胞状奇胎の最も代表的な症状は、切迫流産の状態で酷いつわりがあることですが、その他にも様々な症状が見られます。 どのような症状が現れたら病院を受診すればいいのでしょうか。また自分で気が付くことはできるのでしょうか。 胞状奇胎の症状をそれぞれ詳しくご紹介しま...

続きを読む

発症してしまうと、残念ながら妊娠の継続は難しい胞状奇胎。ではなぜ胞状奇胎を発症してしまうのでしょうか。 染色体の異常が原因だといわれますが、お父さんやお母さんの体に何か原因があるのでしょうか。また原因がわかれば予防することはできるのでしょうか。 胞状奇胎...

続きを読む

母体にとって非常に危険な胞状奇胎。早い段階で治療を行わないと絨毛癌にまで発展してしまうリスクもあり、妊娠を継続して出産にまで進むことは非常に困難です。 では、適切な治療を行ったあとは、再び妊娠することはできるのでしょうか?また再発の可能性はどれくらいあるのでし...

続きを読む

妊娠高血圧症候群は、全妊婦さんの約4%がかかると言われている病気です。子癇やHELLP症候群など重篤な病気を合併することも多く、母体と胎児に命の危険をもたらします。 原因や予防法がはっきりしていないので、発症リスクが高い人は妊娠中の血圧と体重管理に気を配り、初...

続きを読む

妊娠高血圧症候群の症状は、出産後すぐに落ち着きはじめます。ただし、重症の場合には産後も高血圧や尿蛋白が続くケースもあります。 また、将来的には生活習慣病や心疾患を発症しやすくなるので、症状が改善してからも、食生活や睡眠など日常生活の過ごし方に気をつけましょう。...

続きを読む

塩分を控え、高タンパクでミネラル・ビタミンが豊富な食事をすることが、妊娠高血圧症候群の悪化を防ぐと考えられています。 また、妊娠高血圧症候群のリスクとなる急激な体重増加を防ぐためには、摂取カロリーに注意することも大切です。 妊娠中の血圧上昇を防ぐための食...

続きを読む

妊娠高血圧症候群で気をつけたいのは「合併症」の発症です。高血圧・蛋白尿が重症化すると、様々な合併症のリスクが高くなります。 ここでは、母体に起こる合併症4つと胎児への影響をご紹介します。どれもママや赤ちゃんの命に関わる病気ばかりです。 妊娠高血圧症候群の...

続きを読む

現在、妊娠高血圧症候群の発症を予防する明確な方法はみつかっていません。しかし、軽症であれば、日常生活の過ごし方に注意することで悪化を食い止めることができます。 この病気の悪化を予防するには、体重管理と血圧のコントロールが重要です。食事の塩分とカロリーに気をつけ...

続きを読む

妊娠高血圧症候群の主な症状は「高血圧」と「蛋白尿」です。しかし、この2つについては妊婦健診を受けるまで気付くことができません。 この病気の初期に現れる自覚症状や兆候を知っておくことは、早期発見のカギとなり、母子の命に危険を及す合併症を回避するためにも重要です。...

続きを読む

妊娠高血圧症候群の原因は、まだ突き止められていません。胎盤が作られる過程でトラブルが発生したために起こるのではないかと考えられています。 原因がはっきりしない以上、発症リスクが高い妊婦さんは注意が必要です。より慎重に妊娠生活を送り、症状悪化を防ぐことが求められ...

続きを読む