働くママの食材の買い物のコツ!買い過ぎ・買い忘れしない方法

コメントを見る0
2018/01/26

食材管理をしっかりとしているママ

共働き家庭の食材は、週末にまとめ買いですよね。

かつて筆者も保育園児を3人抱えながら、正社員で働いていました。保育園が閉まる時間ギリギリのお迎えで、仕事帰りに買い物する時間は皆無。

休日は休日で育児や掃除洗濯にも追われ、買い物に時間は割けません。しかも3人の幼児を連れての買い物は、走り回ったり駄々をこねたりで大変な状況に!

予定外のお菓子は買ったけど、お米を買い忘れた…等とよく落ち込みました。

また予定通り買い出しできても、寝坊をして出社前に作り置きができなかったことも。結局その食材は使い切れず、週末に処分した経験もあります。

週1の買い出しで、無駄なく確実に揃えるコツをご紹介します。

月1のまとめ買いで、買い忘れを防ごう!

食材と言っても、野菜果物・肉・魚・調味料・冷凍食品…たくさんありますよね。

お勧めは「生鮮食品以外は月1で1か月分を買う」こと!

調味料や乾物・米・冷凍食品・ペットボトル飲料は月1でまとめ買いし、生鮮食品のみ毎週末に購入します。

筆者は給料日直後の週末を「買い出し日」に決め、一ヶ月分まとめ買いしました。

一緒に洗剤やオムツなどの日用品や常備薬もまとめ買いすれば、次週以降の買い出しがグンと楽になります!

買い忘れも減りますし「今月はこの量で乗り切るぞ!」と節制効果も生まれますよ。

収納を確保できない場合は「オムツやティッシュ類だけは2週おきに買う」など、調整をしてくださいね。

1か月に必要な数量を確認!チェックシートを作ろう

1か月分まとめ買いしようと、お店に出かけ思い当たるものを次々と購入…では絶対に買いすぎや買い忘れが多発します。

事前にチェックシートを作りましょう!筆者はエクセルで簡単な表を作っています。

<例>

品名 必要数 在庫数 購入数
料理酒 1L
みりん 1L
醤油 2L
めんつゆ 2L
和風だし 1袋
コンソメ 1袋
味噌 1キロ
いりごま 1袋
かつお節 10パック

「買い出し日」は朝から冷蔵庫や収納棚をのぞき込み、ひたすら在庫数をシートにメモ。その後購入数を割り出し、買い物します。

1か月分の必要数量が頭に入っている方は、「必要数」「在庫数」の欄は省いて、「購入数」のみメモでいいですよ。

チェックシートはエクセルや手書きで作成し、コピーをすれば来月以降も使いまわせます。スマートフォンの買い物メモアプリを利用も大丈夫です!

チェックシートの作成時間が取れない方は「今月は調味料のチェックシートだけ作ろう」「来月は飲料分を作ろう」「再来月は冷凍食品だけ」と、少しづつ作り足していきましょう。

ネットショッピングで時短&体力温存!

子連れで買い出しは大変。買い出しはネットスーパー等の宅配サービスがお勧めです。

ネット注文は、商品を目で見れないから不安に思う方もいると思います。

しかし、店舗に出かけても子供が泣いたり走ったりすれば、商品をよく見ず適当に買い物カゴに入れていることが多いもの。

ネットで注文した方が、時短で商品も吟味できると思います。

「イオンネットスーパー」「イトーヨーカドーネットスーパー」「パルシステム(生協)」「大地宅配」など、色々な宅配サービスがありますよね。

取扱商品は勿論、配達エリアや配送時間も異なります。色々試してみて、ご自分に合うサービスを見つけてください。

筆者も育休明けの頃は大型スーパーでまとめ買いしましたが、朝から出かけても午後までかかっていました。しかも子供は途中で飽きてくるし、たくさんの荷物を持って帰宅したらヘトヘト…

でもネットスーパー等の配達サービスを利用すれば、とても簡単です。

買い出し日に在庫数量のチェックをして、そのままパソコンやスマホで注文。慣れればトータル2時間弱で注文完了でき、届くのを待つだけ!

子供と遊ぶ時間や他の家事をする時間も取れ、体力的にも精神的にもとても楽ですよ!

食材を使い切れず破棄。理想を求めすぎかも?

毎週のように食材を腐らせている場合、調理の計画に問題があるかもしれません。

栄養バランスも良くメニューもマンネリがなく、お昼ご飯も手作り弁当を…と思って理想的な食材を買い揃えていませんか?

理想を求めすぎた調理計画をすると、調理時間が確保できず食材を捨てる原因に!現実的な計画を立てましょう!

まずは、出勤日の仕事のスケジュール確認から!出勤前・帰宅後にどれくらいの時間を確保できるかを把握します。

洗濯など他の家事時間やママの休息や睡眠時間も考慮しながら、現実的な調理時間を割り出します。

「月・木曜は調理時間を確保できないから、月曜は日曜に作っておいたカレーを出し、木曜は冷凍食品を活用しよう」と計画できれば、現実に合った買い出しができますね!

仕事と子育ての両立はかなり難しいもの。理想は追いすぎず、現実的なスケジュールを組み直しましょう!

週末にまとめて下ごしらえするべき?

よく「ワーママは週末に一週間分まとめて下ごしらえをする」と聞きませんか?

私は無理でした。そもそも料理が大の苦手で、せっかくの休日に何時間もキッチンに立つのは苦痛でした。

そのため、出勤前の朝に集中し当日分の夕食作りをする方針に変更!

前日の夜は子供と一緒に21時に寝て、翌朝4時に起床して洗濯機を回しながら夕食を作り置きするスタイルでした。

筆者の友人は、日曜の夜に月・火曜の夕食2日分を作り置き、月曜の夜は日・月曜分の二日分の洗濯をしたそうです。

「日・火・木曜は調理中心」「月・水・金曜は洗濯中心」と二日おきに一つの家事を集中して行う方法もあります。

どの方法がベストかは、ママの考え方や仕事・お子さんの年齢などによると思います。

ワーママ生活は長く続きますから、毎週色々試してみてください!自分が長続きできる方法を見つけましょう!

1週間分のレシピを考えるのが難しい…

やっと休日になったのに、翌週一週間の献立を立てるのは大変ですよね。

筆者も休日の朝から育児や洗濯に追われ、スーパーに着いてから「来週のご飯どうしよう…」と悩んで、何となく一週間分買っていました。

週末になるとチグハグな食材しか残っておらず、どう組み合わせるか本当に悩んだものです。

1週分の基本献立を作り、ローテーションしていく

大まかな献立を1週分作り、それをローテーションしていく!これが筆者が一番うまくいきました。

私が実際に使っていた、ローテーション例です。

朝食 夕食
月曜日 ロールパン 目玉焼き 野菜スープ ご飯 煮魚 サラダ 味噌汁
火曜日 おにぎり 卵焼き 味噌汁 フルーツ 炊き込みご飯 肉野菜炒め 中華スープ
水曜日 トースト ウインナー サラダ カレー・中華丼などの丼物
木曜日 卵とじうどん フルーツ ご飯 焼き魚 おひたし 味噌汁
金曜日 ピザトースト コーンスープ フルーツ パスタ サラダ スープ

煮魚でも魚の種類・味付けでかなり変わります!クックパッドなどの料理サイトも参考に、週末手に入った食材を調理してください。

慣れたら基本のメニューを2週分・3週分と作って、バリエーションを増やすのもいいですね。

また、ヨシケイのような夕食宅配サービスもあります。

毎回決められた献立の食材が届き、家庭で決められた通りに調理すれば夕食が作れます。献立を考える手間が省けますよ!

予定通りいかなかったときの対策も!

途中で子供や自分が病気になった、週末に買い出しに行けなかった…ワーママ生活を続けていれば、予定通りにいかない時もあります。

予定通りに過ごせなくても、焦らずに済む対策をご紹介します。

週末体調が優れず、買い出しできなかった
週明けも体調不良の場合は、治るまでは近所のコンビニのお惣菜を頼りましょう。元気になったら、昼休みや通勤時間(電車通勤の場合)を使ってネットスーパーで注文します。
作ったら予想より量が足りなかった
後一品足せる商品は常にストックしておけば困りません。チルドのお惣菜や冷凍食品でOKです!
子供が急に体調不良で、消化のいいものを用意したい
上述の「月一の買い出し日」に、うどん・そうめんなどの乾麺をストックしておきます。合わせて、めんつゆや薬味も忘れずに!
寝坊して、夕食の作り置きができないまま出勤してきた
チルドのお惣菜や冷凍食品・ベビーフードを常備しておき、組み合わせます。家族全員分の量を1食分以上はストックしておきましょう。使わずに済んだら、週末のお昼ご飯に活用しましょう!
炊飯器のスイッチを入れ忘れ、帰宅したらご飯が炊けていなかった
必ず冷凍ご飯をストックしておきましょう。予め焚いておいたご飯でもいいですし、冷凍ピラフや冷凍焼きおにぎりでもOKですよ!筆者も手作りカレー+冷凍エビピラフを食卓へ出した経験があります…

また、以下の点を事前に把握しておくと、不測の事態のときに焦らず済みますよ!

  • 出勤日の帰宅時間以降に配達、又は宅配ボックスへ入れてくれるネットスーパーがないか
  • パパの帰宅後に買い出しに行ける、深夜営業のスーパーがないか
  • 近所のコンビニで、どのような生鮮食品やお惣菜が売られているか(特に子供が食べられそうなメニューはないか)

無理のない計画で、無駄なく確実な買い出しを!

この記事でご紹介した、共働きで食材の買い出しを乗り切るコツです。

  • 基本は月一でまとめ買い(生鮮食品は週一で買い出し)
  • 買い物リストを作り、ネットスーパーなどの個別宅配で購入する
  • 現実を把握し、時間・労力ともに無理のない調理計画を
  • 冷凍食品やレトルト商品は必ずストック

筆者も産休育休から復帰した直後は、週の半ばに主人が帰宅してから深夜営業のスーパーへ行き買い足したり、消費期限内に食べきれなかったりと色々ありました。

でも、一日は24時間。睡眠や休息時間を削って理想を追い続けても、体調を崩したり精神的に追い詰められてしまいます。

無理のない調理計画をし、宅配などのサービスはどんどん利用してください。確実で楽な買い出しを目指しましょう!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ