に見守っていてほしいですし、子育ての手伝いや資金面でのフォローもあると助かりますよね。

もし自分が出産時にトラブルが多く不安を感じていたのであれば、尚更そう思うはず。

できるだけ自分の子供が結婚・出産を迎える時には、しっかりフォローしてあげたいと思うのが親心ですが、年齢的にも問題が多いのも事実です。

子供が成人して結婚するようなタイミングには、自分の年齢が大抵70代80代になっているはずです。

「孫の面倒をまともに見れるだろうか…」「貯金は十分に残っているだろうか…」「それ以前に、生きているだろうか…」そんな不安が山ほど出てきます。

子供が成人しても様々な人生の分岐点でフォローしてあげたいと思いますが、加齢の問題・お金の不安が降りかかるようです。

現実的には後悔も多いがメリットもある

35歳以上の高齢出産ママは、妊娠してから後悔する事もありますし、出産してからはさらにトラブル続きで後悔の連続かもしれません。

しかし、苦労が多い高齢出産にもメリットはあります。

20代の若いご夫婦よりも仕事でキャリアを積み人生経験も知識も豊富、子供に教えられる事がたくさんあります。さらに経済的にも余裕がある夫婦が多いと思います。

仕事の経験や心の余裕は、歳を重ねてきたからこその強みです。自分の生きてきた道を活かして子育てに自信を持って過ごしたいですね。

みんなのコメント
  • さん

    他人事すぎて笑える。

  • 無記名さんさん

    かんがえすぎ!

  • 無記名さんさん

    最後のフォローが少なすぎて笑った

あなたの一言もどうぞ