【長さ別】入学式ママの髪型おすすめ10選。自分だけで簡単キレイ

コメントを見る0
2019/02/12

わが子の晴れの日、入学式。記念に写真を撮ることも多く、ママもキレイにきめて参加したいですよね。

しかし、子供の準備もあるし、もちろん朝ごはんの支度も。朝早くからサロンでヘアセット…なんて、なかなかできないのがママたちの現状ではありませんか?

それなら、自分できれいにセットしてみませんか?ここでは、入学式にぴったり、簡単でキレイに仕上がるおススメヘアスタイルを、長さ別にご紹介します。

【ショートヘア向け】少しのアレンジでがらりと変わる!

ショートヘアはマンネリになりがち。ワックスなどを使ってふんわりさせてみたり、無造作にしてみたり。入学式に無造作ヘアは好ましくありませんね。

でも大丈夫!前髪や、サイドをほんの少し手を加えるだけで、スーツにも合うさわやかで綺麗な髪型になりますよ。

ここでは、ショートヘアにおススメのアレンジ方法を3つご紹介します。

ポンパドールでおでこを出して爽やかに!

マンネリしがちなショートヘアも、少し手を加えるだけで華やかになります。ショートなので、派手になりすぎず、入学式にはお勧めのアレンジです。

  1. 幅は黒目と黒目の間分くらいを目安に
  2. 前髪を少々多めにとり、ねじりながら後ろへ
  3. ピンでしっかり固定します
  4. タイトになりすぎないよう、髪の毛を出してふんわりさせる

どうですか?とっても簡単で、きれいに仕上がりますよね!くるりんぱは、髪を伸ばして中途半端な長さでも、簡単におしゃれにまとまるので、ぜひマスターしてみてください。

前髪アレンジはねじって完了!

同じショートでも、耳だしショートや、ボーイッシュなショートの方は、こちらがおススメ。私もサイドは耳までで、前髪は流しているので、このアレンジをよく使います。

スーツの色や雰囲気に合うバレッタを使うと、綺麗に見えます。眼鏡をかけている人は、バレッタを持ってくると、顔周りのまとまりがなくなるため、ピンで止めたほうがいいと思います。

  1. 自然に流した状態で、前髪を二つに分けて取る
  2. ぐるぐるとねじってピンでとめる

髪が多くてピンだけで止まらない、くせが強くてまとまらない方は、一度ヘアゴムで結んでもいいと思います。少しおでこを見せるだけでも華やかに仕上がります。

サイドアップでがらりと変わる!

ショートボブの方におススメなのがサイドアップヘア。顔周りの両脇をすっきりさせることで、スーツを着ても野暮ったくならず、きれいに見せてくれます。

  1. サイドの髪の毛を取る
  2. 取った毛を後ろにねじりながら持っていき、まとめてゴムで結ぶ
  3. 長さがある人は下から上にくるっとねじる
  4. バレッタなどでゴムを隠して完成

特にスーツにシャツを着るママは、襟があるため、顔周りをすっきりさせるときれいに見えます。襟付きに結ばずにダウンスタイルは重たく見えがちです。

【ミディアムヘア向け】アレンジしやすい長さを生かそう

ミディアムヘアは、下ろしていると中途半端な長さにも見えますが、実は一番アレンジのしやすい長さです。

特に不器用さんには、ミディアムのアレンジがおススメ。ロングよりも、特に後ろ髪が扱いやすく、簡単にきれいな髪型ができます。

ここでは、時間をかけずにサッと仕上がる、ミディアムヘアにぴったりのアレンジ方法を4つご紹介します。

夜会巻:サッとできてかっこよく決まる!

実は夜会巻は夜会巻き用のコームさえあれば、誰でも簡単にできます。針に糸を通せないくらい不器用な私でも、慣れると1分あればきれいにできます!

ミディアムヘアは夜会巻にもってこいの長さ。一番きれいにまとまりやすいんです。スーツに夜会巻でかっこよく決めてみませんか?

夜会巻のコームはいろんな形がありますが、髪の量や、使いやすさで選んでくださいね。基本的に使い方は同じです。

  1. 念入りにブラシでときます。
  2. オイルなどのスタイリング剤(つやを出すため)を少し付けます
  3. ポニーテールをするように一本にまとめます
  4. ねじりながら上にもっていきます
  5. ねじった方向に浅くコームを差します
  6. ぐるっとコームを一回転させて、頭に沿ってしっかり差します
  7. 上に出ている髪の毛をピンで中に入れ込んで完成

はじめは、差す加減が難しいかもしれませんが、2,3回練習するとできるようになります。他の髪型も同様ですが、事前に何度か練習しておきましょう。

コームを使うことで、トップにも自然にボリュームができるため、短時間で一気に仕上がるのが夜会巻の良いところです。

ギブソンタッグ:くるりんぱの応用編

ギブソンタックは簡単にできて、きっちり目にも、ほぐしてカジュアルにも使える万能スタイルです。最近は花嫁さんが結婚式でしているのをよく見かけます。

とはいえ、入学式用なので、あまりカジュアルになりすぎないようにすることが大切です。ほぐさずに結び、服装とのバランスをみてくださいね。

  1. サイドの髪をねじりながら後ろにもっていき結ぶ
  2. 残り髪を左右二ずつに分けてねじりながら結び目に通していく
  3. くぐらせて余った毛を同じように結び目に入れ、初めに結んだゴムに通して完成

一度結んだゴムに何度も通すことが難しい人は、ある程度髪の毛をまとめてからUピンで留めると簡単に仕上がります。

普段使いには、少しずつ毛束を取ってほぐしてあげると、柔らかく、可愛らしいスタイルに仕上がりますよ。

カチューシャアレンジできっちり&かわいく決まる!

スーツにも実はカチューシャが合うんです。もちろん華美なものはNG。髪色、もしくはスーツの色を邪魔しない、落ち着いた色がおススメです。

こちらもカチューシャを変えるだけで、普段使いにもできますので、これを機に覚えてみてくださいね。

  1. サイドの髪を後ろにもってきて一本にゆるめに結ぶ
  2. 結んだ毛束を外から内にくるっとねじる(くるりんぱの要領)
  3. 下に残った毛も同じように一つに結び、くるりんぱ
  4. 首元の髪を一つに結びくるりんぱ
  5. 最後に余った毛先を中に入れ込む
  6. カチューシャをして完成

要するに、三段に分けてくるりんぱをし、余った毛先を入れ込み、カチューシャをするだけ。ただのオールバックだときつい印象になりがちですが、これなら可愛らしく仕上がります。

カチューシャをパールのついた物など、華やかなものに変えると、結婚式に出席する際にも使えそうですね。

簡単ハーフアップで美人ヘア!

ハーフアップは、トップにボリュームを少し出すだけで、華やかで美人な印象に仕上がります。おろしている毛先はきちんと巻いてまとめましょう。

一本で結ぶときちっとした印象になりますが、ここではねじってより可愛らしい印象にしたいと思います。

  1. トップの髪を取り、一本に結ぶ
  2. 結んだ髪をくるりんぱ
  3. サイドの髪を後ろへもっていき、くるりんぱ
  4. 下ろした毛を内巻きにする
  5. バレッタなどでゴムを隠して完成

同じハーフアップでも、少し手を加える事で、より柔らかい印象に仕上がります。先述しましたが、下ろしている髪は毛先が散らばらないよう、巻くなどして仕上げましょう。

【ロングヘア向け】アレンジ自在、長さを生かした髪型

どんな髪型にもアレンジが効くのが、ロングヘアの特徴ですよね。しかし長すぎるあまり、アレンジに苦戦するママさんも多く、普段はサッと一つに結んでいませんか?

そんなママさんでも、何度か練習するだけでOK!入学式にも、普段使いにもできる、簡単キレイなアレンジ方法をまとめました。

ゆるまきハーフアップ:どんな服装にもピッタリ

ハーフアップは、誰でもできる簡単なまとめ方ですよね。しかし、トップにボリュームが無かったり、下ろした毛先がぼさぼさだったりすると、かなり老けた印象になります。

簡単なまとめ方でも、きれいに、また、式に合った印象になるように、少し手を加えましょう。

  1. 全体をブラッシングし、整える
  2. トップの内側に逆毛を立てる
  3. 耳上で半分に分け、トップの毛を整えながら結ぶ
  4. (トップをふんわりさせるために、押さえないよう注意)
  5. 下におろす髪を、左右3つずつくらいに分け、こてで内巻きに
  6. ヘアゴムをバレッタなどで隠して完成!

ポイントは、トップをつぶさないようにすることと、下ろした髪を巻いて整えることです。スタイリング剤も、艶の出るオイルがあると、キレイに仕上がります。

元々髪が多い人は、逆毛を立てずに、ハーフアップに結んでから、トップだけ毛を取り出してボリュームを出してもOK。

バレッタでうまくヘアゴムが隠せない人は、結んだ髪を少し取って、ヘアゴムに巻き付けて、ピンで固定すると、キレイに見えます。

華やかポニーテールは超簡単!

ポニーテールは簡単で、前述したハーフアップと同じように、トップにボリュームを持たせ、毛先をまとめることでよりキレイに仕上がります。

ここでも、スタイリング剤は艶の出るものを。髪に艶があるだけで、若々しい印象に仕上がります。

  1. 毛先までしっかりブラッシングをして、整える
  2. こてで、毛先を内巻きにしておく(しっかり巻かなくてもOK)
  3. トップ内側に逆毛を立てる
  4. 耳の中心の高さで一つに結ぶ
  5. 髪を少し取り、ぐるっとゴムを隠すように巻き付けてピンで留める
  6. スタイリング剤で毛先を軽くまとめる

ポイントはやはりトップのボリュームと毛先です。はじめに軽く毛先を巻いておくことで、結んだとき毛先がバサバサにならず、キレイにまとまります。

結ぶ位置が高すぎると、若作りをした痛々しい印象に。また、低すぎると老けて見えるため、耳の中心位を意識し、最後に横からチェックしましょう。

髪色に合わないヘアゴムが見えていると、後ろから見てだらしない印象に。自分の髪をくるっと巻いて、ヘアゴムを隠すと、後ろから見てもキレイに見えます。

編み込みハーフアップ:後ろから見ても美人に!

同じハーフアップでも、少し編み込みを入れると、可愛らしい印象になります。また、後ろから見ても華やかに見えるため、お勧めです。

編み込みの方法は色々ありますが、不器用さんでもできるように、簡単な三つ編みを使った方法をご紹介します。

  1. ブラッシングをして整え、全体を3つに分ける
  2. サイドは左右三つ編みをする
  3. 二つの三つ編みを中心で結び一つに
  4. ゴム隠しにバレッタで留める
  5. 毛先を内巻きにしてまとめる

可愛らしいのに簡単ですよね。ポイントは、入学式なので、三つ編みをルーズにしすぎない事。普段使いでは、三つ編みをほぐしてふんわりさせてもいいと思います。

トップにボリュームが欲しい場合、初めにトップだけポンパドールをしておくと簡単に仕上がります。

また、毛先の処理もしっかり行いましょう。そうすることで、よりフォーマルな場所にふさわしい髪型になりますよ。

セルフアレンジをマスターしよう!練習が大事!

以上10通りのアレンジをご紹介しましたが、いかがでしたか?入学式という特別な日でも、ママの朝は忙しいですよね。

ここで紹介したアレンジは、とても簡単です。しかし、いざ自分の髪の毛でやってみると、思ったところで結べなかったり、髪質によってはまとまりにくかったりすることも。

簡単アレンジですが、前もって何度か練習しておくことをお勧めします。お子さんの入学式の朝に慌てないよう、余裕を持ってくださいね。

皆さんにとって、一生の記念に残る、素敵な入学式になりますように。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ


マーチについて

MARCH(マーチ)では、妊娠や子育ての先輩たちが、ためになる情報を毎日配信しています!新米ママ&パパはぜひご覧ください♪