【体験談】面倒な離乳食作り…たまには手抜き!赤ちゃんとのふれあい時間を増やそう

コメントを見る0
2018/06/05

冷凍野菜ミックスで離乳食づくりを少し手抜きしているママ

赤ちゃんが生後5.6ヶ月頃になると、ついに離乳食のスタートですね。心待ちにしている方もいらっしゃるのではないでしょうか?赤ちゃんがちょっと大きくなったようで嬉しいですよね。

しかし、離乳食を与え始めて思うこと、それは「結構面倒くさい…」です。

量はちょっとしか食べないのに、すりつぶしたり、煮込んだり、裏ごししたり、結構手間がかかるんですよね。早く普通食になれー!なんて思ったり。

離乳食の裏技に、「まとめて作って製氷皿に入れて凍らせ、使う時にレンチン」が有名ですが、効率的な反面、冷凍庫がパンパンで製氷皿が結構邪魔で…。

製氷機を使う裏技以外で、手抜きできる方法ないかなーと試行錯誤していました。

おかゆを炊くのが面倒くさい…ついでに作れる方法で!

米からおかゆを炊くのって、意外と時間がかかるんですよね。赤ちゃんが食べるものなので、さらに時間を掛けてゆっくり煮こまないといけなくて…。

でも食べるのは少量。余ったものを凍らせるスペースもない…。

そこでやり方を変えました。家族に炊くお米を少し柔らかめ(と言っても大人が食べて美味しい程度)に炊き、赤ちゃん用にお椀に取ったら、そこに半量のお湯を加えて、フォークやスプーンで潰していきました。

あっという間に、おかゆの出来上がり!きっちりとしたおかゆを食べさせたい方には絶対に向いていませんが、ワーキングマザーで忙しい!!ちゃちゃっと作りたいというママには、時短レシピとしておすすめです。

さらにそれをレンチンしたり、味噌汁や煮物の上澄みで伸ばしてあげるという工夫も混ぜ込みました。野菜の汁の途中段階であればおじやにもなりますよ!

いろいろな野菜を細々と使う裏技!冷凍野菜ミックスが重宝!

赤ちゃんには色々な野菜の味を覚えてもらいたいなと思いました。でもまとめて作らない限り、使う野菜ってほんの少しだけ…。

ちょっとしか使わないのにこの野菜たちどうしよう…となるのが目に見えています。使いかけの野菜を駄目にする確率が高い私には尚更。

よく、カレーやシチューを作る時に途中で野菜をいくつか引き上げてあげるといい、という裏技を目にします。確かにそうなのですが、忘れっぽい私。ルーを入れてから気づいても後の祭りです。

そこでこれ使える!と思ったのが、冷凍野菜ミックス!筑前煮用、肉じゃが用、ホットサラダ用など、用途別に一袋に入っていて便利でした。

一度火を通してあるものが多いので、生の野菜から煮こむより時短になりました。レンジでチンして柔らかくし、潰してあげるのにも良かったです。

色々な野菜を混ぜて与えたい時にも使えて、離乳食の初期から後期までとても活躍しました。

冷凍庫に入れておいても、製氷皿ほど場所を取らないのはとっても良い点です。

また、週末に色々な野菜を茹でて『自家製野菜ミックス』を作っておくと、国産の野菜で!というこだわりがある方でも抵抗なく使えると思います。

味噌漉しで裏ごし野菜をちゃちゃっと作れる!

大人用のおかずを湯がくのと一緒に、冷凍野菜をゆがくと時短になりますが、ここで更に一工夫。

味噌漉しに野菜を入れて、他のおかずと一緒に湯がきます。茹で上がったらみそこしのまま裏ごしして、裏ごし野菜の出来上がりです!

ベビーフードは手抜きできて更に味付けの勉強もできる!

何といっても一番楽なのは、『ベビーフード』ですよね。味覚が狂うから与えたくない?そんな事はそこまで気にしなくて大丈夫。

一口食べてみてください。大人には美味しくないと感じるとても薄味でできています。

わたしは離乳食が始まる頃、既に子供を保育園に預けていたので、残業などで食事の支度が出来ない時のために、ベビーフードは常備していました。

開けてそのまま食べらえる物から、ちょっと温めるだけでOKのものまであり、とても便利でした。

一番お勧めする点としては、「味付けや硬さ」の参考になるので、離乳食を作る時に役立つ情報が含まれているということ。

  • ベビーフードのペーストの状態
  • つぶす程度
  • どれくらいの味付け

これらがとても参考になりました!

自宅で作るよりはコストがかかるのが難点ですが、赤ちゃん用品店でまとめ買いをすると安く済むことがあります。我が家では外出用としても活躍したので、買い込んでいましたよ。

「適当」があってもいいじゃない!

赤ちゃんには毎日手作りの離乳食を食べてもらいたい。手間ひまをかけた離乳食を与えたい。そう思うこともとても良いことです。

でも、それがママにとって負担になってしまったら?それは良くないですよね。

時間を短縮して食事の支度をし、洗い物も少なくて済めば、赤ちゃんと触れ合う時間がぐっと増えます。スキンシップを育む時間が取れるので、食事を作ることに負担になり過ぎる力と時間を注がなくてもよいと思うのです。

「手の込んだ食事を食べさせる」ことも大事ですが、「ママやパパと一緒のテーブルで一緒に食事をする」ということもとても重要だと思うので、手抜きしてパパっと作る日も設けると気も楽になりますよ!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ


マーチについて

MARCH(マーチ)では、妊娠や子育ての先輩たちが、ためになる情報を毎日配信しています!新米ママ&パパはぜひご覧ください♪