4歳からのブロック遊び。説明書を見ながら作品作りにャレンジ!

コメント0
2017/07/31

4際の子供が説明書を見ながら一生懸命ブロックで作品を作っている様子

説明書を見ながら順序立てて一つの作品を作り上げることが出来るようになるのは、だいたい4歳くらいからと言われています。

細かいものを掴み組み立てていくといった作業もできるようになってきて、ちょっと難しいことにもチャレンジしていきたいといった向上心が出てきます。

4歳くらいからは、少し細かいパーツのブロックや組み立て方の手順に沿って組み立てていくブロックを選んでみてもいいですね。

4歳頃のブロック選びのポイント

  • 自分が好きなものを説明書にそって組み立てられる
  • 少し細かなパーツを使ってくみ上げる喜びと達成感が感じられる
  • 多少難易度があるもの
  • 定まった形以外の物にも変えることが出来る多様性があるもの

ではこのような特徴を持つブロックをご紹介していきます。

【レゴ・ジュニア】個性に合わせたセットがたくさん

幼稚園や保育園では年中さんの年代になる4歳の子供たちは、すでに個性があり自分が好きなことには積極的に取り組み、苦手な物はどうしても後回しにしがちになってきます。

そこで、ブロックも自分が好きな物を選んであげることが必要です。

レゴ・ジュニアのシリーズはさまざまな種類があるブロックシリーズになっています。

バットマンやスーパーマンといった男の子が好きなアメコミヒーローの世界を作り上げることが出来たり、シンデレラやアリエルといった女の子が好きなプリンセスの世界を作り上げることが出来たりします。

興味があるもの、好きなものを作り上げることが出来れば大きな達成感を得ることが出来ます。

作り上げるためにはじっと座って作業をすることや分からないところはパパやママに聞くという行動も起こしていく必要があります。

このような理由から、忍耐力や社会性なども養うことが出来ます。

ブロックも乳幼児向けのブロックの中では比較的小さめのブロックになっているため、ちょっとお兄さんやお姉さんになってきた4歳児の手で扱いやすい大きさになっています。

もちろん、説明書通りに作るだけではなく、自分だけの作品を作ることが出来るというのもレゴ・ジュニアの特徴になっています。

最初は説明書通りに作るのは難しいかもしれませんが、自分で作ってみるといった場合にはなるべく手出しも口出しもしないようにします。

難しくてどうしてもできないところだけ、ポイントだけ手伝ってあげるようにしていきましょう。

時間がかかってもいいので自分でできたという達成感を持たせてあげることがとても大切ですね。

まがるブロックコクヨの【Wammy】細かな作業にもチャレンジしてみよう

文房具のメーカーとしても知られているコクヨから発売されているWammyは新感覚ひらめきブロックというキャッチフレーズが付いています。

このWammyのパーツは非常に柔軟性があり、曲げたり通したりしてつなげていくことが出来るという特徴があります。

パーツの形も大きさも1種類ですが、非常に多様な色合いのものがあり、つなぎ合わせるWammyの色合いなどによっても、同じ形を作っても全く違う表情を見せるという特徴を持っています。

パーツは比較的細かいものの、子供の手でしっかりと取り扱うことが出来る大きさになっています。

たった一つの形のWammyを組み合わせていくことで、多様な形を作り上げることが出来るため、飽きることなくブロック遊びを行うことが出来ます。

子供の想像力がどんどんと広がり、自分が欲しいものをWammyで作りげて行くといった楽しみ方をすることもできます。

大人も一緒に楽しむことが出来るブロックでもあり、親子で一緒に熱中してブロック遊びをすることでコミュニケーションも図りやすくなりますよ。

細かい作業を繰り返しながら造形物を作り上げることで、子供が達成感を感じ、自己肯定感を育んでいくことが出来ます。

Wammyは大人も楽しいブロックになっています。ぜひ子どもと一緒にブロック遊びを楽しんでみてください。

親子で作品について楽しくお話ししよう!

子供がそれはどうやるの?どうやって作ったの?と聞いてきたら教えてあげる。逆に子供が作った作品をどうやって作ったの?と聞いて作ってみる。

というように、コミュニケーションを図りながら遊びましょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ