ベビーマッサージにはメリットいっぱい!親子の絆を深めてみて

コメント0
2017/10/26

ベビーマッサージを受けている赤ちゃん

赤ちゃんとママが、触れ合いを通じてコミュニケーションをとれるのが、ベビーマッサージの特徴です。

心地よい肌の触れ合いは幸福感を与え、親子の絆を深めてくれます。早期から行うことで、さまざまなメリットを得られるでしょう。

ベビーマッサージを行うことで具体的にどのようなメリットを得られるのか、方法や注意点など、知っておきたいポイントを紹介します。

ベビーマッサージで赤ちゃんに与えられる良い影響5つ

ベビーマッサージを実践するときに、まず気になるのが「具体的にどんな効果が期待できるの?」という点。

また現在抱えている悩みを解決するために、ベビーマッサージを取り入れるのもオススメです。

ベビーマッサージが与えてくれる良い影響を、順番に紹介していきます。

血液とリンパの流れを促進して健康効果大!

赤ちゃんの身体を優しくマッサージすることで、血液やリンパの流れを刺激できます。もともと赤ちゃんは新陳代謝が活発ですが、マッサージでさらにアップ!

病気に対する抵抗力も高くなると言われています。

また皮膚に程よい刺激を与えることで、皮脂の分泌を促します。皮脂は外の刺激やウイルスから人間を守る働きを担っており、免疫力アップが期待できます。

運動機能の発達を促す

ベビーマッサージでは、赤ちゃんの動きをママがサポートしてマッサージをします。関節を柔らかくしたり筋肉を刺激したりすることで、運動面での発達を促せます。

また心地よいマッサージは、赤ちゃんの脳にも影響します。運動機能をつかさどる神経系に刺激を与えられるので、より健やかな成長を期待できるでしょう。

情緒の安定

ベビーマッサージの効果として、もっとも知られているのがこちら。ママとのふれあいがコミュニケーションとなり、赤ちゃんの情緒を安定させてくれます。

大好きなママに心地よく触れてもらうたび、赤ちゃんの脳内では「エンドルフィン」というホルモンが分泌されます。

別名「幸福ホルモン」とも呼ばれるエンドルフィンは、分泌されると、人に多幸感を与えてくれます。

赤ちゃんはまだ、ママの言葉を完全に理解できません。しかしベビーマッサージを受けてエンドルフィンが分泌されれば、「確かに自分は愛されている」と、全身で実感することができるのです。

情緒が安定している赤ちゃんは、無駄に泣き叫ぶことはありません。周囲の大人にとっても「子育てしやすい赤ちゃん」だと言えます。

「愛されている」という自信は、成長したのちの自己肯定感にもつながります。子ども自身にマッサージの記憶はなくても、深い愛情を伝えられます。

スキンケアでツルスベお肌に

ベビーマッサージは、赤ちゃんの肌にやさしいオイルを使って行います。

赤ちゃんの皮膚は薄く、非常に敏感です。ベビーマッサージを通じてこまめにケアすることで、乾燥状態を避けられるでしょう。

大人の皮膚と同様に、乾燥はさまざまなトラブルの原因になってしまいます。オイルで保湿をすれば、赤ちゃんらしいツルツルスベスベなお肌もキープしやすくなりますよ。

▼ベビーマッサージのオイル選びについてはコチラも参考にしてみて!

ぐっすり睡眠をサポート

夜ぐっすりと眠れず、ママを困らせる赤ちゃんは決して少なくありません。その都度対応するママは、とても大変!慢性的な寝不足状態に、心身共に追い詰めてしまいます。

こんなときにもベビーマッサージがオススメです。身体全体に適度な刺激を与えることで、赤ちゃんの心はリラックスします。

リラックスした赤ちゃんは、深い眠りにつきやすくなりますます。夜泣きの頻度も少なくなると言われていますから、積極的に試してみてください。

赤ちゃんの健康増進や情緒の安定は、育児中のママにも良い影響を与えてくれます。よく寝てよく笑う赤ちゃんは、親にとっても「育てやすい子」!

また肌が触れ合うことで、エンドルフィンが分泌されるのはママも同じです。育児中のストレスを軽減し、赤ちゃんに対してより強い愛情を抱けることでしょう。

ベビーマッサージのやり方を紹介

ベビーマッサージの手順は、以下の通りです。

  1. 手のひらで足をなでたり、関節をほぐしたりする
  2. お腹に大きく円をかくようにマッサージする
  3. 手の先から腕にかけて、優しく動かす
  4. 首から肩、胸元の詰まりをほぐす
  5. 赤ちゃんをうつぶせにして、両手で背中をマッサージする
一つ一つの動作は、ゆっくりでも大丈夫。また、赤ちゃんが嫌がる内容があれば、飛ばしても良いでしょう。無理のない範囲で少しずつ進めていってください。

▼ベビーマッサージのやり方についてはコチラも参考にしてみて!

コツはママも楽しむこと!

ベビーマッサージのコツは、赤ちゃんとのコミュニケーションをママ自身も楽しむことです。

せっかくマッサージをしていても、黙ってもくもくと手を動かすようなスタイルでは、効果は半減してしまいます。

赤ちゃんを優しく見つめ、声をかけ、ときには歌いながら二人の時間を楽しんでみて。コミュニケーションの時間は、あっという間に過ぎるはずです。

赤ちゃんのため、注意するべきポイントも

ベビーマッサージを効果的に行うためには、赤ちゃんのために注意するべきポイントも多々あります。

実践する前には、以下の項目をチェックしましょう。

  • 赤ちゃんの肌に優しい植物性のオイルを選ぶこと
  • 赤ちゃんの体調が悪くないか、マッサージ前に確認すること
  • 食後や予防接種後は避けましょう
  • 室温は25℃を目安に
  • ママの手はきちんと洗って清潔に!

赤ちゃんとママが心地よく過ごすための時間ですから、最低限これだけは事前に確認しておきましょう。

またマッサージ後の赤ちゃんは、想像以上に疲れています。しっかりと水分補給をしてゆっくりと休ませてあげるのがオススメですよ。

資格取得を目指すママも増えています

「ベビーマッサージが人気で気になっているけれど、具体的な方法を知りたい!」「もっともっと、ベビーマッサージについて詳しくなりたい!」

ベビーマッサージの効果が広まるにつれて、このような望みを抱く方も増えてきています。

初めてベビーマッサージを習いたいと思うときには、地域の自治体が行うサークル活動や、無料の講演会に出かけてみると良いでしょう。

また場合によっては、出産した産婦人科でベビーマッサージイベントが開催されていることも。同じ年頃の子どもを持つママたちとの交流も生まれ、楽しい時間を過ごせます。

さらに一歩進んで、より本格的な学校でレッスン内容を学び、「講師資格取得」を目指す方も増えてきています。

自身の子どもに実践できるのはもちろん、家でベビーマッサージ講習会を開くことも可能。こんなママたちが主催しているサロンを選び、予約するのもオススメです。

まずは体験会に参加してみて、赤ちゃんの反応を探ってみるのも良いですね。一人で不安なときには、パパも誘って一緒にベビマを学んでみましょう!

▼ベビーマッサージの資格取得についてはコチラも参考にしてみて!

赤ちゃんとどう過ごしたら良いかわからない…こんなママにオススメです

まだ小さく、言葉も話せない赤ちゃんと、「いったいどう生活していけば良いのか」と悩むお母さんは決して少なくありません。

何かをしてあげたいのに、何をすれば良いのかわからないと悩んだら、ぜひベビーマッサージを実践してみてください。

言葉が伝わらなくても、肌同士の触れ合いが確かな愛を伝えてくれます!赤ちゃんと気持ちが通じ合えば、普段の育児にももっと自信が持てるようになりますよ。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ