赤ちゃんのお昼寝グッズ。6つのおすすめアイテムで快適な眠りに!

コメントを見る0
2018/02/08

お昼寝グッズと赤ちゃん

出産に向けてベビー用品はどんなものをそろえれば良いのか…。お昼寝一つにしても、赤ちゃん用品売り場を歩くと、たくさんのグッズが揃えてあります。

赤ちゃんは一日のうちの殆どが眠っている時間です。心地よい眠りや赤ちゃんの安全を考えたお昼寝アイテムを選びたいと考えている方もいますよね。

ベビーの時期は短く、物によってはほんの短期間しか使わないのに高額になってしまう場合もあります。

お昼寝の時にあると便利、または必要なアイテムとどんな時に必要になるのか紹介します。

【ベビーベッド】2人目以降に必要と考えている人が多い

ベビーベッド

ベビーベッドはお昼寝にも夜寝にも使えるので便利なグッズです。赤ちゃんの安全を考えて作られているので、安心して寝かせておくことが出来ます。

移動が面倒に感じ、夜は添い寝、昼間はベビーベッドを使用するという方もいます。特に二人目以降の赤ちゃんの時は必要と考えられている方が多いです。

  • 2人目以降のお昼寝に便利
  • おむつ替えスペースや着替えなどにも利用できる
  • 床を下げられるタイプだとベビーサークルとして使える

赤ちゃんがベビーベッドで眠っている姿を見ていると、癒される気持ちになります。

また、赤ちゃんが産まれると何度もおむつ替えや着替えをすることが多く、ベビーベッドがあると、腰に負担をかけずにお世話することもできます。

ベビーベッドはあれば便利なのですが、無くても大丈夫だったという意見もあります。部屋の広さや家族構成なども考えて購入するかどうか決めて下さいね。

▼ベビーベッドは必要か無くても大丈夫か?についてはコチラも参考にしてみて!

【お昼寝布団】安全が考慮されているベビー布団がお勧め

ベビーお昼寝布団

赤ちゃんのお昼寝の必需品と言えば、お昼寝布団です。ベッドがあってもなくても、布団は必要です。

  • ベビーベッドは購入せずベビー布団のみ使用する
  • ベッドが移動できないタイプなので、お昼寝は布団を使いたい
  • ベビーベッドにセットするベビー布団も必要

赤ちゃんは骨や関節が固まっていないため、柔らかい敷布団の長時間の使用で、骨や関節の発育に悪影響を及ぼし、体が沈む混むことで窒息する危険性もあります。

赤ちゃんは、一日の殆どを眠って過ごすので、赤ちゃんのために作られた布団を使ってあげた方が良いです。

赤ちゃん用布団の特徴
  • 大人の敷布団より硬い
  • 大人の掛布団より軽い
  • 通気性が良い
  • 肌に優しい素材

ベビー布団を購入せず大人用の布団や座布団で代用する場合も、固めの敷布団を選ぶ、掛布団を使用する場合も軽い素材の物を選ぶなど、安全面には気をつけてくださいね。

赤ちゃん用枕も売られていますが、赤ちゃん用枕は必要なかったという意見が多いです。

赤ちゃん用布団は、安全や手入れのしやすさも考えて作られているため、赤ちゃん用の布団が望ましく、代用品を使う場合は安全面を考慮して選びましょう。

▼お昼寝用ベビー布団の選び方についてはコチラも参考にしてみて!

【バウンサー】揺れが眠りを誘いお昼寝の手助けに

長時間の睡眠には使用しないけど、短時間のお昼寝にはバウンサーの揺れを利用して寝かしつけをしている方も多いです。

お昼寝のサポートとして、バウンサーを選ぶ主な理由としては下記が挙げられます。

  • 床に寝かせるには埃が気になるが、ベビーベッドを買うにはスペースがない
  • 少し揺れると赤ちゃんが寝てくれる
  • 授乳後の吐き戻しを軽減してくれる

授乳後、ゲップがなかなか出ないまま、寝かせたら吐き戻しをする赤ちゃんもいますが、眠ったらバウンサーに座らせている間に、ゲップがでることもあります。

バウンサーで長時間眠らせるのは、赤ちゃんの腰に負担がかかるので止めましょう。眠ったら、布団に移動して眠らせるなどの工夫が必要です。

バウンサーにそのまま寝かせておきたい方は、お昼寝ベッドを兼ねるタイプを販売されているので、赤ちゃんの体に負担がないタイプのものを選びましょう。

ゆりかご機能で眠ってくれるとママも楽ですし、授乳後、仰向けに寝かすと吐き戻しも多いので、すぐに仰向けにせずバウンサーに寝かすということもできます。

▼お昼寝はバウンサーでもOKか?についてはコチラも参考にしてみて!

【眠りを誘う音源】寝グズリが心配な時に試したいアイテム

寝グズリをしてなかなか寝付けない赤ちゃんでも、この音を聞くと眠くなるということもあります。

赤ちゃんが安心できる音源
  • 胎内音
  • オルゴールの音
  • 子守歌
  • 心音

赤ちゃんが安心できる音を使って、心地よい眠りに導いてくれるアイテムを活用するのもお勧めです。

バウンサーやメリーにも赤ちゃんが眠くなる音楽が内蔵されている商品もありますし、お昼寝のための音楽CDも販売されています。

眠くなるCDやYOUTUBE、眠くなる曲をスマホなどにダウンロードして使用するのも良いですね。ママの子守歌でも安心して心地よく眠ってくれますよ。

▼子供が落ち着く子守歌についてはコチラも参考にしてみて!

【赤ちゃんが安心できる小物】毛布やぬいぐるみ

眠りとおっぱいや抱っこを結び付けてしまうと、寝かしつけが大変になる場合もあります。

  • おっぱいをあげながらじゃないと寝てくれない→夜、起きるたびに授乳
  • 抱っこしながら出ないと寝てくれない→降ろすと泣く

肌触りの良い毛布、お気に入りのぬいぐるみなど赤ちゃんが安心できるグッズを見つけて、眠りと結び付けると、寝かしつけが楽になります。

赤ちゃんのタイプによっては、毛布やお気に入りのぬいぐるみが見るとスムーズに、お昼寝の時間と認識してくれることもあるので試してみて下さいね。

【ベビーモニター】別室にいても安全を確認できる

ベビーベッドは寝室にあるため、お昼寝の時も赤ちゃんを寝室に寝かせておきたい、家事をしている間も赤ちゃんの様子を確認したい場合もありますよね。

ベビーモニターがあれば、別室にいても安全を確認できるのでママもお昼寝の間、安心して家事を終わらせたり、ティータイムしたりすることが出来ます。

  • 映像と音声のタイプ
  • 音声だけのタイプ

上記の2種類があり、価格は3000円~10000円くらいです。

お風呂にいても赤ちゃんを確認できる防水タイプの商品もあるので、家には赤ちゃんと二人きりのため、お風呂も安心してゆっくり入れないママにもお勧めです。

お昼寝以外でも、夜寝ている時にも使用できます。また、お昼寝中に洗濯物を干すなどの作業の時も、モニターで確認できるので「有れば安心」のアイテムです。

お昼寝の必須アイテムはない…育児が楽になるなら使用も検討

赤ちゃんのお昼寝に必要または、あったら便利なアイテムはいろいろな種類が販売されています。使用期間が短いので厳選をすることは大切です。

  1. ベビーベッド…あった方が良い場合もあるが、絶対必要ではない。
  2. ベビー布団…あった方が良い。タイプによっては長期間使用できる。
  3. バウンサー…あったら楽になる場合もあるが絶対に必要ではない。
  4. 眠りを誘う音楽…寝グズリがある場合は試してみる価値あり。
  5. 安心できるグッズ…眠りと結びつくと寝かしつけが楽になる。
  6. ベビーモニター…家に赤ちゃんと二人きりの時間帯は特にあると助かるアイテム。

赤ちゃんのお昼寝に絶対に必要というアイテムはありませんが、短期間とはいえ、ママの育児が楽になるのなら購入、またはレンタルを考えても良いです。

リサイクルショップやバザーなどでリサイクル品を安く仕入れて、出費を防ぐという方法もあります。地域の新聞のお知らせ欄なども確認してみて下さいね。

出産後の購入でしたら、店舗やお友達の家などで一度試させてもらって、赤ちゃんの様子をみてから、購入を考える方法もあります。

大切なのはママの育児ストレスを軽減できること…。あとは、予算と家のスペースを考えながら、少しでも楽しく子育てができるようにアイテムを選びましょう。
みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ